93件中 11 - 20件表示
  • 陽岱鋼

    陽岱鋼から見た森本稀哲森本稀哲

    は初の開幕一軍および開幕戦先発出場を果たした。シーズン中は、フリーエージェント権を行使して退団した森本稀哲に替わる2番打者を主に務め、6月下旬に田中賢介が骨折した後は1番打者としても出場した。プロ入り初めて規定打席に到達したものの、持ち前の積極性でリーグ最多三振(中村剛也と同数)を喫し、2012年シーズンの課題となった。守備位置は持ち前の俊足と強肩を生かした外野手(ほとんどが右翼手)での出場だった。陽岱鋼 フレッシュアイペディアより)

  • GAORAプロ野球中継

    GAORAプロ野球中継から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲(在札各局で解説)GAORAプロ野球中継 フレッシュアイペディアより)

  • ひちょり

    ひちょりから見た森本稀哲森本稀哲

    ひちょり フレッシュアイペディアより)

  • 森本ひちょり

    森本ひちょりから見た森本稀哲森本稀哲

    森本ひちょり フレッシュアイペディアより)

  • 李稀哲

    李稀哲から見た森本稀哲森本稀哲

    李稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • KEN-U

    KEN-Uから見た森本稀哲森本稀哲

    2005年に発売されたインディーズファーストアルバム「DOKO」がリリース。リード楽曲「DOKO」は、当時北海道日本ハムファイターズの森本稀哲の登場曲にも使用された(2013年に森本が埼玉西武ライオンズに移籍した現在も森本は同曲を登場曲に使用している)。KEN-U フレッシュアイペディアより)

  • まだまみき

    まだまみきから見た森本稀哲森本稀哲

    野球観戦が趣味で、プロ野球・パ・リーグ、中でも地元球団の福岡ソフトバンクホークスのファン。2008年中には全プロ球団の本拠地球場13箇所全てに足を運んだ。ホークスなどのレプリカユニフォームを着ての野球ネタや、福岡ドームや千葉マリンスタジアムなど各球場の売り子、ウグイス嬢、野球場で見かけた人などそれぞれの物真似などの持ち芸がある。札幌ドームのウグイス嬢の物真似で森本稀哲のコールをする時は、森本の顔真似を見せる。元々人を笑わせることが好きで、ウグイス嬢の真似は高校生時代から友達の間でのウケが良かったという。また、ピンクを基調とした、前に『MADAMA』、後ろに『MIKI』とネームがプリントされたオリジナルのユニフォームを着て出演することもある。まだまみき フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のアジアシリーズ

    2006年のアジアシリーズから見た森本稀哲森本稀哲

    外野手:糸井嘉男、稲葉篤紀、森本稀哲、紺田敏正2006年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 土屋朋弘

    土屋朋弘から見た森本稀哲森本稀哲

    初奪三振:2010年9月24日、対北海道日本ハムファイターズ24回戦(クリネックススタジアム宮城)、9回表に森本稀哲から空振り三振土屋朋弘 フレッシュアイペディアより)

  • 田村勤

    田村勤から見た森本稀哲森本稀哲

    以降は肩・肘の故障に悩まされる。翌1993年には、6月に故障から復帰。22セーブを挙げ、当時の球団記録である10連続セーブを達成(2008年4月23日に藤川球児が更新)したが1995年には一軍登板なし、1996年、1997年にはショートリリーフとして2年間で90試合に登板し復活するが、1998年にはまたしても肩の故障で二軍登板すらできなかった。1999年には野村克也監督に遠山奬志と共に対松井秀喜、高橋由伸などの左打者のワンポイントとして起用されるも、既に以前の球威はなく、気迫と投球術でカバーする投球に終始した。2000年オフに自由契約を言い渡され、オリックスに移籍。しかし、活躍はできず、2002年の最終戦となった10月14日の日本ハム戦で引退試合を行う。この試合で田村はプロでは最初で最後となる先発マウンドに立ち、先頭打者の森本稀哲を三振に取って降板した。田村勤 フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード