前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
361件中 1 - 10件表示
  • 森永製菓

    森永製菓から見た森永乳業森永乳業

    森永製菓株式会社(もりながせいか)は、東京都港区に本社を置く、大手菓子製造業者である。森永乳業とは兄弟会社の関係で、同一敷地に本社を構えており、モリナガグループ(Morinaga Group)を形成している。コーポレートメッセージは「おいしく たのしく すこやかに」。森永製菓 フレッシュアイペディアより)

  • 藤三商会

    藤三商会から見た森永乳業森永乳業

    森永乳業などのアイスクリームを仕入れ、コンビニエンスストア・スーパーマーケットや生活協同組合など全国物流ネットワークを確立し幅広く販売していた。アイスクリームの卸売では国内で約2割のシェアを占める国内最大手であった。藤三商会 フレッシュアイペディアより)

  • ゾンビハンター

    ゾンビハンターから見た森永乳業森永乳業

    『ゾンビハンター』(ZOMBIE HUNTER)は、ハイスコアメディアワークより発売されたゲームソフト、および、エスキモー(森永乳業が1979年から2010年まで使用していたアイスクリームのブランド)から発売された、同ソフトを懸賞品としていたグミ入りのバニラアイスクリームである。ゾンビハンター フレッシュアイペディアより)

  • 榎本亜弥子

    榎本亜弥子から見た森永乳業森永乳業

    2002年3月28日、『ニコラ』東京開放日イベントにおいてニコモ卒業式が行われ、同世代の蒼井優・長屋光紗・篠原沙弥とともに同誌専属モデルを卒業した。以後はファッションモデルとしての活動を縮小し、かわりに本人の夢であった女優を目指して映画などへの出演にシフトすることになった。また、森永乳業が「森永アロエヨーグルト」の販促用に製作したネットムービー『初めての秘密』では、田中麗奈の妹役を演じている。榎本亜弥子 フレッシュアイペディアより)

  • ユニリーバ・ジャパン

    ユニリーバ・ジャパンから見た森永乳業森永乳業

    2010年(平成22年)10月1日 - 「リプトン」ブランドの紅茶製品(紅茶バルク製品を除く)の販売を、以前からユニリーバとの間で締結している商標使用許諾契約に基づき、同ブランドのチルド紅茶飲料等の販売を行っている森永乳業株式会社を販売総代理店として同社の販売網で販売する営業体制へ移行。ユニリーバ・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • サンキスト・グローワーズ

    サンキスト・グローワーズから見た森永乳業森永乳業

    「サンキスト」ブランドのジュース、ゼリー、冷菓:森永乳業が生産販売。サンキスト・グローワーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浦幌乳業

    浦幌乳業から見た森永乳業森永乳業

    森永乳業株式会社100%出資の子会社。浦幌乳業 フレッシュアイペディアより)

  • えにわコミュニティバス

    えにわコミュニティバスから見た森永乳業森永乳業

    JR恵庭駅西口 - 恵庭シティホール前 - えにわ市民プラザ - ビッグハウス前 - 川沿大通 - 日の出団地 - 恵庭南高校前 - 恵庭公園 - 森永乳業前 - 消防署南出張所 - 和光会館 - 旭団地 - JR恵庭駅東口えにわコミュニティバス フレッシュアイペディアより)

  • ボイコット

    ボイコットから見た森永乳業森永乳業

    日本では、1960年代の森永ヒ素ミルク中毒事件における森永乳業製品不買運動、1978年(昭和53年)に読売ジャイアンツがドラフト会議をボイコットした江川事件などが知られる。また、東北地方などでは1988年(昭和63年)、佐治敬三サントリー社長(当時)による東北熊襲発言に抗議し、同社製品に対するボイコットが展開された。2002年(平成14年)から、著作権管理を名目に導入が開始された「コピーコントロールCD」から反発する形でCCCD購入ボイコットが発生した。2007年(平成19年)頃から、六ヶ所村核燃料再処理施設による放射能汚染の危険性と、受け入れた地元への抗議を訴えるため、坂本龍一らによるSTOP ROKKASHOが、青森県、岩手県の産品の不買運動を展開している。ボイコット フレッシュアイペディアより)

  • 中坊公平

    中坊公平から見た森永乳業森永乳業

    1955年、森永の徳島工場でつくった粉ミルクにひ素が混入して100人以上の乳児が死亡し、一万人を超える乳児が中毒になるという大惨事が起きた(森永ヒ素ミルク中毒事件)。1958年暮れ厚生省は、「皆治った、後遺症は無い」と発表した。しかしそれが真っ赤な嘘であることが、事件から14年経って、保健婦達が被害児を訪問してまとめた『14年目の訪問』の発表によって分かった。中坊は、被害者弁護団への参加を誘われた。しかし、大企業である森永乳業と日本国政府を相手の裁判を進めていた弁護士は青年法律家協会(青法協)の人達で、当時アカ呼ばわりをされていた。中坊は「やっと一人前の弁護士になれたところで、弁護団に加わってアカと見られるようになったらまずいな」と思い父に相談した。ところが父の答えは予想外で、「公平、お父ちゃんはな、お前をそんな情けない子供に育てた覚えはない。そもそも子供に対する犯罪に右も左もあると思うのか。人様のお役に立とうかという時に、迷うてお父ちゃんに尋ねる、そんな情けない子に育てたつもりは無い」と叱責された。中坊公平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
361件中 1 - 10件表示

「森永乳業」のニューストピックワード