397件中 21 - 30件表示
  • はたけ(シャ乱Q)

    はたけから見た森進一森進一

    歌謡曲はもちろんハードロックから演歌まで幅広い音楽性を活かし、工藤静香、森進一、真琴つばさなど数多くのアーティストのプロデュース、アレンジ、楽曲提供も行っている。カーマイン・アピス、ドン・ドッケン、ザック・ワイルド、ポール・ギルバートら海外のミュージシャンとのレコーディングやセッションも多く行っている。はたけ フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー

    伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナーから見た森進一森進一

    フリートークとFAXでの募集から派生、新世紀に残しておきたくない物事を投稿するコーナーで、時間の都合でよくコーナーをとばされながらも21世紀に入る直前に終了した。最終回ではそれまでに採用された99個の「逆世界遺産」が披露されたが、最後の1個はギャグ抜きの「いじめ」(それ以前にも「腐敗した政治家」というのもあった)が選ばれ、伊集院は当時としても古いCMネタで「かっこ悪いからね」という「正論」を盾に押し切るというネタでしめた。逆世界遺産として認定されたものとしては、「森進一・五木ひろしのモノマネ」「西田ひかるの歌」「フミヤート」「アメリカから来るダンスソング・ダンスブーム」「中日ドラゴンズのサンデーユニフォーム」「神田うののオリジナル・ブランド」「トゥナイト発のエロ言葉」など。なおオープニングには、『世界遺産』(TBS系『THE世界遺産』の前身)のテーマ曲であった鳥山雄司の「The Song of Life」が流されていた。2000年1月17日(第223回) - 2000年12月25日(第272回)。伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・スター リバイバル

    ザ・スター リバイバルから見た森進一森進一

    地上波放送時代には美空ひばり、北島三郎、五木ひろし、森進一、西城秀樹、桜田淳子、松田聖子などといった当時の一線級歌手が出演した。ザ・スター リバイバル フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た森進一森進一

    1966年発表の「柳ヶ瀬ブルース」(美川憲一)は、その後レコード吹き込みをしたところ、有線放送を通じてローカルなヒットになった。このヒットは、地元の有線放送のヒットが全国区の大手レコード会社から発売される、というボトムアップ方式のヒットであり、レコード会社主導の上からのヒット曲という従前のモデルとは異なるものであった。また、有線放送は盛り場でかかることが多いため、有線放送は艶歌の重要な市場となった。美川のヒット以降、「ブルース」と名付けられたご当地ソングが続けて出される。同年にデビューした青江三奈と森進一はともに地方の洋風盛り場のイメージに合致しており、ともにブルースを相次いで発表した。これらのブルースの流行は、高度経済成長に伴う地方都市の小都会化に起因しているとされる。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 襟裳岬

    襟裳岬から見た森進一森進一

    森進一が唄い、第16回日本レコード大賞を受賞した「襟裳岬」(1974年、岡本おさみ作詞・吉田拓郎作曲)で、一躍有名となった。襟裳岬 フレッシュアイペディアより)

  • 中山大三郎

    中山大三郎から見た森進一森進一

    さざんか(歌:森進一、作詞:中山大三郎/作曲:猪俣公章)中山大三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮尾すすむ

    宮尾すすむから見た森進一森進一

    森進一のショーなどで歌手の司会などを務めた後、タレントとしてテレビに進出しバラエティ番組の司会やリポーターなどの仕事を中心に活躍。特にフジテレビ系『スターどっきり(秘)報告』のレポーターとして一気に名を馳せた。宮尾すすむ フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た森進一森進一

    また、常連歌手がある時点で自発的に「勇退」を宣言、翌年から出演を取り止める例(北島三郎、森進一など)もある。最後の出場回の前に宣言した時には、最後のステージとして花を添えることも可能である。一方で、落選したのを契機に「勇退」を宣言するケースもある。常連歌手など功労者を落選させる場合、番組側が該当歌手の名誉のために、公式には「辞退した」ことにさせる場合がある。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第66回NHK紅白歌合戦

    第66回NHK紅白歌合戦から見た森進一森進一

    紅白勇退を宣言した森進一が曲の最後に「母さーん!」と絶叫する場面があった。第66回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 細川 たかし

    細川たかしから見た森進一森進一

    北海道虻田郡真狩村(まっかりむら)出身。歌手を志したきっかけとなったのは、井沢八郎のヒット曲『北海の満月』を聴いてからであった。中学校の卒業アルバムに『北海の心 満月の姿』と書いたほど少年時代の細川はこの曲が大好きであった。後に『北海の満月』の作詞&作曲コンビで『満天の舟歌』を歌っている。上京する前は、札幌・すすきののクラブを中心に歌手活動を行っていた。雰囲気が森進一に似ていたことから“札幌の森進一”と呼ばれていた。その活動に東京の芸能プロダクションが着目し、上京してメジャーデビューする。歌手になるため、「1年で売れなかったら戻る」と約束して妻子を残し、北海道から上京した。細川たかし フレッシュアイペディアより)

397件中 21 - 30件表示

「森進一」のニューストピックワード