331件中 111 - 120件表示
  • 榊いずみ

    榊いずみから見た森進一森進一

    また作詞・作曲家としても、森進一や鈴木紗理奈、上戸彩などに歌詞や曲を提供している。榊いずみ フレッシュアイペディアより)

  • 恋のバッド・チューニング

    恋のバッド・チューニングから見た森進一森進一

    この作品のヒットで全シングルレコードの総売上枚数がついに1000万枚を突破した。これはピンク・レディー(1979年)、森進一(1979年)、山口百恵(1980年)に続いて史上4人目の快挙であった。ただし、ソロ作品に限らずザ・タイガース、PYG時代の売上も通算すると沢田は1977年に1000万枚を突破している。恋のバッド・チューニング フレッシュアイペディアより)

  • 飯沼春樹

    飯沼春樹から見た森進一森進一

    実父は作詞家、作家の川内康範。両親が離婚し、かつ母親が再婚した為、『飯沼』姓は養父の苗字である。2006年(平成18年)に父親の川内と歌手の森進一との間に生じた確執(おふくろさん騒動)の際、父の死後、自らの決断で川内が再婚した妻など遺族関係者から委任状を取るなど事態打開に奔走した。そして、『森進一は今後は川内康範のオリジナル作品のみ歌唱すること』を条件として、『おふくろさん』を含めた川内康範が作詞した全33曲を森進一が歌唱することを承諾したが、その際に「(既に当事者の一方が逝去しているため)和解ではない。これは川内が付けた封印を私が解いただけ」と説明した。飯沼春樹 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌

    GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌から見た森進一森進一

    原曲: 森進一、国内の港町が多数登場するご当地ソングGOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌 フレッシュアイペディアより)

  • サルヴァトール・アダモ

    サルヴァトール・アダモから見た森進一森進一

    1978年には森進一「甘ったれ」を作曲する。サルヴァトール・アダモ フレッシュアイペディアより)

  • 歌謡リクエストショー

    歌謡リクエストショーから見た森進一森進一

    森進一 (1991年4月9日、9月17日、10月29日)歌謡リクエストショー フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤実

    遠藤実から見た森進一森進一

    昭和流れうた (森進一、1985年4月)遠藤実 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座の女

    銀座の女から見た森進一森進一

    「銀座の女」(ぎんざのおんな)は1970年9月に発売された森進一のシングルである。銀座の女 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スペシャル

    ザ・スペシャルから見た森進一森進一

    激突!五木・の素顔 素晴らしきかな歌・唄ザ・スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 城卓矢

    城卓矢から見た森進一森進一

    1966年(昭和41年)1月、城卓矢と改名、心機一転して『骨まで愛して』をリリース、140万枚を売り上げる大ヒットを飛ばして有名歌手の仲間入りを果たす。同曲を原作に川内が脚本を書き、日活が渡哲也を主演に映画『骨まで愛して』を製作、城も本人役で出演し、同年7月9日に公開された。引き続き同年リリースした『あなたの命』でも、同様に作詞の川内の脚本で映画化され、城も出演している。同年12月31日に東京宝塚劇場で行われた第17回NHK紅白歌合戦に初出場を果たす。1967年(昭和42年)5月にはカントリー&ウェスタン調の『トンバで行こう』をリリース、同年から翌1968年(昭和43年)にかけて東映東京撮影所製作の梅宮辰夫主演ものの映画に出演、いずれも助演した。楽曲には他にも森進一『おふくろさん』とは同名異曲の『おふくろさん』や、『夜のブルース』などがある。城卓矢 フレッシュアイペディアより)

331件中 111 - 120件表示

「森進一」のニューストピックワード