76件中 41 - 50件表示
  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たジョン・ロウリネイティス

    WWEにおけるダークマッチはビンス・マクマホンも試合を見たようだがレスリング・オブザーバー誌のニュースレターによるとビンスは「森嶋は巨大で太った少女のようだ。ジョン・ロウリネイティスはこのようなずんぐりしていてパッとしないレスラーを売り込むことに時間を浪費している」と森嶋本人のみならず森嶋を売り込んだジョン・ロウリネイティスを含めて酷評している。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た力皇猛

    デビュー当初は高い身長を活かせず、対戦相手に合わせてしまうため自分の能力を発揮できずに消化不良になる試合が多かった。体型やファイトスタイルが似ており、若手時代の最大のライバルであり「WILD II」の盟友でもあった力皇猛が早い時期から活躍して注目されるのと比較される事もよくあった。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た橋誠

    東京学館浦安高校時代に柔道を経験し、卒業後柔道部の阿部新二監督の知人であった三沢光晴が所属する全日本プロレスへ入門。同期生として橋誠と丸藤正道がいた(丸藤は少し入門時期が遅れているが、ほぼ同期扱い)。三沢の付き人になるが、約1か月後の丸藤入門後に、丸藤と代わる形で田上明の付人となる。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た鈴木修 (作曲家)

    EXTRA STATUS(作曲・鈴木修) - 現行森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たスタン・ハンセン

    フィニッシュ技への繋ぎとして用いられることが多く、通常型の他に体重を乗せた倒れこみ式を得意とする。他に、スタン・ハンセンを彷彿とさせる、後ろから走ってきた相手に振り向きざまに行うラリアットがある。また、テリー・ゴディを彷彿とさせる、コーナー串刺し式の「魚雷ラリアット」も使用する。近年ではバックドロップに次ぐフィニッシュとして使用することもある。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た拳王 (プロレスラー)

    1月5日、後楽園ホールのメインでGHCヘビー級王者KENTAの10度目の防衛戦の相手として対戦し、勝利。一年ぶりに王座に返り咲いた(20代王者)。試合後、BRAVEメンバーをリング上へ呼び寄せ、恒例の「やる気、元気。モリシ」「ドント・ストップだ、この野郎」のコールをするのかとおもいきや、乱入してきた拳王・マイバッハ谷口とともにメンバーを攻撃。BRAVEを離脱して、3人による新軍団「超危暴軍」の結成を宣言した。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たナイジェル・マッギネス

    10月6日、ROHヘビー級王座防衛戦でナイジェル・マッギネスに敗れて王座から転落した。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たスターネス

    小橋・三沢等に反旗を翻し、秋山準等とともにユニット「スターネス」を結成。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た阿部新二

    東京学館浦安高校時代に柔道を経験し、卒業後柔道部の阿部新二監督の知人であった三沢光晴が所属する全日本プロレスへ入門。同期生として橋誠と丸藤正道がいた(丸藤は少し入門時期が遅れているが、ほぼ同期扱い)。三沢の付き人になるが、約1か月後の丸藤入門後に、丸藤と代わる形で田上明の付人となる。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見たスペル・クレイジー

    4月11日、新潟市体育館で北宮光洋、マイバッハ谷口とタッグを組み、スペル・クレイジー、シェイン・ヘイスト、マイキー・ニコルスと6人タッグマッチで対戦、この試合が森嶋にとって引退表明前の最後の試合となってしまった。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示

「森嶋猛」のニューストピックワード