前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た森本稀哲森本稀哲

    プロ野球再編問題から発展した日本初のプロ野球ストライキ明けの初戦となる9月20日の福岡ダイエーホークス戦(札幌ドーム)試合前に「一昨日、昨日と試合できなくてゴメンJoy」と称し、森本稀哲、島田一輝、石本努、坪井智哉との同僚外野手5名で『秘密戦隊ゴレンジャー』のかぶりものを被りシートノックを受けるというパフォーマンスを実施して満員の観客から大歓声を受ける。プレーオフ進出争いを繰り広げる中での試合では、4-8で迎えた4回裏に新垣渚からソロ本塁打を放ち、さらに9回裏にはチームが9-12から3連打で12-12と追いつき尚も二死満塁とした場面で打席がまわり、三瀬幸司から左翼席へ打球を運ぶ。この場面で一塁走者の田中幸雄は歓喜のあまりに新庄を二塁の手前で迎え、二人は抱き合ってその場で一回転。だがこれによって新庄は前位の走者(田中)を追い越したことになり、新庄にアウトが宣告され本来記録されるはずの本塁打は取り消される。新庄は一塁まで到達していたため記録は単打となり、新庄のアウトより先に三塁走者が本塁へ到達しているのでサヨナラ勝ちは成立していた(今回のように二死からの場合、追い越し行為による第3アウトより先に本塁へ達している走者の得点のみが認められる。同点であったため、この得点をもってサヨナラとなりスコアは13x-12)。サヨナラ本塁打が取り消されるのは過去3例目で、結果がサヨナラ勝ちのままとなるのは初である(「幻のホームラン一覧」を参照)。また、仮に成立していたとすれば、個人通算サヨナラ満塁本塁打のNPBタイ記録(2本)となるところであった。劇的な幕切れに新庄はアウトとなっているがダイヤモンドを一周し、本塁付近でチームメイトから手荒い祝福を受ける。この後、田中から本塁打を単打にしてしまったことを謝罪され、新庄は「いいんです!何言ってんですか、勝ったんだから」と笑顔で返す。ヒーローインタビューでは「今日のヒーローは僕じゃありません、みんなです!」と発言。さらに「明日も勝つ!」と宣言して、阪神時代にはお立ち台でその言葉を発すると翌日チームは負けるというジンクスが報道されていたが、翌日も勝利する。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た森本稀哲森本稀哲

    【NPB】2010年度のFA(フリーエージェント)資格選手95名が、NPB・加藤良三コミッショナーから公示された。国内FAの新規取得者は横浜・内川聖一、同・村田修一、オリックス・後藤光尊ら。海外も含めたFAの取得者はロッテ・小林宏之、日本ハム・森本稀哲、西武・土肥義弘ら。再取得は阪神・金本知憲、巨人・小笠原道大ら。このうち、内川、後藤がこの日までに国内FA権を行使する意向を固めたほか、土肥が海外FA権を行使しMLBに挑戦することを明らかにした。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄劇場

    新庄劇場から見た森本稀哲森本稀哲

    「魅せる野球」にこだわり、独自に考案したファンサービスも積極的に行った。時にはチームメイトも誘って実行し、その狙いはチームメイトにも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓して広げていくきっかけづくりにあった。この考えについて後輩の森本稀哲は「自分を観に来たファンに他の選手を覚えてもらおうという感覚は凄い」と語り、新庄の引退後もその役割を引き継いでいる。新庄劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回全国高等学校野球選手権大会

    第80回全国高等学校野球選手権大会から見た森本稀哲森本稀哲

    第28号:森本稀哲(帝京)第80回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た森本稀哲森本稀哲

    、開幕こそスタメンだったが、4月当初は森本稀哲・エンジェル・エチェバリアの起用もありベンチスタートだった。森本が打撃不振で結果を残せずに代走・守備要員になるとすぐに右翼手のレギュラーを勝ち取る。阪神時代の巧みなバッティングが復活し、序盤から絶好調でシーズン前半戦終了時点でパ・リーグ2位の打率.354を記録するほどの大活躍。ファン投票外野手部門3位で2度目のオールスター出場を果たす。オールスター後も打撃が絶好調で8月中旬まで同僚の小笠原道大と激しい首位打者争いを演じる。9月に入ると前年の骨折で痛めた足首痛が再発し9月の月間打率が1割台と調子を落としたが、最終的に新人時代に記録した打率.327を更新し、自己最高の打率.330を記録して復活を果たした。阪神入団の1998年に打率.327・日本ハム入団の2003年に打率.330を打ち、これでプロ野球史上初の両リーグ1年目で打率3割を越える記録を作った。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た森本稀哲森本稀哲

    7月4日 - サンヨーオールスターゲーム2006の出場全選手発表。監督推薦により初出場となったのは、パ・リーグからは涌井秀章投手(西武)、平野佳寿投手(オリックス)、武田久投手、八木智哉投手(以上日本ハム)、福盛和男投手(楽天)、ホセ・フェルナンデス内野手(楽天)、森本稀哲外野手(日本ハム)、朝倉健太投手(中日)、石川雅規投手(ヤクルト)、内海哲也投手(巨人)、村田修一内野手(横浜)、東出輝裕内野手(広島)、アレックス・オチョア外野手(中日)の13選手。また、ボビー・バレンタイン監督(パ・リーグ、ロッテ)は選手・監督を通じて初のオールスターゲーム出場となる(チームを2位に引き上げた1995年の翌年には日本球界にいなかったため)。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲を押しのけ中堅手として開幕戦先発出場を果たす。序盤こそ相手の先発投手の左右に応じて森本と併用されるが、交流戦辺りから調子を上げ、6月には月間MVPを受賞。不動の中堅手のレギュラーに定着した。打順は主に7番や2番だったが、稲葉篤紀が欠場した際には3番を任されることもあった。監督推薦によりオールスターゲームに初出場した。9月29日の試合で2本塁打の大活躍でヒーロインタビューを受けた際に、チームは首位にもかからず「最後まで諦めず皆さんと戦っていきます!」と球場に迷言を生んだ。ゴールデングラブ賞とベストナイン(外野手部門)を初受賞。10月1日のオリックス戦の試合前には森本稀哲から北海道新幹線大使を引き継いだ。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤隆人

    工藤隆人から見た森本稀哲森本稀哲

    1年目から二軍で83試合と積極的に起用され、打率.255、6本塁打、8盗塁(チームトップ)の数字を残した。この成績をうけてシーズン終盤に一軍登録され、9月22日の対オリックス・バファローズ戦にて森本稀哲の代打としてプロ入り初の一軍出場を果たした。同年は一軍で5試合に出場したが、13打数6三振0安打に終わり、安打を放つことはできなかった。工藤隆人 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道日本ハムファイターズ

    北海道日本ハムファイターズから見た森本稀哲森本稀哲

    10月28日、2010年ドラフト会議で、早稲田大学の斎藤佑樹の交渉権をヤクルト・ロッテ・ソフトバンクとの競合の末獲得。11月18日、中継ぎ投手での10勝を挙げた榊原諒がチームでは4年ぶりの新人王を獲得。12月9日、札幌ドームで斎藤佑樹単独の入団会見が行われた。オフには建山義紀が大リーグ・テキサス・レンジャーズへ、森本稀哲が横浜へそれぞれFA移籍した。北海道日本ハムファイターズ フレッシュアイペディアより)

  • トレイ・ヒルマン

    トレイ・ヒルマンから見た森本稀哲森本稀哲

    2004年は小笠原道大や新庄剛志、この年本塁打王のフェルナンド・セギノールなどの好調もあって3位となったものの、翌2005年はチーム全体で1151もの三振を喫し(プロ野球ワースト記録)、粗さと脆さが表面化し5位に沈む要因となった。この反省から、2006年以降は大幅に方針転換し、1番・森本稀哲の出塁→2番・田中賢介の送りバント(同年34犠打、2007年はパ・リーグ新記録の58犠打)に代表されるように、バント・盗塁を多用して着実に先取点を取り、それを守り抜く野球となった。その結果、2006年のリーグ優勝・日本一および、続く2007年のリーグ優勝を成し遂げた。トレイ・ヒルマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード