331件中 101 - 110件表示
  • チャンスは一度

    チャンスは一度から見た森進一森進一

    1972年12月4日 - 『夜のヒットスタジオ』に初出演した。以来、1988年11月23日放送(曲は『33才』)まで約16年の間で190回にわたり出演した。これは郷ひろみの175回、野口五郎の123回を凌ぎ、新御三家の中では最多で、五木ひろしの222回、森進一の204回に続き、歴代3位の出演回数である。チャンスは一度 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋一俊

    高橋一俊から見た森進一森進一

    小林旭、島倉千代子、北島三郎、森進一、中条きよし、川中美幸、近藤真彦、沖雅也、千昌夫、森田健作、都はるみ、野川由美子、林与一、長門裕之、片桐光洋他、主演作多数高橋一俊 フレッシュアイペディアより)

  • 感謝=∞

    感謝=∞から見た森進一森進一

    森進一のオリジナル曲をカバーした。感謝=∞ フレッシュアイペディアより)

  • 吉沢 京子

    吉沢京子から見た森進一森進一

    森進一特別公演「石松売出す!!恋風道中」吉沢京子 フレッシュアイペディアより)

  • 松下治夫

    松下治夫から見た森進一森進一

    しかし、日本テレビ系列で始まったオーディション番組『スター誕生!』によるホリプロや数年間提携していたジャニーズ事務所など、さらに吉本興業、バーニングプロダクション他のプロダクションの台頭、伊東ゆかり、森進一、木の実ナナ、布施明など人気タレントの相次ぐ独立もあり、1970年代後半から徐々にナベプロ帝国の影響力にかげりが見え始め、1981年に当時、渡辺プロダクション非常勤取締役に就任していた松下治夫は渡辺プロを去っていった。松下治夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第10回日本レコード大賞

    第10回日本レコード大賞から見た森進一森進一

    森岡賢一郎「恋のしずく」(歌・伊東ゆかり)/「花と蝶」(歌・森進一第10回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木照雄 (哲学者)

    鈴木照雄 (哲学者)から見た森進一森進一

    プルタルコス(森進一、加来彰俊共訳)『世界文学大系 第63 (ギリシア思想家集)』筑摩書房、1965鈴木照雄 (哲学者) フレッシュアイペディアより)

  • 燦々ぬまづ大使

    燦々ぬまづ大使から見た森進一森進一

    森進一・森昌子夫妻(当時 第9期)燦々ぬまづ大使 フレッシュアイペディアより)

  • 堺 すすむ

    堺すすむから見た森進一森進一

    森進一 - 「くしゃみを途中で止める」顔真似もある。堺すすむ フレッシュアイペディアより)

  • 矢吹健

    矢吹健から見た森進一森進一

    甲府商業高校卒業後に上京し、作曲家藤本卓也に師事。1968年に藤本作曲の「あなたのブルース」でレコードデビュー。当初プロフィールでは1948年11月2日生まれでデビュー時の年齢を19歳としていたが、1970年代初頭に実際の生年月日に修正している(当初のプロフィール設定の理由は不明であるが、似た歌唱スタイルで1966年にデビューし既に成功していた森進一(1947年生まれ)を意識していた可能性がある)。矢吹健 フレッシュアイペディアより)

331件中 101 - 110件表示

「森進一」のニューストピックワード