1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • 和田毅

    和田毅から見た森本稀哲森本稀哲

    1991年(平成3年)、父の故郷島根県出雲市へ転居。父も大学時代日体大で活躍し、首都大学野球連盟リーグの首位打者1度・ベストナインに2度選出されている。実の弟は立教大学で活躍した。高校時代浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商と対戦。9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川にも四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌1998年(平成10年)度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見た森本稀哲森本稀哲

    日本ハム入団以降は、元チームメイトの森本稀哲のジョークのネタにされるほど、受け入れられている。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見た森本稀哲森本稀哲

    1月31日 - 森本稀哲、プロ野球選手1981年 フレッシュアイペディアより)

  • ラーメンマン

    ラーメンマンから見た森本稀哲森本稀哲

    2010年オフに北海道日本ハムファイターズから横浜ベイスターズへ移籍した森本稀哲が、入団会見を横浜中華街の媽祖廟で行った際にラーメンマンのコスプレで登場した。ラーメンマン フレッシュアイペディアより)

  • 秘密戦隊ゴレンジャー

    秘密戦隊ゴレンジャーから見た森本稀哲森本稀哲

    新庄剛志 - 2004年9月20日のプロ野球の試合前の守備練習で、北海道日本ハムファイターズの森本稀哲(アカレンジャー)・島田一輝(アオレンジャー)・石本努(モモレンジャー)・坪井智哉(ミドレンジャー)の4選手とともにゴレンジャーの覆面(キレンジャー)を被って登場した。秘密戦隊ゴレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 陽岱鋼

    陽岱鋼から見た森本稀哲森本稀哲

    に初の開幕一軍および開幕戦先発出場を果たした。シーズン中は、フリーエージェント権を行使して退団した森本稀哲に替わる2番打者を主に務め、6月下旬に田中賢介が骨折した後は1番打者としても出場した。プロ入り初めて規定打席に到達したものの、持ち前の積極性でリーグ最多三振(中村剛也と同数)を喫し、2012年シーズンの課題となった。守備位置は持ち前の俊足と強肩を生かした外野手(ほとんどが右翼手)としての出場だった。陽岱鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道新幹線

    北海道新幹線から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲(プロ野球選手・横浜DeNAベイスターズ所属。元北海道日本ハムファイターズ。2007年3月18日、北海道新幹線大使に任命)北海道新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画

    雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画から見た森本稀哲森本稀哲

    「これぞ日本プロ野球のミラクル」では遠藤は85年の阪神?巨人戦でのバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発と06年のロッテ?オリックス戦での、平野恵一のフェンスにぶつかりながらもボールを落とさなかったガッツ溢れるダイビングキャッチを挙げ、陣内と蛍原は「新庄名場面」として新庄剛志の敬遠のボールを打ってのサヨナラヒットや日本ハム時代のファンを沸かせるパフォーマンスを紹介。その継承者として森本稀哲のパフォーマンスも紹介された。岡田は「アメリカも認めたスーパーキャッチ」として阪急・山森雅文のフェンスに登ってホームランボールを捕るというプレーと、「ある意味スーパーキャッチ」としてオリックス・星野伸之の投球をキャッチャーだった中嶋聡が素手で捕ったプレーを挙げた。山崎はKKコンビ(清原・桑田)の名エピソードを紹介、春日は秋山幸二のホームランを打った際のバック宙ホームインを挙げ、有吉は「デットボールの時の反応で人柄がわかる」との事。雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • SMAP×SMAP

    SMAP×SMAPから見た森本稀哲森本稀哲

    2007年1月8日放送。草彅剛とヤンキー先生こと義家弘介をメインに据え、小・中学生の「生」の声とスタジオに出演している小学生らに行ったアンケート結果から、いま学校で起こっているいじめの問題を提起した。ゲストとして日本ハムファイターズ森本稀哲選手、佐藤江梨子、ソニン、さかなクンが出演。それぞれ自身の体験を語ったが、さかなクンだけは魚の世界にもあるいじめについての知識を披露し、スタジオを笑わせた。SMAP×SMAP フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た森本稀哲森本稀哲

    2010年、3月31日、対巨人戦の勝利で順位を3位タイとする。同時に広島が単独最下位となったが、横浜の「最下位からの脱出」は2008年4月5日以来284試合目(725日ぶり)となり、これまでの記録(楽天、2005年4月9日-2007年3月24日、262試合)を更新してこの日ストップした。しかし、交流戦以降は低迷し、最下位に転落。一度も浮上することもなく9月7日の対巨人戦の敗戦で5年連続のBクラスが確定し、9月25日の対中日戦の敗戦で3年連続の最下位が確定。9月28日の対ヤクルト戦で敗れてプロ野球史上初の3年連続90敗、10月6日の対阪神戦の敗戦で130試合制だった1955年以来55年ぶりのシーズン95敗を喫した。ヘッドコーチの島田が不振の責任を取り1年で辞任。このオフにはFAで日本ハムの森本稀哲を獲得するが、内川聖一がFAでソフトバンクに移籍している。また、オリックス・バファローズの一輝を野中信吾・桑原謙太朗と1-2、同じくオリックスの山本省吾・喜田剛を寺原隼人・高宮和也と2-2、埼玉西武ライオンズの大沼幸二を坂元弥太郎と1-1の交換トレードで獲得した。8月、2010年シーズン終了をもって、二軍の「湘南シーレックス」の名称を一軍と同じ「横浜ベイスターズ」に戻すことがプロ野球実行委員会で承認された。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード