34件中 21 - 30件表示
  • 常葉大学附属常葉中学校・高等学校

    常葉大学附属常葉中学校・高等学校から見た森理世森理世

    森理世 - 2007年ミス・ユニバース世界大会優勝者/中学校卒業、高校在学中にカナダへ留学常葉大学附属常葉中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 12月24日

    12月24日から見た森理世森理世

    1986年 - 森理世、2007年度ミス・ユニバース12月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 児島明子

    児島明子から見た森理世森理世

    森理世 - ミス・ユニバース2007優勝(児島以来48年ぶりの日本人の優勝者)児島明子 フレッシュアイペディアより)

  • GLAMOROUS

    GLAMOROUSから見た森理世森理世

    2008年4月号で乳がん撲滅キャンペーン「乳がん撲滅チャリティ 蜷川実花が撮った10人のヌード 10WOMEN」を企画した。高岡早紀、観月ありさ、平子理沙、梨花、森理世、秋吉久美子、中島知子(オセロ) 、橋本麗香、道端ジェシカ、AKEMIの女性タレント10人のセミヌードを写真集としてまとめて別冊付録としたほか、東京都と大阪府で写真展も開催した。この収益の一部が2つの乳がん関連団体に寄付された。しかし、これは一部で論争を巻き起こした。この企画に疑問を感じた乳がん患者が中心となり、「『グラマラス』の乳がん撲滅チャリティ・ヌードに抗議する会」を発足、署名活動を実施した。会の名称は同年12月に「ストライプ・リボンの会」と改められた。批判は主に「乳がんの手術や治療で女性としての身体の変化にショックを受けている患者が多数いる中で、乳がん啓発キャンペーンでセミヌードという手法を使うのは無神経であり、乳がんという病気や治療の実態に関する理解に欠ける」「寄付金の扱いが不透明」というものであった。。GLAMOROUS フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ユニバース

    ミス・ユニバースから見た森理世森理世

    日本からは1952年(昭和27年)以来、『ミス・ユニバース・ジャパン』の優勝者が日本代表となって大会に出場し、1953年には伊東絹子が3位で初入賞したほか、これまでに児島明子(1959年)と森理世(2007年)の二人が優勝してミス・ユニバースとなっている。また、アメリカ合衆国占領下の沖縄からは、1963年(昭和38年)から1968年(昭和43年)までの6年間、独自の「沖縄代表」が世界大会に出場していた。ミス・ユニバース フレッシュアイペディアより)

  • ミス・コンテスト

    ミス・コンテストから見た森理世森理世

    森理世 ミス・ユニバース日本代表。2007年度世界大会でミスユニバースに選ばれる。振付師・ダンサー・モデルミス・コンテスト フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本

    1986年の日本から見た森理世森理世

    12月24日 - 森理世、2007年度ミス・ユニバース1986年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡市

    静岡市から見た森理世森理世

    森理世(2011年12月1日就任)静岡市 フレッシュアイペディアより)

  • グラクソ・スミスクライン

    グラクソ・スミスクラインから見た森理世森理世

    森理世 - シュミテクトPROエナメルグラクソ・スミスクライン フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ユニバース・ジャパン

    ミス・ユニバース・ジャパンから見た森理世森理世

    第1回世界大会の開催に伴って1952年(昭和27年)からほぼ毎年行われてきたミス・ユニバース日本大会は、1995年(平成7年)を目途に休止となっていた。1998年(平成10年)に始まったミス・ユニバースジャパンでは、原則として大会の優勝者(「ミス・ユニバース・ジャパン」)が、同年に行われるミス・ユニバース世界大会に、日本代表として出場する。日本代表からはこれまで、児島明子(1959年)と森理世(2007年)の2名が世界大会で優勝している。優勝者や入賞者を含むミス・ユニバース・ジャパンの参加者には、その後女優、モデル、タレントなどとして芸能界で活躍する者も多い。一方、大会での司会経験者には、俳優の石田純一(2007年)、タレントのLiLiCo(2008年)らが居る。ミス・ユニバース・ジャパン フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「森理世」のニューストピックワード