前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たタマリネ・タナスガーン

    2010年ウィンブルドンで、シングルスはタマリネ・タナスガーンに 7-5, 6-1で勝利し、4大大会9回目の出場で念願の初勝利となった。張凱貞と組んだダブルスもクルム伊達公子、タナスガーン組に6-3, 7-6で勝利した。10月の楽天ジャパン・オープンでは決勝でジル・クレイバス(アメリカ)を 6-3, 7-5 で破り優勝した。(ジャパン・オープンは2009年からITFサーキット大会に降格しているのでWTAツアー初優勝ではない。)森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たセリーナ・ウィリアムズ

    2008年全仏オープンで、森田は初めて本戦直接出場(ストレートイン)を決めたが、1回戦で第12シードのアグネシュ・サバイ(ハンガリー)に 1-6, 6-4, 4-6 のスコアで競り負けた。8月の北京五輪にも初出場を果たし、シングルス・ダブルスとも2回戦に進出する。シングルス2回戦では地元中国代表の李娜に 2-6, 5-7 で敗れ、杉山愛と組んだダブルスでは2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に当たってしまった。10月のジャパン・オープンでは、中村藍子と組んでダブルス準優勝者になる。2009年度の4大大会女子シングルスではすべて本戦に直接出場したが、いずれも初戦敗退であった。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たペトラ・クビトバ

    2011年全豪オープン女子シングルス1回戦で、第27シードのアレクサンドラ・ドゥルゲル(ルーマニア)を、6-4, 6-4で破り全豪初勝利を挙げた。続く2回戦では17歳キャロライン・ガルシア(フランス)を6-4, 6-4のストレートで破り、3回戦に進出した。3回戦では彭帥(中国)と対戦し、1-6, 6-3, 3-6 で敗れた。2月のドバイ・テニス選手権では予選から勝ち上がり、1回戦でペトラ・クビトバ(チェコ)に 7-6(2), 7-6(3)で勝利して3回戦まで進出した。2011年10月3日の世界ランキングで40位の自己最高を記録している。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た李娜

    2008年全仏オープンで、森田は初めて本戦直接出場(ストレートイン)を決めたが、1回戦で第12シードのアグネシュ・サバイ(ハンガリー)に 1-6, 6-4, 4-6 のスコアで競り負けた。8月の北京五輪にも初出場を果たし、シングルス・ダブルスとも2回戦に進出する。シングルス2回戦では地元中国代表の李娜に 2-6, 5-7 で敗れ、杉山愛と組んだダブルスでは2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に当たってしまった。10月のジャパン・オープンでは、中村藍子と組んでダブルス準優勝者になる。2009年度の4大大会女子シングルスではすべて本戦に直接出場したが、いずれも初戦敗退であった。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た辻佳奈美

    2005年4月12日、日本テニス協会は彼女のプロ登録を認めることを決定。「15歳1か月」でのプロ転向は男女を通して当時日本史上最年少のプロ選手であった(2010年4月、辻佳奈美によってその記録は更新された)。その2ヶ月後、全仏オープンの女子ジュニア部門でいきなり準決勝へ進出した。ウィンブルドン終了後、日本人スポーツ選手として初めてスポーツ用品メーカーのアディダス社と「グローバル選手契約」を締結する。10月第2週に大阪で開かれた「世界スーパージュニアテニス選手権大会」ではシングルス準優勝、ダブルス優勝を記録する。11月19日、全日本テニス選手権の女子シングルスで米村知子を 4-6, 6-4, 6-3 の逆転で破り、「15歳8ヶ月8日」で初優勝。雉子牟田明子と沢松奈生子に続く、大会3番目の年少優勝記録をうちたてた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たキヤノン

    森田 あゆみ(もりた あゆみ、1990年3月11日 - )は、群馬県太田市出身の女子プロテニス選手。キヤノン所属。まだWTAツアーでシングルス・ダブルスとも優勝はないが、ダブルスで2度の準優勝がある。自己最高ランキングはシングルス40位、ダブルス65位。身長164cm、体重54kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たアディダス

    2005年4月12日、日本テニス協会は彼女のプロ登録を認めることを決定。「15歳1か月」でのプロ転向は男女を通して当時日本史上最年少のプロ選手であった(2010年4月、辻佳奈美によってその記録は更新された)。その2ヶ月後、全仏オープンの女子ジュニア部門でいきなり準決勝へ進出した。ウィンブルドン終了後、日本人スポーツ選手として初めてスポーツ用品メーカーのアディダス社と「グローバル選手契約」を締結する。10月第2週に大阪で開かれた「世界スーパージュニアテニス選手権大会」ではシングルス準優勝、ダブルス優勝を記録する。11月19日、全日本テニス選手権の女子シングルスで米村知子を 4-6, 6-4, 6-3 の逆転で破り、「15歳8ヶ月8日」で初優勝。雉子牟田明子と沢松奈生子に続く、大会3番目の年少優勝記録をうちたてた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たジャパン・オープン・テニス選手権

    2008年全仏オープンで、森田は初めて本戦直接出場(ストレートイン)を決めたが、1回戦で第12シードのアグネシュ・サバイ(ハンガリー)に 1-6, 6-4, 4-6 のスコアで競り負けた。8月の北京五輪にも初出場を果たし、シングルス・ダブルスとも2回戦に進出する。シングルス2回戦では地元中国代表の李娜に 2-6, 5-7 で敗れ、杉山愛と組んだダブルスでは2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に当たってしまった。10月のジャパン・オープンでは、中村藍子と組んでダブルス準優勝者になる。2009年度の4大大会女子シングルスではすべて本戦に直接出場したが、いずれも初戦敗退であった。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た全日本テニス選手権

    小学生の頃にテニスを始め、2001年に開かれた「全日本ジュニアテニス選手権」12歳以下の部で優勝。2004年には「全日本ジュニアテニス選手権」18歳以下の部で優勝し、日本のトップジュニアの仲間入りをする。その後2004年の全日本テニス選手権では史上最年少の14歳(中学3年生)でベスト8に入り、地元では「天才テニス少女」と言われた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たジル・クレイバス

    2010年ウィンブルドンで、シングルスはタマリネ・タナスガーンに 7-5, 6-1で勝利し、4大大会9回目の出場で念願の初勝利となった。張凱貞と組んだダブルスもクルム伊達公子、タナスガーン組に6-3, 7-6で勝利した。10月の楽天ジャパン・オープンでは決勝でジル・クレイバス(アメリカ)を 6-3, 7-5 で破り優勝した。(ジャパン・オープンは2009年からITFサーキット大会に降格しているのでWTAツアー初優勝ではない。)森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示