86件中 71 - 80件表示
  • The Mighty Don't Kneel

    The Mighty Don't Kneelから見た森嶋猛森嶋猛

    2014年1月25日大阪大会で森嶋猛&マイバッハ谷口組に敗れGHCタッグ王座から陥落。超危暴軍のラフファイトを批判し抗争となる。The Mighty Don't Kneel フレッシュアイペディアより)

  • 越中詩郎

    越中詩郎から見た森嶋猛森嶋猛

    2012年6月13日、ノア主催三沢光晴メモリアルナイトのメインイベントに登場。森嶋猛とダブルヒップアタックを見せる等の活躍を見せたが、試合中に左足首脱臼骨折を負い長期欠場。越中詩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉江豊

    吉江豊から見た森嶋猛森嶋猛

    2002年4月にワイルドII(森嶋猛&力皇猛(共にプロレスリング・ノア所属))の持つGHCタッグ王座に挑戦するも、敗れた。しかし、翌月のノアの大会で森嶋相手にシングル戦で勝利する。吉江豊 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤耕平

    佐藤耕平から見た森嶋猛森嶋猛

    2012年9月、突如NOAHの後楽園ホール大会の第一試合後に乱入し、丸藤正道、モハメド・ヨネを襲撃した。乱入した理由としては、当時のGHCヘビー級王者であった森嶋猛とやりたいという理由だったが、この佐藤の行動に激怒した丸藤がZERO1との全面対抗戦を10月8日のNOAH・横浜大会で試合を組み、佐藤は丸藤とシングルで対戦したが、これに勝利し27日のNOAH・後楽園大会で森嶋の持つベルトに挑戦するも敗れ、王座奪取に失敗した。佐藤耕平 フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・サエス

    アレハンドロ・サエスから見た森嶋猛森嶋猛

    2013年2月、南米各地で開催された南米プロレストーナメント「TORNEO LATINO AMERICANO DE LUCHA LIBRE」に出場するが、一回戦で森嶋猛にピンフォール負けを喫した。アレハンドロ・サエス フレッシュアイペディアより)

  • パンチング

    パンチングから見た森嶋猛森嶋猛

    腕パンチとも言われ、元アマチュアボクサーの経歴を持っていたベイダーが、「プロレスの試合でも思い切り殴りたい」と考え、かつて存在したUWFインターナショナル時代に開発した技である。握りこぶしを握って、腕と拳の境目付近、手首辺りで相手を殴打する技。フックのように横から腕を振り回すように繰り出す。頭部を狙うことが多く、相手は頭部を大きく振られる。左右の腕で交互に連続して繰り出すと強力。拳で殴打をしないため、反則を取られず、思い切り殴りつけることが可能である。上記のベイダーがベイダー・ハンマーの名称で使用。最近では森嶋猛がモリシー・ハンマーという名称で使用している。パンチング フレッシュアイペディアより)

  • バックドロップ

    バックドロップから見た森嶋猛森嶋猛

    テーズ式、元祖バックドロップとも呼ばれる。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の左脇に頭を潜り込ませて相手の腰を両手で抱え込み、自身の両手を相手の、へそのあたりでクラッチして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げた相手を肩口から叩きつける。「ヘソで投げる」と形容される。主な使用者はルー・テーズ、ダン・ミラー、ジェイク・リー、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田、後藤達俊、大矢剛功、永田裕志、HANZO、バッファロー、渡辺宏志、相島勇人、富豪富豪夢路、森嶋猛、下田大作、GENTARO、ヨシタツ、スカルリーパーA-ji、諏訪魔、炎!修市、原田大輔、那須晃太郎、神谷英慶、兼平大介、吉田綾斗、松本浩代(ロックドロップの名称で使用)。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た森嶋猛森嶋猛

    11月、プロレスリング・ノアの開催するグローバル・リーグ戦に出場、開幕4連勝と健闘するも最終日の森嶋猛戦に敗れリーグ敗退に終わる。敢闘賞を受賞した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • ROH世界王座

    ROH世界王座から見た森嶋猛森嶋猛

    新日本プロレス所属の真壁伸也が2004年に初挑戦して以降、日本人選手の挑戦は無かったが、2006年からは主に提携先のプロレスリング・ノア所属選手が積極的に本タイトルに挑戦している。これまで丸藤正道、SUWA、KENTA、森嶋猛、潮崎豪が本王座に挑戦し、森嶋が同王座を獲得している。2016年ふたたび小島聡が新日本プロレスで挑戦した。ROH世界王座 フレッシュアイペディアより)

  • 田上明

    田上明から見た森嶋猛森嶋猛

    2013年5月12日の会見で、12月にラストマッチを行い、引退すると表明、12月7日に引退試合が行われ、歴代の付き人である平柳、森嶋猛、杉浦貴と組み、天龍、藤波辰爾、井上雅央、志賀賢太郎組と対戦し、「オレが田上」で井上からフォールを奪い有終の美を飾った。試合後には四天王の小橋、川田もリングに上がり引退セレモニーとなった。田上明 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード