170件中 11 - 20件表示
  • 森本稀哲

    森本稀哲から見たジョン・ワズディン

    は糸井嘉男に中堅手を奪われ、左翼手としての出場が多くなり、スタメン落ちも増え出場機会が激減。同年5月、出場登録日数が8年に達し、国内移籍が可能となるFA権を取得。オールスター戦明けには出場機会も増えていたが、8月6日の西武戦でジョン・ワズディンから死球を受け、左手小指を骨折。107試合に出場したが規定打席に到達せず、打率も.247に終わった。田中賢介が1番に定着して2番に回り、リーグ最多の43犠打を記録し、成功率10割を誇ったが、巨人と対戦した日本シリーズでは何度もバント失敗を繰り返し、2併殺と不振だった。この年はFA権を行使せず残留し、記者会見で「どんな条件を出されても残留するつもりだった。他チームでプレーする理由がまったくない」と語った。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た上野弘文

    、6番・中堅手で開幕スタメン出場。5月1日に扁桃腺炎のため登録を抹消された。その後復帰したが、7月6日の広島東洋カープ戦で上野弘文との投打戦に自打球を当て左足を負傷。左足脛骨近位骨挫傷と診断され8日に再び登録を抹消され、一軍復帰は10月となった。復帰後も若手主体で起用する監督の方針もありスタメン出場は限られ、成績面でも結果を残せなかった。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た小谷野栄一

    9月19日:試合前練習に新庄剛志、稲葉篤紀、小谷野栄一、石本努とともに同じデザインのかぶりもの(新庄の顔を模った仮面で「SHINJO5」と命名)を被り、ユニフォームも全員で「背番号:1、背ネーム:SHINJO」のものを着用して参加。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た金村曉

    経営学を学ぶ目的で、コンサルティングなどの事業を展開する東京都内の一般企業へ入社。2016年1月からは、日本ハム時代のチームメイト・金村曉の後任扱いで、『みんなのテレビ』(北海道文化放送)の月曜コメンテーターを務める。さらに、同年のプロ野球シーズンからは、同局に加えてSTVラジオ・北海道テレビ放送・北海道放送・CBCラジオ・テレビ東京(BSジャパン)・テレビ北海道・TVQ九州放送・テレビ神奈川・文化放送(ゲスト)・GAORA・スポナビライブ横浜DeNA戦の野球解説者としても活動する。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た朝倉健太

    本盗:2006年第2戦(7月23日、宮崎県総合運動公園硬式野球場)、5回裏に本盗(投手:朝倉健太、捕手:阿部慎之助) ※一塁走者・西岡剛と重盗、2004年第2戦のSHINJOに次いで史上3人目森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た松坂大輔

    初盗塁:2001年7月18日、対西武ライオンズ18回戦(東京ドーム)、2回裏に二盗(投手:松坂大輔、捕手:伊東勤)森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た伊東勤

    初盗塁:2001年7月18日、対西武ライオンズ18回戦(東京ドーム)、2回裏に二盗(投手:松坂大輔、捕手:伊東勤森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た尾崎豊

    7月2日:試合後のヒーローインタビューで、尾崎豊『きっと忘れない』を熱唱した(前年のファン感謝イベントでの公約による)。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見た野上亮磨

    7月14日の西武戦の初回、犠打を試みた際に野上亮磨から死球を受け退場。右手薬指を骨折し、翌日に登録を抹消された。これで3年続けて死球により骨折したが、それでも2年連続リーグ最多の55犠打を記録し、打率も.272と持ち直した。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

  • 森本稀哲

    森本稀哲から見たアレックス・ラミレス

    、2年連続で開幕スタメンとなるが、アレックス・ラミレスの加入、荒波翔の台頭もあり、5月以降はスタメン機会が減少。代打、代走、守備固めでの途中起用が多くなった。最終的には108試合に出場し、スーパーサブとしてチームを支えた。9月に左手有鈎骨を骨折し、28日に登録抹消されシーズンを終える。森本稀哲 フレッシュアイペディアより)

170件中 11 - 20件表示

「森本稀哲」のニューストピックワード