170件中 91 - 100件表示
  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た横浜中華街

    12月11日に正式契約。同日に横浜中華街の媽祖廟で入団会見が行われた。背番号は5に決定。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た横浜媽祖廟

    12月11日に正式契約。同日に横浜中華街の媽祖廟で入団会見が行われた。背番号は5に決定。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム優秀選手賞:2回 (2006年第2戦、2007年第2戦)森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た補殺

    、前年限りで引退した新庄の意向で同選手が着用していた背番号1を継承し、主に新庄が就いていた中堅手に定着。シーズン終盤まで片岡易之(西武ライオンズ)と盗塁王のタイトルを争うなど(結果は片岡が獲得)、不動の1番打者として全イニング出場を果たし、2年連続のリーグ最多得点と初の打率3割を記録。24試合連続安打はリーグ歴代6位タイ、球団では大下弘と並び最多タイ記録。右打者であるが、内野安打の数も稲葉篤紀に次ぐリーグ2位を記録。最多得票でゴールデングラブ賞と、初のベストナインを受賞。補殺数は両リーグ1位の15個を記録した。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た内野手

    森本 稀哲(もりもと ひちょり、1981年1月31日 - )は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投右打)、野球解説者。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た盗塁

    は開幕スタメンの坪井の離脱などもあり4月下旬頃から1番・左翼手に定着し、自身初の規定打席に到達し、本塁打・打率ともに自身過去最高を記録。パシフィック・リーグ最多得点を記録し、ゴールデングラブ賞を初受賞した。7月、オールスターゲームに初出場して第2戦で本盗に成功した(2004年の同僚・SHINJO(新庄剛志)以来史上3人目)。10月、日本シリーズに初出場して当シリーズ最高打率を記録し、優秀選手賞を受賞した。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た西武ドーム

    9月27日に引退試合(対楽天、西武プリンスドーム)が行われ、8回表の守備から7番・右翼手として途中出場する。5-1と西武がリードしていたため最後の攻撃となる可能性が高かった8回裏は1番打者から始まり、7番の森本まで回るには4人が出塁しなければならなかったが、ベンチで起こった「ひちょりさんに回せ」の合言葉のもと打線が繋がり、二死で打席が回る。涙を流しながら入った現役最終打席は三塁ゴロであった。セレモニーで流されたビデオメッセージには同僚に加え、日本ハム時代の元同僚・新庄剛志、稲葉篤紀もコメントを寄せており、その後グラウンドへ現れた稲葉からも花束を贈られる。スピーチでは打席を回してくれたチームメイトへ涙ながらに感謝の意を表す。11月27日付で、日本野球機構(NPB)から任意引退選手として公示された。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た左翼手

    は開幕スタメンの坪井の離脱などもあり4月下旬頃から1番・左翼手に定着し、自身初の規定打席に到達し、本塁打・打率ともに自身過去最高を記録。パシフィック・リーグ最多得点を記録し、ゴールデングラブ賞を初受賞した。7月、オールスターゲームに初出場して第2戦で本盗に成功した(2004年の同僚・SHINJO(新庄剛志)以来史上3人目)。10月、日本シリーズに初出場して当シリーズ最高打率を記録し、優秀選手賞を受賞した。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た札幌ドーム

    札幌ドームMVP:1回 (野球部門:2006年)森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見たスピードスケート

    10月26日:日本シリーズ優勝決定後のビールかけの場にスピードスケート選手の衣装で登場。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

170件中 91 - 100件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード