397件中 131 - 140件表示
  • 渡辺晋

    渡辺晋から見た森進一森進一

    しかし、日本テレビ系列で始まったオーディション番組『スター誕生!』によるホリプロや、数年間提携していたジャニーズ事務所、さらに吉本興業、バーニングプロダクションなどの台頭、伊東ゆかり、森進一、木の実ナナ、布施明など人気タレントの相次ぐ独立もあり、1970年代後半から徐々にナベプロ帝国の影響力にかげりが見え始めた。また自身の体調悪化(後述)に加え、ワンマン体制が長期化した事や、時代の変貌に対する時流に自身がついていけなくなるようになり、大里洋吉(後にアミューズを創業)や松下等が運営方針の食い違いで対立し社を去るなど、社内においても人事面等での対立等もあり次第に孤立していった。渡辺晋 フレッシュアイペディアより)

  • 青春!!タコ少女

    青春!!タコ少女から見た森進一森進一

    う○こもり - 「てんこ盛り」の代わりに使われる。大抵単独では用いられず、「ハナエモリ」→「森昌子 森進一 は夫婦」と発展する。青春!!タコ少女 フレッシュアイペディアより)

  • 作詞家

    作詞家から見た森進一森進一

    著作権法20条(同一性保持権)により、著作者の意に反する改変は禁じられており、作詞家の許諾を受けた場合を除いて歌詞は「一字一句変えてはならない」。そのため、森進一の「おふくろさん」のように、作詞を手掛けた川内康範に無断で変更した結果、同曲の演奏禁止という事態に発展した例もある(おふくろさん騒動)。作詞家 フレッシュアイペディアより)

  • 明日の刑事

    明日の刑事から見た森進一森進一

    『夜明けの刑事』シリーズ同様、本作でも森進一、太田裕美、世良公則、山口百恵、森昌子、石川さゆりなど、多彩なゲスト出演者が多く、特に1977年12月7日放送の「北の果てに消えたわかれうた」の回では、中島みゆきが自身初となるテレビドラマ出演を果たしている。明日の刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 燦々ぬまづ大使

    燦々ぬまづ大使から見た森進一森進一

    森進一・森昌子夫妻(当時 第9期)燦々ぬまづ大使 フレッシュアイペディアより)

  • ぶるうたす

    ぶるうたすから見た森進一森進一

    「筋肉漫談」だけでなく、「ものまね芸」も行い、レパートリーは「森進一」「前川清」「小林旭」など、営業の舞台で培ったオーソドックスな人物が得意である。ぶるうたす フレッシュアイペディアより)

  • 郷ひろみの宴ターテイメント

    郷ひろみの宴ターテイメントから見た森進一森進一

    第一回(1989年4月19日):森進一、沢田研二、八代亜紀、中山美穂、長山洋子、※衛星中継(香港)テレサ・テン郷ひろみの宴ターテイメント フレッシュアイペディアより)

  • 日本暴力団 組長

    日本暴力団 組長から見た森進一森進一

    『夜の歌謡シリーズ』第6作で、森進一のヒット曲『港町ブルース』を映画化。森進一も助演。日本暴力団 組長 フレッシュアイペディアより)

  • 花と炎/人生一路

    花と炎/人生一路から見た森進一森進一

    「花と炎/人生一路」(はなとほのお/じんせいいちろ)は、1970年1月10日に発売された美空ひばりのシングル盤レコードである。両曲とも、松竹映画『美空ひばり・森進一の花と涙と炎』の主題歌として製作されたものである。花と炎/人生一路 フレッシュアイペディアより)

  • 第19回NHK紅白歌合戦

    第19回NHK紅白歌合戦から見た森進一森進一

    カラーの現存映像はキネコ(フィルム映像)で記録されたものであり、これはNHKの外部に現存しているものとされている。このカラー映像は、1980年代前半に放送された「NHK歌謡ホール」の中で、森進一が「花と蝶」を歌うシーンを紹介する際に使用されたことがある。しかし、保存状態は悪く、傷や劣化部分が多い。また、完全版であるかどうかは不明である。さらに、BS2で毎年年末に行われている生放送の紅白の電リク特番で今回の白黒映像が紹介された際に、ゲストの水前寺が「(今回の)カラー映像も残っておるんですけど」と発言していたが、このカラー映像についての話であると考えられる。第19回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

397件中 131 - 140件表示

「森進一」のニューストピックワード