159件中 61 - 70件表示
  • 森田 健作

    森田健作から見たプロマイド

    1971年、日本テレビ系の青春ドラマ『おれは男だ!』に主演する。劇中で「剣道に打ち込む実直かつ純朴な青年」を演じ、青春スターとして若い女性から人気を得た。以来、青春映画・テレビドラマに多数出演し、後々「青春の巨匠」と呼ばれるようになる。プロマイドも爆発的に売れ、1971年、1972年、1974年の年間売上実績が男性部門で1位となった。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た国会議員

    1992年 参議院議員(東京都選挙区)初当選(民社党会派に属す)森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た東京都第4区

    1998年、新井将敬の自殺に伴う衆議院東京4区補欠選挙に立候補し当選。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、自公保連立下の候補者調整により、自民公認漏れとなったが再選。2000年8月には自身の公設秘書が公職選挙法違反にて逮捕され、連座制適用による自身の失職も想定されたが、東京簡裁にて罰金50万円の略式命令となり、連座制適用は見送られた。2003年の第43回衆議院議員総選挙には立候補せず。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見たI am 日本人

    参議院議員時代の1995年に『地球防衛少女イコちゃん』(文部省選定・防犯教育ビデオ映画)、1996年に『I am 日本人』の企画・製作総指揮を担当(自らも出演)。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た砂の器

    1974年、映画『砂の器』にて、若い刑事役を演じる。1975年以降はそれまでの人気に陰りが出てきたものの、テレビ時代劇『大岡越前』など数々のドラマに出演する。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た民社党

    1992年に大内啓伍の誘いで第16回参議院議員通常選挙に、東京都選挙区から無所属で立候補。連合主導で民社党、社会党、社民連の推薦を受け当選した。当時争点となっていたPKO法案には賛成の立場で、これに反発する社会党・社民連支持者の一部は弁護士の内田雅敏を擁立する分裂選挙となった。当選後特定の会派に所属しない約束で、覚書も締結していた。無所属のまま民社党と会派を組んだが、連合は約束が違うと抗議声明を出した。民社党解党前の1994年には野党時代の自民党に移り、同年6月の内閣総理大臣指名選挙では党議に反して日本社会党委員長の村山富市ではなく、当時自民党総裁の河野洋平に投票した。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た地球防衛少女イコちゃん

    参議院議員時代の1995年に『地球防衛少女イコちゃん』(文部省選定・防犯教育ビデオ映画)、1996年に『I am 日本人』の企画・製作総指揮を担当(自らも出演)。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た刑事

    さっそく栄治は姉・敏子に合格したことを報告、だが父には唄のレッスンを受けていたことすら内密で時機をみて話すつもりだったものの、そうこうしている間にクランクイン当日を迎えてしまう。この頃になるとあちこちの芸能誌で栄治は「期待の新人・森田健作」として登場し始めていたが、芸能界のような浮ついた世界を嫌う潔癖な父にとって知る由もなかった。謹厳な父・亀男は3年前に警視庁本庁の刑事を定年退職し、ちょうど栄治の映画出演が決まった頃は仙台へ旅行している最中(さなか)であった、だがたまたま買った地元のスポーツ新聞で「黛ジュン主演映画 夕月の相手役決まる!」なる記事の森田健作という息子にそっくりな青年の写真に目が留まる「世の中には自分の息子によく似た顔があるものだ!」と感心するのも束の間、続けて経歴を読んだところなんと我が息子であることに気づく。予定を繰り上げ急ぎ帰京した父から栄治は「この親不孝者が!親を騙しておまえはいままでなにをやっていた!お父さんはおまえが真面目に予備校へ通って勉強しているものだとばかり思っていた!親を騙して恥ずかしいとは思わないか!」、と烈火の如く怒り心頭な父を目の当たりにする、そんな父に姉・敏子が割って入り「お父さんは芸能界という所を誤解していらっしゃるわ!映画俳優だって立派な職業です!」と宥める(なだめる)、急ぎ駆け付けた福田は「せっかく決まった栄治君が役から降りるとなれば多くの人達に迷惑がかかります!映画出演はこの1本だけで構いません!」、そして栄治は「来年、再来年、たとえ何年かかっても大学へは進学してみせます!」と懇願、こうしてどうにか3人の熱意が通じ父は渋々納得する。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た蕨市

    大田区立矢口東小学校6年生の夏より、栄治は剣道三段である父・亀男の言い付けから母方の親戚で埼玉県蕨市に道場を構え、最高の位を持つ奥田芳太郎範士の下へ毎週土曜日の午後、早めに夕食を済ませ、電車とバスを乗り継ぎ約2時間かけ泊りがけで通い始める。この道場での修業を通して栄治は「相手と闘う前にまず自分と闘うこと、つまり克己心(こっきしん)を養わねば相手に打ち勝つことは出来ない」ことを身を以って学ぶ。稽古が終わると1?2時間かけ道場の床で正座し、雑念を払い、「無念無想」の境地へと思いを巡らせた。こうして大田区立安方中学校3年生の時には二段の免状を授かり、中学生組の大将として高校生組の大将と対抗試合を行い、栄治は快勝する。森田健作 フレッシュアイペディアより)

  • 森田 健作

    森田健作から見た青春映画

    1971年、日本テレビ系の青春ドラマ『おれは男だ!』に主演する。劇中で「剣道に打ち込む実直かつ純朴な青年」を演じ、青春スターとして若い女性から人気を得た。以来、青春映画・テレビドラマに多数出演し、後々「青春の巨匠」と呼ばれるようになる。プロマイドも爆発的に売れ、1971年、1972年、1974年の年間売上実績が男性部門で1位となった。森田健作 フレッシュアイペディアより)

159件中 61 - 70件表示

「森田健作」のニューストピックワード