159件中 11 - 20件表示
  • 森田 健作

    森田健作から見た気まぐれ天使

    気まぐれ天使(1976年/日本テレビ)森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た西城秀樹

    情熱の嵐/青春に悔はないか(1973年/RCAビクターレコード)西城秀樹とのジョイント森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た河野洋平

    1992年に大内啓伍の誘いで第16回参議院議員通常選挙に、東京都選挙区から無所属で立候補。連合主導で民社党、社会党、社民連の推薦を受け当選した。当時争点となっていたPKO法案には賛成の立場で、これに反発する社会党・社民連支持者の一部は弁護士の内田雅敏を擁立する分裂選挙となった。当選後特定の会派に所属しない約束で、覚書も締結していた。無所属のまま民社党と会派を組んだが、連合は約束が違うと抗議声明を出した。民社党解党前の1994年には野党時代の自民党に移り、同年6月の内閣総理大臣指名選挙では党議に反して日本社会党委員長の村山富市ではなく、当時自民党総裁の河野洋平に投票した。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た土屋義彦

    2003年秋には、土屋義彦埼玉県知事の辞職に伴う知事選挙への立候補を検討したが、当時所属していた派閥・山崎派の領袖でもある自民党幹事長・山崎拓の説得で断念。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た日本テレビ放送網

    1971年、日本テレビ系の青春ドラマ『おれは男だ!』に主演する。劇中で「剣道に打ち込む実直かつ純朴な青年」を演じ、青春スターとして若い女性から人気を得た。以来、青春映画・テレビドラマに多数出演し、後々「青春の巨匠」と呼ばれるようになる。プロマイドも爆発的に売れ、1971年、1972年、1974年の年間売上実績が男性部門で1位となった。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た松竹

    3ヵ月経ち、福田時雄より黛ジュンのヒット曲である『夕月』が映画化されることとなり、一般公募で彼女の相手役を決める旨を告げられる。応募の条件は18歳?22歳でその選考基準は「男っぽい魅力のスポーツマン」であった。歌手になるべく日々厳しいレッスンを積んで来た栄治にとって映画俳優という方向性の違いに動揺するものの福田に一任する。やがて一時審査である書類選考に通り、二次審査である面接は築地の松竹本社にて行われた、栄治は紺のスーツに赤いネクタイ姿で臨むが緊張のあまりすっかりコチンコチンになってしまい、審査員に対してぎこちなくぶっきら棒な受け答えをしてしまう、だが、それがかえって学生っぽく素朴な印象を与え、実に応募総数6千人(厳密には6300人)の中から選ばれることとなった。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た東映

    松本清張の小さな旅館(1981年/テレビ朝日・東映) - 北原刑事 役森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見たテレビ朝日

    松本清張の小さな旅館(1981年/テレビ朝日・東映) - 北原刑事 役森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見たオリコン

    友達よ泣くんじゃない(1972年1月25日)最大のヒット曲 オリコン最高位2位森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見たサンミュージックプロダクション

    俳優・タレントとしてはサンミュージックに所属。森田健作 フレッシュアイペディアより)

159件中 11 - 20件表示

「森田健作」のニューストピックワード