93件中 81 - 90件表示
  • 黄金世代

    黄金世代から見た森本稀哲森本稀哲

    松坂世代 - 松坂大輔、和田毅、藤川球児、杉内俊哉、村田修一、新垣渚、東出輝裕、森本稀哲ら1980年4月2日から1981年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た森本稀哲森本稀哲

    FAで日本ハムの森本稀哲を獲得。3月11日の東日本大震災発生時は横浜は横浜スタジアムで対ヤクルトオープン戦の試合中だったが、球場全体が揺れて試合は打ち切り、選手や観客がグラウンドに避難している。当初3月25日の公式戦開幕予定が、この震災の影響により4月12日に延期された。4年ぶりに本拠地での開幕となり、中日と対戦し3連戦を勝ち越し、2000年以来11年ぶりに開幕カードを勝ち越したが、5月以降低迷状態に陥り、交流戦ではロードで1勝(9敗2分)しかできず、7勝13敗の11位に終わり、7月は一度も連勝できないまま、オールスターまでの前半戦を25勝44敗6分、借金19で折り返す。後半戦も浮上することなく、9月27日の対巨人戦(横浜)に敗れたことでBクラスが確定し、10月9日の対阪神戦(横浜)に敗れたことで4年連続の最下位が決定している。最終的に47勝86敗11分で首位から27.5、5位広島と11.5ゲーム差がついた。チーム防御率は6年ぶりに3点台だったが2年連続で最下位、勝率も1957年から1961年の近鉄以来50年ぶりの4年連続で3割台と低迷した。オフに村田修一がFAで巨人に移籍。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見た森本稀哲森本稀哲

    日本ハム入団以降は、元同僚の森本稀哲のジョークのネタにされるほど、受け入れられている。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井嘉男

    糸井嘉男から見た森本稀哲森本稀哲

    は2年連続の開幕スタメンの座を掴むと、打順は主に7番や2番、ポジションは前年まで3年連続でゴールデングラブ賞を獲得していた森本稀哲を押しのけセンターとしてそのままレギュラーに定着。6月には初の月間MVPを受賞。「不安ばっかりだったが、必死に練習してきた。起用してくれた監督、コーチ、そして転向を打診してくれた高田監督(当時東京ヤクルト監督)に感謝したい」と秘めた思いを口にした。7月には監督推薦によりオールスターゲームにも初出場を果たした。シーズン終了までレギュラーを守り、チームのリーグ優勝に貢献。自己最多となる131試合に出場し、初めて規定打席に到達し、打率.306(リーグ7位)、15本塁打、24盗塁(同7位)、出塁率.381(同6位)、長打率.520(同4位)、OPS.901(同3位)という成績をマークし、パ・リーグ外野手部門2位でベストナインを、同外野手部門1位でゴールデングラブ賞を初受賞した。契約更改では3倍以上増となる年俸6,000万円(推定)でサインし、「投手で入って野手になったときは1軍が目標だった。活躍できるなんて想像もしていなかった」と喜びを口にした。糸井嘉男 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た森本稀哲森本稀哲

    は、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 1月31日

    1月31日から見た森本稀哲森本稀哲

    1981年 - 森本稀哲、プロ野球選手1月31日 フレッシュアイペディアより)

  • 荒川区

    荒川区から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲 - プロ野球選手荒川区 フレッシュアイペディアより)

  • 萩本 欽一

    萩本欽一から見た森本稀哲森本稀哲

    4月12日のプロ野球開幕戦「横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)対中日ドラゴンズ」(横浜スタジアム)の始球式に登板。横浜球団が萩本に開幕戦の始球式を依頼するにあたり、萩本によると「横浜のことは気になっていたんだよ。夢が実現しちゃった。震災のこともあるし、野球人として何かでこういう時に、日本を元気にしなきゃと思ってたんだ」と、二つ返事で快諾したという。投球前に「東北の皆さんに届くように」とスタンドに集まったファンらに呼び掛け、投球を終えると「ジーンときた」と感激。そして「悲しすぎる時はお笑いの出番はないが、一生懸命にプレーする姿はきっと届く」と語った。また同日、横浜の応援団長就任を自ら宣言。始球式後に就任を直訴し、当時横浜球団社長の加地隆雄(現:横浜DeNA球団会長)も熱意に即断した。さらに、横浜の森本稀哲とコンビを結成することまで宣言している。横浜から被災地を励まそうと、萩本が自ら思案。当時漂っていた自粛ムードによりパフォーマンスを封印していた森本に試合前に電話を入れ「うんと喜ばせて、お客さんに来てもらわないと』と諭し『きょうからモリキンだから」とコンビ名も即興で決定、森本も快諾し、パフォーマンス解禁を決意したという。同日試合後には森本と即興で掛け合い漫才を披露し「ハマの東北心配監督…いや欽督がいいな。でも"欽"という字が良くないから金督でいこう」と、場内を爆笑に誘った。また始球式の翌日(4月13日)に横浜スタジアム前のYYパークにて、義援金募金活動を行う。など、その後も精力的に募金活動や被災地訪問等を行った。萩本欽一 フレッシュアイペディアより)

  • SMAP×SMAP

    SMAP×SMAPから見た森本稀哲森本稀哲

    2007年1月8日放送。草彅剛とヤンキー先生こと義家弘介をメインに据え、小・中学生の「生」の声とスタジオに出演している小学生らに行ったアンケート結果から、いま学校で起こっているいじめの問題を提起した。ゲストとして北海道日本ハムファイターズ(当時)の森本稀哲選手、佐藤江梨子、ソニン、さかなクンが出演。それぞれ自身の体験を語ったが、さかなクンだけは魚の世界にもあるいじめについての知識を披露し、スタジオを笑わせた。SMAP×SMAP フレッシュアイペディアより)

  • 野球道 (フジテレビ系列)

    野球道 (フジテレビ系列)から見た森本稀哲森本稀哲

    森本稀哲(2016年 - 。本数契約。2017年はBSフジへのネット時も出演)野球道 (フジテレビ系列) フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード