70件中 11 - 20件表示
  • 稲葉篤紀

    稲葉篤紀から見た森本稀哲森本稀哲

    この年は稲葉にとって記録ラッシュの年となった。4月28日の楽天戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)にて、出場1976試合目で史上39人目となる通算2000安打を達成。その6日後の5月4日にはヤクルトに同期入団の宮本慎也も通算2000安打を達成し、奇しくも宮本も出場1976試合目での達成であり、同年に同期入団選手が同試合数で通算2000安打を達成したのはそれぞれ史上初のことであった。5月4日のオリックス・バファローズ戦では史上58人目となる通算250本塁打、5月19日の広島東洋カープ戦では史上11人目となる通算400二塁打を達成。5月23日には札幌ドームにて「稲葉篤紀2000本安打メモリアルナイター」が開催され、試合前のセレモニーでは山田久志名球会理事よりブレザーが贈呈され、相手チームのDeNAからは元同僚の森本稀哲より花束が贈呈された。この日の試合、稲葉は3打数2安打1打点と活躍し、自らのメモリアルナイターを勝利で飾った。5月31日のヤクルト戦では史上44人目となる通算2000試合出場に到達。8月8日のソフトバンク戦では史上38人目となる通算1000打点、9月27日のロッテ戦では13年連続となる2桁本塁打をそれぞれ達成した。稲葉篤紀 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜

    スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜から見た森本稀哲森本稀哲

    その他、高橋信二や森本稀哲といった選手個人にスポットをあてたコーナーや、片岡篤史や平川弘がファイターズやコンサドーレについて熱く語るコーナーが好評を博している。スポーツワイド Fの炎〜SPORT HOKKAIDO〜 フレッシュアイペディアより)

  • ひちょり

    ひちょりから見た森本稀哲森本稀哲

    ひちょり フレッシュアイペディアより)

  • 森本ひちょり

    森本ひちょりから見た森本稀哲森本稀哲

    森本ひちょり フレッシュアイペディアより)

  • まだまみき

    まだまみきから見た森本稀哲森本稀哲

    野球観戦が趣味で、プロ野球・パ・リーグ、中でも地元球団の福岡ソフトバンクホークスのファン。2008年中には全プロ球団の本拠地球場13箇所全てに足を運んだ。ホークスなどのレプリカユニフォームを着ての野球ネタや、福岡ドームや千葉マリンスタジアムなど各球場の売り子、ウグイス嬢、野球場で見かけた人などそれぞれの物真似などの持ち芸がある。札幌ドームのウグイス嬢の物真似で森本稀哲のコールをする時は、森本の顔真似を見せる。元々人を笑わせることが好きで、ウグイス嬢の真似は高校生時代から友達の間でのウケが良かったという。また、ピンクを基調とした、前に『MADAMA』、後ろに『MIKI』とネームがプリントされたオリジナルのユニフォームを着て出演することもある。まだまみき フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た森本稀哲森本稀哲

    外野手:糸井嘉男、稲葉篤紀、森本稀哲、紺田敏正2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2006年のパシフィック・リーグプレーオフから見た森本稀哲森本稀哲

    日本ハムの先発は新人の八木智哉。後がなくなったソフトバンクは第1ステージ第1戦に先発した斉藤和を中4日で送り込み、お互いに一歩も譲らぬ白熱した投手戦となった。幕切れは9回裏、二死一・二塁の場面で稲葉篤紀のセンターへ抜けそうな痛烈なゴロを二塁手・仲澤が好捕し、一塁走者小笠原道大を二塁フォースアウトにしようと遊撃手・川崎へ送球したが、好捕によって体勢が崩された状態だったため送球は僅かに逸れ、川崎も懸命に捕球したものの小笠原の激走もあり判定はセーフ。稲葉のバットに当たった瞬間にスタートを切っていた二塁走者の森本稀哲は、この時点で既に三塁ベースを通過しており、躊躇う事なく一気に本塁を狙っていた。これが功を奏して本塁生還に成功しサヨナラ勝ち(稲葉の記録はタイムリー内野安打)。3勝先取となった日本ハムのリーグ優勝が決定した。2006年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た森本稀哲森本稀哲

    優秀選手賞:森本稀哲(日本ハム) ※シリーズ首位打者(.368)2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 関泰章

    関泰章から見た森本稀哲森本稀哲

    プロ野球森本稀哲と人形師鈴木章人とは高校の同期。関泰章 フレッシュアイペディアより)

  • 島田一輝

    島田一輝から見た森本稀哲森本稀哲

    2003年には、1シーズンで10度もお立ち台に立ったことから、『お立ち台男』の異名も付いた。2004年には代打の切り札として活躍し、チームのプレーオフ進出に貢献した。この年起こったプロ野球再編問題から発展した日本初のプロ野球ストライキ明けの初戦となった9月20日の対ダイエー戦(札幌ドーム)試合前に「一昨日、昨日と試合できなくてゴメンJoy」と称し、5人の同僚外野手で『秘密戦隊ゴレンジャー』のかぶりもの(仮面)を被ってシートノックを受けた(アカレンジャー:森本稀哲、アオレンジャー:島田、キレンジャー:新庄剛志、モモレンジャー:石本努、ミドレンジャー:坪井智哉)。島田一輝 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード