331件中 11 - 20件表示
  • 第57回NHK紅白歌合戦

    第57回NHK紅白歌合戦から見た森進一森進一

    森昌子:5年ぶりの出場。今回は歌手復帰後の初めての出場となり、元夫(2005年離婚)・森進一との同時出演だった。第57回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第41回NHK紅白歌合戦

    第41回NHK紅白歌合戦から見た森進一森進一

    上述のように話題のアーティストに対して多くの演奏時間が用意された反面、番組進行は、本格的に放送時間を拡大した初めての年であるにも関わらず、司会の曲紹介や応援ゲストの出演時間の割愛・短縮、また本編の歌手の歌の時間も本来2コーラス披露する予定となっていたものを、1コーラス半に短縮せざるをえなくなるなど、相当に慌しいものとなってしまった。特に植木等の「スーダラ伝説」はフルコーラスの10分41秒から4分50秒にまで短縮させられた。このことから、常連の紅白出場歌手や関係者の多くからも「衛星中継の多用」や「演奏時間の不均衡」につき少なからず不満・批判が主張され、特に上記の長渕に関しては、多くの常連出場歌手との間で「遺恨」を残す結果となってしまった(長渕はその後、2003年・第54回にて13年ぶりに出場。このときは前回の反省から曲は1曲のみ、しかも森進一の応援演奏・コーラスを率先して行うなど一転して「紳士的」ともいえる対応を見せ、このときの遺恨はある程度解消される格好となった)。第41回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 襟裳岬 (森進一の曲)

    襟裳岬 (森進一の曲)から見た森進一森進一

    「襟裳岬」(えりもみさき)は森進一の歌である。1974年1月にシングルとして発売された。「港町ブルース」「おふくろさん」「冬のリヴィエラ」などと並び、森進一を代表する人気曲の一つである。第16回日本レコード大賞と第5回日本歌謡大賞の大賞を受賞した。襟裳岬 (森進一の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 五木ひろし

    五木ひろしから見た森進一森進一

    「明日の愛」は、テレビドラマの主題歌として発売になったもの。「みれん」は最高位6位、登場週数22週、35万枚を超える売上げを記録。この曲で第2回FNS歌謡祭'74音楽大賞下期最優秀視聴者賞(2期連続2回目)、第2回FNS歌謡祭'74音楽大賞年間最優秀グランプリ(初受賞)、第16回日本レコード大賞最優秀歌唱賞(初受賞)を受賞。第7回日本レコードセールス大賞LPゴールデン賞を受賞。日本レコード大賞と日本歌謡大賞とでその年の受賞曲が割れるという、同等規模のヒット曲を連発する歌手に特有の現象が1972年から3年連続して発生し、五木と関係者らを苦悩させる。大賞を巡っては、五木のほか、森進一、沢田研二、布施明の当時“四天王”と呼ばれていた同い年の実力派歌手4人の間で争奪戦が繰り広げられていたが、五木を除く3人が全員渡辺プロダクションに所属していたこともあり、森進一と五木の二人に候補が絞られた。特に日本レコード大賞を巡る森と五木の一騎打ちは熾烈を極め、当時の事情を知る関係者の間では、“日本レコード大賞史上最大の激戦”として語り草になっている。歌手としての力量やレコードの売上げ、一年間を通しての活躍度等は“互角”との評価であったが、当時の審査システムが“無記名投票”を採用していたこともあり、事態は次第に両陣営間に於ける“場外バトル”の様相を呈していく。当時の新聞や雑誌には、一連の騒動について、“買収”や“札束が飛び交う”、“札束攻勢”などの記述がある。最終的には、前年に大賞を獲得している五木がまだ受賞していない「最優秀歌唱賞を欲しい!」と宣言し照準を変更することにより、大賞候補として1968年から1971年まで4年連続でノミネートされながらもすべて逃しているところから「今度こそは何が何でも大賞を!」と意気込む森に大賞を譲ったものといわれている。五木ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 大瀧詠一

    大瀧詠一から見た森進一森進一

    『冬のリヴィエラ』(作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一/ストリングスアレンジ:前田憲男/歌:森進一大瀧詠一 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー

    伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナーから見た森進一森進一

    フリートークとFAXでの募集から派生、新世紀に残しておきたくない物事を投稿するコーナーで、時間の都合でよくコーナーをとばされながらも21世紀に入る直前に終了した。最終回ではそれまでに採用された99個の「逆世界遺産」が披露されたが、最後の1個はギャグ抜きの「いじめ」(それ以前にも「腐敗した政治家」というのもあった)が選ばれ、伊集院は当時としても古いCMネタで「かっこ悪いからね」という「正論」を盾に押し切るというネタでしめた。逆世界遺産として認定されたものとしては、「森進一・五木ひろしのモノマネ」「西田ひかるの歌」「フミヤート」「アメリカから来るダンスソング・ダンスブーム」「中日ドラゴンズのサンデーユニフォーム」「神田うののオリジナル・ブランド」「トゥナイト発のエロ言葉」など。なおオープニングには、『世界遺産』(TBS系『THE世界遺産』の前身)のテーマ曲であった鳥山雄司の「The Song of Life」が流されていた。2000年1月17日(第223回) - 2000年12月25日(第272回)。伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー フレッシュアイペディアより)

  • 里村龍一

    里村龍一から見た森進一森進一

    中学校を卒業後、漁師をしていたが、たまたま船で見た週刊誌に出ていた「森進一の新曲歌詞募集」に応募して優勝。その後、作曲家の猪俣公章にスカウトされて1976年に上京、弟子入りする。里村龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 細川 たかし

    細川たかしから見た森進一森進一

    北海道虻田郡真狩村(まっかりむら)出身。歌手を志したきっかけとなったのは、井沢八郎のヒット曲『北海の満月』を聴いてからであった。中学校の卒業アルバムに『北海の心 満月の姿』と書いたほど少年時代の細川はこの曲が大好きであった。後に『北海の満月』の作詞&作曲コンビで『満天の舟歌』を歌っている。上京する前は、札幌・すすきののクラブを中心に歌手活動を行っていた。雰囲気が森進一に似ていたことから“札幌の森進一”と呼ばれていた。その活動に東京の芸能プロダクションが着目し、上京してメジャーデビューする。歌手になるため、「1年で売れなかったら戻る」と約束して妻子を残し、北海道から上京した。細川たかし フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の音楽

    1969年の音楽から見た森進一森進一

    最優秀歌唱賞 森進一/港町ブルース、最優秀新人賞 ピーター/夜と朝のあいだに1969年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見た森進一森進一

    2010年5月に復帰第一作としてAAAの楽曲「逢いたい理由/Dream After Dream 〜夢から醒めた夢〜」をプロデュース。また翌6月には森進一への提供楽曲が発売されることがマスメディア、及び5月2日付の小室のtwitterにて明らかとなった。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

331件中 11 - 20件表示

「森進一」のニューストピックワード