76件中 31 - 40件表示
  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たスティーブ・ウィリアムス

    コーナーの相手に武藤敬司のスペースローリングエルボーの様に側転で飛び込み、ボディアタックまたはヒップアタックを浴びせる技。スーパーヘビーの巨体が側転でダイブするため、インパクトは強烈である。ノア中継では、「ロンダート式」と実況されることもある。側転式のボディアタックは、スティーブ・ウィリアムスが繋ぎ技として使用していたのを連想させる。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た志賀賢太郎

    3月22日、後楽園ホールにおける志賀賢太郎戦でデビュー。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た岩代太郎

    Inside The Heart Beats / 岩代太郎森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たマイキー・ニコルス

    4月11日、新潟市体育館で北宮光洋、マイバッハ谷口とタッグを組み、スペル・クレイジー、シェイン・ヘイスト、マイキー・ニコルスと6人タッグマッチで対戦、この試合が森嶋にとって引退表明前の最後の試合となってしまった。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たジャンボ鶴田

    だが、2005年後半からその体躯や容姿を含めて往年のレスラーであるテリー・ゴディを彷彿とさせる豪快さを身に付け、また使用する技もジャンボ鶴田、ベイダーなどスケールの大きな往年のレスラーをミックスした「肉体的圧力で相手を潰す」ファイトスタイルに変わってきている。2010年頃から同じ巨漢レスラーの吉江豊と対戦したり、「ピンク・ゴディ」を結成した頃より「巨漢のヘビー級レスラーならではの醍醐味をみせる」試合を信条とする発言を折に触れて行っている。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たアンドレ・ザ・ジャイアント

    至近距離からジャンピング式を連発したり、ランニング式を使用する。全盛期のアンドレ・ザ・ジャイアントを彷彿とさせる技。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た青木篤志

    5月23日、新潟市体育館で行われたAAA世界タッグ選手権において、潮?豪&青木篤志組に敗れ、王座から陥落した。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たルー・テーズ

    空中胴締め落とし。ロープの反動を利用して突進し、正面から飛び掛り全体重を浴びせつけ、相手を仰向けに押し潰した後、そのままフォールを狙う。鶴田が得意とした技で、開発者の名前を取ってテーズ・プレスとも呼ばれる。森嶋は自らの巨体を生かせる有効な技として、鶴田へのオマージュを込めてバックドロップと共に使用している。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たチャーリー・ハース

    8月18日、WWE・ロウのダーク・マッチに登場。チャーリー・ハース相手に勝利を収めた。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たプロレスラー

    森嶋 猛(もりしま たけし、1978年10月15日 - )は、東京都江戸川区出身の元プロレスラー。愛称は「モリシー」、「モリシ」。全日本プロレスを経てプロレスリング・ノアに所属していた。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード