123件中 21 - 30件表示
  • 森理世

    森理世から見た

    自身のブログで美容整形に否定的な考えを持っていること、の矯正やヘアスタイル、ダイエットなどだけで整形せずに自身が変身したことを述べているが、実は唇にヒアルロン酸を注入する「プチ整形」を施したことを、イネス・リグロンがJapan Timesの取材で告白している。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たグッチ

    日本人の優勝は1959年の児島明子以来48年ぶり。日本人としては2人目の世界一となる。2006年の知花くららの2位に続き、2年連続での日本人の入賞となった。2位はブラジル代表、3位はベネズエラ代表が選ばれた。着用していたイヴニングガウンは、GUCCIの07年春夏コレクションのもの。ナショナルコスチュームは、「義志」や「小萩」のデザイナーである緒方義志と、「HIROCOLEDGE」のデザイナーである高橋理子のデザインによるもの。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たメキシコ・シティ

    ダンススクールを主宰する母の元で4歳からダンスを習い、高校一年生の時にカナダにバレエ留学。その後ブロードウェイを目指すダンサーが通う「ROCKETTES・サマー・インテンシブプログラム」でトレーニングを修了した。祖母から「10代の思い出として何かチャレンジしたら」とすすめられたことがきっかけで、2007年3月15日、約4000名が参加したミス・ユニバース・ジャパンに応募し優勝する。同年5月にメキシコ・シティで開催されたミス・ユニバース2007で見事優勝した。48年ぶりに日本人としては2人目のミス・ユニバースとなった。ミス・ユニバース任期中(一年間)はプロジェクトサンシャイン(病気で入院中の子供たちを元気づけ、勉強を教えたり、夢を叶える手伝いをする活動に参加)、レッドリボン(および HIV/エイズに関する知識普及活動)(HIV、エイズの知識を同世代へ広め、理解と支援の意志を示すための活動に参加)(GMHC<人種を問わず広くへの、HIVの予防のためAIDS WALK、食糧支援活動に参加)、マラリア予防活動(マラリア予防のためにベトナムでの現地活動に参加)、アルツハイマー病支援(患者とその家族のための支援団体の活動に参加)、スペシャルオリンピックス(選手団応援活動に参加)、動物愛護運動(愛護の呼びかけ、チャリティーオークションへの参加)、HEALTH CORPS(医師達と共に、健康を害する事の知識や、健康管理への啓蒙活動に参加)等を続け、世界15カ国を巡った。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見た真珠

    メキシコ・メキシコシティの「国立オーディトリアム」で行われた、「ミス・ユニバース2007」に日本代表として出場し、満場一致の得票で優勝を飾った。その際、彼女にはダイヤモンドや真珠があしらわれた25万ドル(約3000万円)相当の冠(ミキモト製)が渡された。ただしこの冠は、次回大会の優勝者に引き継がれ、その年の優勝者がもらえるのは2万ドル相当のティアラである(やはりミキモト製)。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見た

    その他、彼女には、1年間使用可能なニューヨークのアパート、給与(金額は非公開)、3万ドル相当の高級時計などの衣装、ニューヨークで二年間映画を学ぶための10万ドルを上限とする奨学金、水着、ヘアケア製品1年分、NINAの一式、デニム一式、クリスタルのトロフィー、1年間の皮膚科サービスなどが優勝賞品として贈られた。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たエイズ

    ダンススクールを主宰する母の元で4歳からダンスを習い、高校一年生の時にカナダにバレエ留学。その後ブロードウェイを目指すダンサーが通う「ROCKETTES・サマー・インテンシブプログラム」でトレーニングを修了した。祖母から「10代の思い出として何かチャレンジしたら」とすすめられたことがきっかけで、2007年3月15日、約4000名が参加したミス・ユニバース・ジャパンに応募し優勝する。同年5月にメキシコ・シティで開催されたミス・ユニバース2007で見事優勝した。48年ぶりに日本人としては2人目のミス・ユニバースとなった。ミス・ユニバース任期中(一年間)はプロジェクトサンシャイン(病気で入院中の子供たちを元気づけ、勉強を教えたり、夢を叶える手伝いをする活動に参加)、レッドリボン(および HIV/エイズに関する知識普及活動)(HIV、エイズの知識を同世代へ広め、理解と支援の意志を示すための活動に参加)(GMHC<人種を問わず広くへの、HIVの予防のためAIDS WALK、食糧支援活動に参加)、マラリア予防活動(マラリア予防のためにベトナムでの現地活動に参加)、アルツハイマー病支援(患者とその家族のための支援団体の活動に参加)、スペシャルオリンピックス(選手団応援活動に参加)、動物愛護運動(愛護の呼びかけ、チャリティーオークションへの参加)、HEALTH CORPS(医師達と共に、健康を害する事の知識や、健康管理への啓蒙活動に参加)等を続け、世界15カ国を巡った。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たマラリア

    ダンススクールを主宰する母の元で4歳からダンスを習い、高校一年生の時にカナダにバレエ留学。その後ブロードウェイを目指すダンサーが通う「ROCKETTES・サマー・インテンシブプログラム」でトレーニングを修了した。祖母から「10代の思い出として何かチャレンジしたら」とすすめられたことがきっかけで、2007年3月15日、約4000名が参加したミス・ユニバース・ジャパンに応募し優勝する。同年5月にメキシコ・シティで開催されたミス・ユニバース2007で見事優勝した。48年ぶりに日本人としては2人目のミス・ユニバースとなった。ミス・ユニバース任期中(一年間)はプロジェクトサンシャイン(病気で入院中の子供たちを元気づけ、勉強を教えたり、夢を叶える手伝いをする活動に参加)、レッドリボン(および HIV/エイズに関する知識普及活動)(HIV、エイズの知識を同世代へ広め、理解と支援の意志を示すための活動に参加)(GMHC<人種を問わず広くへの、HIVの予防のためAIDS WALK、食糧支援活動に参加)、マラリア予防活動(マラリア予防のためにベトナムでの現地活動に参加)、アルツハイマー病支援(患者とその家族のための支援団体の活動に参加)、スペシャルオリンピックス(選手団応援活動に参加)、動物愛護運動(愛護の呼びかけ、チャリティーオークションへの参加)、HEALTH CORPS(医師達と共に、健康を害する事の知識や、健康管理への啓蒙活動に参加)等を続け、世界15カ国を巡った。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見た乳がん

    乳がん撲滅チャリティーを目的に蜷川実花が撮影し、雑誌「GLAMOROUS」が創刊3周年を記念に別冊付録として企画したヌード写真集「10 WOMEN」に参加。ピンクリボン運動への協力としてヌードを披露している。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たJapan Times

    自身のブログで美容整形に否定的な考えを持っていること、歯の矯正やヘアスタイル、ダイエットなどだけで整形せずに自身が変身したことを述べているが、実は唇にヒアルロン酸を注入する「プチ整形」を施したことを、イネス・リグロンがJapan Timesの取材で告白している。森理世 フレッシュアイペディアより)

  • 森理世

    森理世から見たダイエット

    自身のブログで美容整形に否定的な考えを持っていること、歯の矯正やヘアスタイル、ダイエットなどだけで整形せずに自身が変身したことを述べているが、実は唇にヒアルロン酸を注入する「プチ整形」を施したことを、イネス・リグロンがJapan Timesの取材で告白している。森理世 フレッシュアイペディアより)

123件中 21 - 30件表示

「森理世」のニューストピックワード