331件中 21 - 30件表示
  • コロッケ

    コロッケ (タレント)から見た森進一森進一

    「ヴェ?!」と言いながら頭を開く森進一コロッケ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 島倉千代子

    島倉千代子から見た森進一森進一

    紅白歌合戦の通算出場回数では、北島三郎が1999年(第50回)で通算36回目の出場を果たし島倉の記録を追い越すまで、それまで歴代第1位の記録を保持していた。現在は北島三郎・森進一・五木ひろし・細川たかし・和田アキ子に次ぎ、石川さゆりと並んで歴代第6位タイ記録である。さらに紅組歌手の中でも長年島倉が最多出場記録を誇っていたが、2012年(第62回)で和田アキ子が島倉を越え紅組歌手として史上最多の36回目の出場を果たしており、現在紅組歌手では石川さゆりと同じ歴代2位タイの出場記録となっている。島倉千代子 フレッシュアイペディアより)

  • 森 昌子

    森昌子から見た森進一森進一

    栃木県宇都宮市出身。宇都宮市立細谷小学校から御田小学校に移り卒業、港中学校(現:三田中学校)から小野学園女子高等学校に進学し、堀越高等学校に移り卒業。前夫は森進一。長男はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリストである森田貴寛。次男はテレビ東京に勤務するサラリーマン、三男は森内寛樹。森昌子 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺プロダクション

    渡辺プロダクションから見た森進一森進一

    いまも斯業では国内有数の規模を誇る同社だが、1960年代から1970年代にかけて「渡辺プロなくしては歌番組やバラエティ番組は作れない」と言われるほどの「一人勝ち」状態を誇っていた。ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツ、ザ・ドリフターズ(これら3グループを総称し「渡辺プロ3大タレント」と呼ぶこともあるが、ザ・ドリフターズはナペプロ創成期から在籍していた前者二組の後輩にあたり、さらに1979年に系列事務所「イザワオフィス」に移籍しているため、クレージーキャッツとザ・ピーナッツで2大タレントではないかという声やザ・タイガースやキャンディーズも入れるべきだという評論家の声も根強い)、園まり、沢田研二、布施明、森進一、小柳ルミ子、天地真理、キャンディーズ等の大スターを多数抱え、番組も多数制作した。渡辺プロダクション フレッシュアイペディアより)

  • 大原麗子

    大原麗子から見た森進一森進一

    8月23日、東京の青山葬儀所で「お別れの会」が開かれ、森光子、石井ふく子、浅丘ルリ子らが発起人となり、元夫である渡瀬恒彦や森進一のほか、八千草薫、徳光和夫、加藤和也、井上順、堺正章、松原智恵子、音無美紀子、浅野ゆう子、中村雅俊らが参列。大原が実の姉のように慕っていた浅丘は弔辞を述べ、浅丘が骨折した大原を見舞いに訪れると、大原が早く会いに来てほしかったと抱きついて怒りながら号泣していたことを明かした。また高倉健は、この時参列しなかったが、10月に墓参に訪れている。戒名は花香院麗風妙舞大姉。大原麗子 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回NHK紅白歌合戦

    第45回NHK紅白歌合戦から見た森進一森進一

    吉田拓郎が初出場。それに伴い日野皓正(トランペット)、渡辺香津美(エレキギター)、宮川泰(キーボード)、日野元彦(ドラム)、大西順子(ピアノ)、石川鷹彦(アコースティックギター)、金沢英明(ウッドベース)、吉田建(ベース)という大物ミュージシャンがバックバンドを務めた。コーラスとして、森進一、五木ひろし、前川清が参加するなど、初出場ながら、NHKが長年出場を心待ちにしてきた歌手が出演するとあって、特別待遇とも云える扱いがなされた。第45回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 宮尾すすむ

    宮尾すすむから見た森進一森進一

    森進一のショーなどで歌手の司会などを務めた後、タレントとしてテレビに進出しバラエティ番組の司会やリポーターなどの仕事を中心に活躍。特にフジテレビ系『スターどっきり(秘)報告』のレポーターとして一気に名を馳せた。宮尾すすむ フレッシュアイペディアより)

  • ZARD Album Collection 〜20TH ANNIVERSARY〜

    ZARD Album Collection 〜20TH ANNIVERSARY〜から見た森進一森進一

    プレミアムディスクには、初CD化となるTVオンエアバージョンや、別アレンジバージョンのほか、森進一への提供曲「さらば青春の影よ」の坂井泉水ボーカルによるデモ音源、坂井泉水作曲のデモ音源を収録。ZARD Album Collection 〜20TH ANNIVERSARY〜 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永暁人

    徳永暁人から見た森進一森進一

    2001年 - この頃から倉木麻衣への楽曲提供(作曲、編曲)が始まる。「Stand Up」、「Winter Bells」、「Feel fine!」、『Fairy tale 〜my last teenage wish〜』などオリコン1、2位にランク入りする曲を生み出していく。併せて愛内里菜、三枝夕夏 IN db、上木彩矢他多数のアーティストへの作・編曲家としての提供が続く。また、プログラミング技術も高いアレンジャー(編曲家)として、B'zの松本孝弘、稲葉浩志のソロ作品、TUBE、小松未歩、宇徳敬子、KAT-TUN、BREAKERZ、MISIA、Fayray、森進一などの曲の編曲(だけ)も手掛けている。徳永暁人 フレッシュアイペディアより)

  • 森進伍

    森進伍から見た森進一森進一

    森進伍(もり しんご、1947年5月22日 - )は、日本のものまねタレント、歌手。本名は胡濱勲(えびすはま いさお)。広島県安芸高田市出身。森進一のモノマネで知られている。森進伍 フレッシュアイペディアより)

331件中 21 - 30件表示

「森進一」のニューストピックワード