70件中 51 - 60件表示
  • あぶさん

    あぶさんから見た森本稀哲森本稀哲

    他に、義弟・小林満が最初に在籍したこともあり、日本ハムファイターズの選手の登場も多かった。主なところでは、南海から移籍して主軸打者として活躍した柏原純一(南海時代にも登場)、エースの高橋直樹、主軸打者の小田義人(後に南海でチームメイト)、更に中堅どころの大宮龍男、高代延博、島田誠(後に福岡ダイエーでチームメイト。同チームコーチ時代にも登場)、木田勇なども印象深い形でよく姿を見せる。高橋はオールスターのホームラン競争で12球全部インコースに投げられるコントロールのよさを買った安武がバッティング投手に指名、「直が景浦に打ち込まれる光景は、たとえ冗談でも見たくない」と大沢が狼狽する姿もあった。1980年のパ・リーグの投手部門のタイトルを独占した木田は景浦が苦手としていた投手の1人だったが、翌年は景浦に打たれている。後年(北海道移転後)では新庄剛志、森本稀哲らの登場もあった。特に新庄は景浦から引退を撤回するように迫られている。西武・ヤクルトの選手も、小林満が在籍していた当時の選手の登場頻度は特に高く、ヤクルト時代では長嶋一茂や後述のボブ・ホーナーらがメインになったエピソードもある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た森本稀哲森本稀哲

    2006年11月27日 - 北海道日本ハムファイターズ(金子誠、稲葉、森本、田中賢、八木・5枚)※通常放送関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た森本稀哲森本稀哲

    、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た森本稀哲森本稀哲

    また、2009年以降は石橋の出身校である帝京高校の後輩が助っ人として参加しており、2011年までは森本稀哲(チーム石橋唯一の現役プロ野球選手、2010年まで北海道日本ハム、2011年は横浜(現:DeNA))が加わったが、2011年シーズンに自打球を当てる負傷などがあったため石橋から戦力外通告され降板(2013年正月もオファーしようとしたが本人の披露宴の為断念)。その代理として2012年正月は河田雄祐(現埼玉西武一軍コーチ、2013年正月は西武の秋季キャンプと重なり、西武側から断られた)が、2012年夏・2013年正月には吉岡雄二(現愛媛マンダリンパイレーツ打撃コーチ)が参加した。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 小谷野栄一

    小谷野栄一から見た森本稀哲森本稀哲

    5月に一軍に再昇格し、6月の阪神タイガース戦でプロ初本塁打を記録。二塁手で6試合、左翼手で15試合、一塁手で20試合に起用され、長打力だけでなくユーティリティーぶりもアピールした。9月の札幌ドームでの試合前に新庄剛志、森本稀哲、稲葉篤紀、石本努との5人で同じかぶりもの(新庄の顔を模った仮面で「5人のツヨシくん」と命名)を被ってシートノックを受けた。小谷野栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 小フーガハゲ短調

    小フーガハゲ短調から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲外野手(元北海道日本ハムファイターズ)が、自身の髪型がスキンヘッドであることに関係し、2009年から打席登場曲に本曲を使用している。小フーガハゲ短調 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た森本稀哲森本稀哲

    4月12日のプロ野球開幕戦「横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)対中日ドラゴンズ」(横浜スタジアム)の始球式に登板。横浜球団が萩本に開幕戦の始球式を依頼するにあたり、萩本によると「横浜のことは気になっていたんだよ。夢が実現しちゃった。震災のこともあるし、野球人として何かでこういう時に、日本を元気にしなきゃと思ってたんだ」と、二つ返事で快諾したという。投球前に「東北の皆さんに届くように」とスタンドに集まったファンらに呼び掛け、投球を終えると「ジーンときた」と感激。そして「悲しすぎる時はお笑いの出番はないが、一生懸命にプレーする姿はきっと届く」と語った。また同日、横浜の応援団長就任を自ら宣言。始球式後に就任を直訴し、加地隆雄横浜球団社長(当時。現・横浜DeNA球団会長)も熱意に即断した。さらに、横浜の森本稀哲外野手とコンビを結成することまで宣言している。横浜から被災地を励まそうと、萩本が自ら思案。当時漂っていた自粛ムードによりパフォーマンスを封印していた森本に試合前に電話を入れ「うんと喜ばせて、お客さんに来てもらわないと』と諭し『きょうからモリキンだから」とコンビ名も即興で決定、森本も快諾し、パフォーマンス解禁を決意したという。同日試合後には森本と即興で掛け合い漫才を披露し「ハマの東北心配監督…いや欽督がいいな。でも"欽"という字が良くないから金督でいこう」と、場内を爆笑に誘った。また始球式の翌日(4月13日)に横浜スタジアム前のYYパークにて、義援金募金活動を行う。など、その後も精力的に募金活動や被災地訪問等を行った。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • 1月31日

    1月31日から見た森本稀哲森本稀哲

    1981年 - 森本稀哲、プロ野球選手1月31日 フレッシュアイペディアより)

  • ナム

    ナムから見た森本稀哲森本稀哲

    プロ野球選手が自身の登場曲として起用する例が数例あり、日本プロ野球の新庄剛志(SHINJO)、青木宣親、森本稀哲、宮出隆自、陽岱鋼、メジャーリーグベースボールのアレックス・ロドリゲスなどである。また、総合格闘家・水垣偉弥も入場曲として起用している。ナム フレッシュアイペディアより)

  • 熱き星たちよ

    熱き星たちよから見た森本稀哲森本稀哲

    横浜DeNAベイスターズとなった初年である2012年(平成24年)、同年のシーズンより監督に就任した中畑清と、三浦大輔、森本稀哲、高崎健太郎、石川雄洋、アレックス・ラミレスの所属選手5名が歌唱する「2012バージョン」が発表された。DeNAの球団買収当初は新球団歌の制定も検討されたが、球団のキャッチフレーズとして「継承と革新」を掲げるに当たり本曲の継続使用が決定されたものである。編曲・プロデュースは豊島吉宏(Maestro-T名義)が担当している。熱き星たちよ フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード