45件中 11 - 20件表示
  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た彭帥

    2011年全豪オープン女子シングルス1回戦で、第27シードのアレクサンドラ・ドゥルゲル(ルーマニア)を、6-4, 6-4で破り全豪初勝利を挙げた。続く2回戦では17歳キャロライン・ガルシア(フランス)を6-4, 6-4のストレートで破り、3回戦に進出した。3回戦では彭帥(中国)と対戦し、1-6, 6-3, 3-6 で敗れた。2月のドバイ・テニス選手権では予選から勝ち上がり、1回戦でペトラ・クビトバ(チェコ)に 7-6(2), 7-6(3)で勝利して3回戦まで進出した。2011年10月3日の世界ランキングで40位の自己最高を記録している。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た雉子牟田明子

    2005年4月12日、日本テニス協会は彼女のプロ登録を認めることを決定。「15歳1か月」でのプロ転向は男女を通して当時日本史上最年少のプロ選手であった(2010年4月、辻佳奈美によってその記録は更新された)。その2ヶ月後、全仏オープンの女子ジュニア部門でいきなり準決勝へ進出した。ウィンブルドン終了後、日本人スポーツ選手として初めてスポーツ用品メーカーのアディダス社と「グローバル選手契約」を締結する。10月第2週に大阪で開かれた「世界スーパージュニアテニス選手権大会」ではシングルス準優勝、ダブルス優勝を記録する。11月19日、全日本テニス選手権の女子シングルスで米村知子を 4-6, 6-4, 6-3 の逆転で破り、「15歳8ヶ月8日」で初優勝。雉子牟田明子と沢松奈生子に続く、大会3番目の年少優勝記録をうちたてた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たアレクサンドラ・ドゥルゲル

    2011年全豪オープン女子シングルス1回戦で、第27シードのアレクサンドラ・ドゥルゲル(ルーマニア)を、6-4, 6-4で破り全豪初勝利を挙げた。続く2回戦では17歳キャロライン・ガルシア(フランス)を6-4, 6-4のストレートで破り、3回戦に進出した。3回戦では彭帥(中国)と対戦し、1-6, 6-3, 3-6 で敗れた。2月のドバイ・テニス選手権では予選から勝ち上がり、1回戦でペトラ・クビトバ(チェコ)に 7-6(2), 7-6(3)で勝利して3回戦まで進出した。2011年10月3日の世界ランキングで40位の自己最高を記録している。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た沢松奈生子

    2005年4月12日、日本テニス協会は彼女のプロ登録を認めることを決定。「15歳1か月」でのプロ転向は男女を通して当時日本史上最年少のプロ選手であった(2010年4月、辻佳奈美によってその記録は更新された)。その2ヶ月後、全仏オープンの女子ジュニア部門でいきなり準決勝へ進出した。ウィンブルドン終了後、日本人スポーツ選手として初めてスポーツ用品メーカーのアディダス社と「グローバル選手契約」を締結する。10月第2週に大阪で開かれた「世界スーパージュニアテニス選手権大会」ではシングルス準優勝、ダブルス優勝を記録する。11月19日、全日本テニス選手権の女子シングルスで米村知子を 4-6, 6-4, 6-3 の逆転で破り、「15歳8ヶ月8日」で初優勝。雉子牟田明子と沢松奈生子に続く、大会3番目の年少優勝記録をうちたてた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たキャロライン・ウォズニアッキ

    2006年全豪オープンの女子ジュニア部門では、準決勝でキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に 6-7, 3-6 で敗れた。同年の全米オープンで女子シングルスの予選会に初挑戦を果たす(1回戦敗退)。その後、世界スーパージュニアテニス選手権大会では2年連続の準優勝で止まり、全日本テニス選手権では準々決勝で敗退した。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たビーナス・ウィリアムズ

    2008年全仏オープンで、森田は初めて本戦直接出場(ストレートイン)を決めたが、1回戦で第12シードのアグネシュ・サバイ(ハンガリー)に 1-6, 6-4, 4-6 のスコアで競り負けた。8月の北京五輪にも初出場を果たし、シングルス・ダブルスとも2回戦に進出する。シングルス2回戦では地元中国代表の李娜に 2-6, 5-7 で敗れ、杉山愛と組んだダブルスでは2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に当たってしまった。10月のジャパン・オープンでは、中村藍子と組んでダブルス準優勝者になる。2009年度の4大大会女子シングルスではすべて本戦に直接出場したが、いずれも初戦敗退であった。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たマラ・サンタンジェロ

    2007年から、森田は女子テニス国別対抗戦・フェドカップの日本代表入りを果たした。6月のウィンブルドンで、初めて4大大会女子シングルスの予選会を通過する。初めての本戦では、1回戦でマラ・サンタンジェロ(イタリア)に 1-6, 6-3, 3-6 で敗れた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たアグネシュ・サバイ

    2008年全仏オープンで、森田は初めて本戦直接出場(ストレートイン)を決めたが、1回戦で第12シードのアグネシュ・サバイ(ハンガリー)に 1-6, 6-4, 4-6 のスコアで競り負けた。8月の北京五輪にも初出場を果たし、シングルス・ダブルスとも2回戦に進出する。シングルス2回戦では地元中国代表の李娜に 2-6, 5-7 で敗れ、杉山愛と組んだダブルスでは2回戦でビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組に当たってしまった。10月のジャパン・オープンでは、中村藍子と組んでダブルス準優勝者になる。2009年度の4大大会女子シングルスではすべて本戦に直接出場したが、いずれも初戦敗退であった。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見たフェドカップ

    2007年から、森田は女子テニス国別対抗戦・フェドカップの日本代表入りを果たした。6月のウィンブルドンで、初めて4大大会女子シングルスの予選会を通過する。初めての本戦では、1回戦でマラ・サンタンジェロ(イタリア)に 1-6, 6-3, 3-6 で敗れた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 森田あゆみ

    森田あゆみから見た日本テニス協会

    2005年4月12日、日本テニス協会は彼女のプロ登録を認めることを決定。「15歳1か月」でのプロ転向は男女を通して当時日本史上最年少のプロ選手であった(2010年4月、辻佳奈美によってその記録は更新された)。その2ヶ月後、全仏オープンの女子ジュニア部門でいきなり準決勝へ進出した。ウィンブルドン終了後、日本人スポーツ選手として初めてスポーツ用品メーカーのアディダス社と「グローバル選手契約」を締結する。10月第2週に大阪で開かれた「世界スーパージュニアテニス選手権大会」ではシングルス準優勝、ダブルス優勝を記録する。11月19日、全日本テニス選手権の女子シングルスで米村知子を 4-6, 6-4, 6-3 の逆転で破り、「15歳8ヶ月8日」で初優勝。雉子牟田明子と沢松奈生子に続く、大会3番目の年少優勝記録をうちたてた。森田あゆみ フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示