210件中 121 - 130件表示
  • 若生智男

    若生智男から見た森田健作森田 健作

    引退後は広島(1977年二軍投手コーチ, 1978年一軍投手コーチ)、ロッテ(1979年 - 1983年一軍投手コーチ, 1987年一軍投手チーフコーチ)、阪神(1984年・1988年 - 1989年一軍投手コーチ, 1985年二軍投手コーチ, 1986年編成部調査担当)、ダイエー(1990年スカウト, 1990年途中 - 1992年二軍投手コーチ)、横浜(1993年 - 1996年二軍投手コーチ)でコーチ・フロントを歴任。横浜退団後は故郷・仙台に戻り、宮城・東北野球界の御意見番としても活躍。NPO法人「野球振興ふるさと宮城プロ野球選手・OB会」副理事長などを務め、2001年に発足したプロ野球マスターズリーグでは大阪ロマンズの最年長投手としてプレー。2006年には森田健作率いるクラブチーム「千葉熱血MAKING」選手兼任監督に就任したが、チーム運営の意見の食い違いで同年退任。現在はデイリースポーツ評論家の傍ら、千葉県船橋市の中学校と高校で外部コーチを務めている。若生智男 フレッシュアイペディアより)

  • ハルウララ

    ハルウララから見た森田健作森田 健作

    この間、安西は2005年6月に森田健作を応援団長とするプロジェクト「ウララ1勝プロジェクト」を立ち上げ、同月中にハルウララを高知へ戻し2005年中に引退することを発表したり、同年10月に森田を発起人とする「ハルウララ基金」(引退後のハルウララが地方競馬を巡業するための寄付金を募るプロジェクト)の設立を発表するなどしたが、いずれも実現しなかった。なお、ハルウララが移送された「那須トレーニングファーム」場長の広田修司は「高知競馬クラスなら勝たないとおかしいレベルまで仕上げ」たものの馬主サイドは「レースに復帰させず、突然どこかに持って行ってしまった」、「人間の都合で愛玩動物のように扱われ、可哀相」と述べている。ハルウララ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉テレビ放送

    千葉テレビ放送から見た森田健作森田 健作

    カンニング竹山は、「サンミュージックの第1号タレントの森田健作が千葉県知事を務めているためか、サンミュージック所属者が千葉テレビへの出演が多い」と発言している。実際、発言があった2011年(平成23年)2月現在では『熱血BO-SO TV』に森田知事・ブッチャーブラザーズ・小林アナが出演、『カラオケトライアルII』は髭男爵が司会(2011年(平成23年)3月に降板)、竹山自身も東名阪ネット6共同制作の『ねこタクシー』に主演等の例がある。ただし、他プロダクションでもプロダクション人力舎所属中心の『白黒アンジャッシュ』、マセキ芸能社所属中心の『ナイツのHIT商品会議室』、ケイダッシュステージ所属中心の『全開!女子力!!』等がある。千葉テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • ネガティブ・キャンペーン

    ネガティブ・キャンペーンから見た森田健作森田 健作

    2009年(平成21年)3月の千葉県知事選挙において、森田健作陣営が「元気モリモリ 政党より県民第一。」というビラを配布。具体的な候補者名を挙げてはいないもの、「完全無所属」を標榜した森田候補が、政党の推薦を受けていた他候補より県民本位の県政が出来ると訴える内容だった。だが、実際には自民党県議団が組織的に森田陣営を支え、選挙時点で森田は自民党員であるばかりか自らが支部長だった党支部を解散していなかったことから、森田が県知事当選後に有権者が森田知事を告発する事態となった。ネガティブ・キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見た森田健作森田 健作

    中学1年で、入学早々生徒会の副会長に立候補し当選する。部活は森田健作の青春ドラマ「おれは男だ!」に憧れ剣道部に入部。初段をとり、対抗試合にも出場。原田真二 フレッシュアイペディアより)

  • 紀比呂子

    紀比呂子から見た森田健作森田 健作

    『時間ですよ』(TBS)の第1シリーズ15回から出演、16回から降板した川口晶に代わり堺正章、悠木千帆(後の樹木希林)とともにトリオ・ザ・銭湯の一員としてレギュラーとなる。第2シリーズでは、堺正章に片思いするラーメン店の出前持ちを演じ好評を得る。1970年、田舎で卓球に夢中だった少女が国際線の客室乗務員になるまでを描いた人気ドラマ『アテンションプリーズ』に主演し、平均視聴率30%を獲得、一躍お茶の間の人気者となり、三条美紀は、送り出す時や深夜ひとりで帰りを待つときは「女優にするんじゃなかった」と思ったという。その後も『コートにかける青春』、『マドモアゼル通り』『青春をつっ走れ』などの数多くの青春ドラマに主演して人気を博し、テレビ、舞台を中心に多くの作品に出演した。『コートにかける青春』では、母・三条美紀と共演。それまでは紀の方がてれくさいと断っていたものを、スタッフのたっての願いで実現。青春をつっ走れ』の際の劇中のアダ名はアンパン。台本ではクリーム・パンとなっていたが森田健作が発案し、郷ひろみらがそれを後押ししたためアンパンに決定。本人にとっては不本意なアダ名だった。紀比呂子 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のテレビ (日本)

    1977年のテレビ (日本)から見た森田健作森田 健作

    ちちんぷいぷい(出演:加藤剛、長山藍子、音無美紀子、森田健作 他)1977年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 学園ドラマ

    学園ドラマから見た森田健作森田 健作

    おれは男だ!(主演:森田健作) 1971年 - 1972年学園ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 赤かぶ検事奮戦記

    赤かぶ検事奮戦記から見た森田健作森田 健作

    原作どおり、岐阜県高山市の岐阜地方検察庁高山支部が舞台。娘・柊葉子役は倍賞千恵子、赤かぶ検事の相棒となる榊田警部補役は森田健作、敵役で敏腕弁護士の法眼正法(ほうがんまさのり)役は沖雅也。親子の法廷対決は第1話と最終回で行われた。赤かぶ検事奮戦記 フレッシュアイペディアより)

  • 第16回参議院議員通常選挙

    第16回参議院議員通常選挙から見た森田健作森田 健作

    社会党停滞の原因の1つに、PKO協力法に反対する社会党・社会民主連合と、賛成する公明党・民社党・連合の会の間で対立が激化し、選挙協力が進まなかったことがある。東京都選挙区では、PKO協力法賛成を公然と掲げる森田健作が社・民・連・連合4党派の推薦候補となったが、森田の政策・政治姿勢に反対する社会党(主に左派)支持者は弁護士の内田雅敏を支援した。広島県選挙区でも、連合の会に反発した社会党左派を中心に「護憲・ヒロシマの会」が結成され、後に新社会党委員長となる栗原君子を擁立、当選させている。第16回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

210件中 121 - 130件表示