70件中 41 - 50件表示
  • ホセ・マシーアス

    ホセ・マシーアスから見た森本稀哲森本稀哲

    開幕当初は1番打者だったが、2番だった森本稀哲の調子が上がってくると交代して2番に入る。しかし2番も田中賢介の活躍があり、シーズン中盤以降は下位打線を固めることが増えた。チームのムードメーカーであり、ファンサービスにも旺盛だった。また、守備前のキャッチボールでは自ら率先して外野手とのキャッチボールを買って出ていた。ホセ・マシーアス フレッシュアイペディアより)

  • 東京韓国学校

    東京韓国学校から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲(日本国籍)(野球選手)東京韓国学校 フレッシュアイペディアより)

  • KEN-U

    KEN-Uから見た森本稀哲森本稀哲

    2005年に発売されたインディーズファーストアルバム「DOKO」がリリース。リード楽曲「DOKO」は、当時北海道日本ハムファイターズの森本稀哲の登場曲にも使用された。KEN-U フレッシュアイペディアより)

  • 仲澤忠厚

    仲澤忠厚から見た森本稀哲森本稀哲

    2006年は二軍で打率.406の好成績を残し、46試合に出場。プロ初ホームランも記録した。プレーオフでも活躍し、第2ステージ第2戦では日本ハム先発・八木智哉からチーム唯一の2安打を放った。しかし3回表1死二塁で二塁走者の時に牽制死。また9回裏に2死一、二塁で稲葉篤紀の中堅に抜けそうな打球を好捕したものの、難しい体勢だったこともあり送球が逸れて二塁セーフ。その間に二塁ランナーの森本稀哲が一気に生還しサヨナラ負け。この瞬間ソフトバンクのプレーオフ敗退が決まった。結果を左右した大きなプレーだっただけに、試合後は「最後の守備が…」と絞り出すように話すのがやっとだった。仲澤忠厚 フレッシュアイペディアより)

  • 近くへ行きたい

    近くへ行きたいから見た森本稀哲森本稀哲

    撮影前、衣装のチョッキをスタッフが忘れる大失態。ハゲがひちょり似の照明スタッフを気に入り、所々でいじる。出っ歯は前回に続き「シンジラレナーイ」発言。近くへ行きたい フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た森本稀哲森本稀哲

    松坂世代 - 松坂大輔、和田毅、藤川球児、杉内俊哉、村田修一、新垣渚、森本稀哲ら1980年4月2日から1981年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 帝京中学校・高等学校

    帝京中学校・高等学校から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲(横浜DeNAベイスターズ外野手)帝京中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ONE☆DRAFT

    ONE☆DRAFTから見た森本稀哲森本稀哲

    全員1981年生まれの同級生である。中学卒業後、3人は帝京高校野球部に特待生として入部(1学年上に、横浜DeNAベイスターズの森本稀哲外野手が在籍)。高校入学後、2年生のとき、同校は第80回全国高等学校野球選手権大会に出場したが、当人たちはスタンドでの応援であった。ONE☆DRAFT フレッシュアイペディアより)

  • 紺田敏正

    紺田敏正から見た森本稀哲森本稀哲

    それ以降2年間はケガなどで伸び悩み一軍出場はなかったが、に開幕一軍入り。すぐに二軍落ちしたが、同じ外野手の稲葉篤紀と坪井智哉が8月5日・6日に相次いで故障したことから再昇格のチャンスを得る。主に代走としての起用だったが、この年初先発出場の8月13日の千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)で先発の渡辺俊介からプロ初打点を挙げた。以後も渡辺との対戦時に高打率を誇り、小田智之と共に「俊介キラー」と呼ばれるようになった(この年21試合出場、うち4試合のスタメンのうち3試合が対渡辺戦)。同年秋のアジアシリーズでは、引退した新庄剛志に代わり、3試合に左翼手として先発出場した(その年に主に左翼手を務めていた森本稀哲が、新庄が務めた中堅手に回る)。紺田敏正 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川区

    荒川区から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲 - プロ野球選手荒川区 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード