397件中 31 - 40件表示
  • 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

    爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルから見た森進一森進一

    オーディションで厳選した有名人の顔も声もそっくりなものまねタレントや素人が歌ものまねを披露するコーナー。本戦と同様で、全出場者が'と'に平等に分けられて、紅白2組(放送回によっては3組の場合あり)ずつ披露後に審査を行う。2001年12月25日の放送よりスタートした。行われる頻度は不定期だが、主に年末年始での放送で行われていた。「顔だけそっくりさん大集合」と同様で、コーナーの司会は“紅白マン”こと山口智充が務めていたが、山口が番組降板後は番組の司会者の今田・東野が継いでいる。後に、コーナーが人気で好評であることに伴い、『顔も声もご本人と一緒! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と題して、このコーナーをメインとした番組として独立して不定期放送されていた。このコーナーにはこれまでに、北島三郎、美空ひばり、美川憲一、森進一、沢田研二、矢沢永吉、小田和正、松田聖子、中森明菜、浜崎あゆみなどのそっくりさんが度々出演して、ものまねを披露している。爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 森 昌子

    森昌子から見た森進一森進一

    前夫は森進一。長男はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリストであるTakaこと森内貴寛。次男はテレビ東京に勤務するサラリーマン、三男はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストであるHiroこと森内寛樹。森昌子 フレッシュアイペディアより)

  • 綾小路 きみまろ

    綾小路きみまろから見た森進一森進一

    日劇より漫談家としてデビューする。同郷の森進一や、小林幸子、伍代夏子などのコンサートの司会を務める。この頃からサービスエリアで休息中の観光バスに自作の漫談テープを配布しており、主に山梨県内や静岡県の御殿場周辺で配布していた。綾小路きみまろ フレッシュアイペディアより)

  • コロッケ

    コロッケ (タレント)から見た森進一森進一

    「ヴェ〜!」と言いながら頭を開く森進一コロッケ (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • 襟裳岬 (森進一の曲)

    襟裳岬 (森進一の曲)から見た森進一森進一

    「襟裳岬」(えりもみさき)は、1974年1月に発売された森進一のシングルである。襟裳岬 (森進一の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の音楽

    1969年の音楽から見た森進一森進一

    最優秀歌唱賞 森進一/港町ブルース、最優秀新人賞 ピーター/夜と朝のあいだに1969年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見た森進一森進一

    2010年5月に復帰第一作としてAAAの楽曲「逢いたい理由/Dream After Dream 〜夢から醒めた夢〜」をプロデュース。また翌6月には森進一への提供楽曲が発売されることがマスメディア、及び5月2日付の小室のtwitterにて明らかとなった。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 西城秀樹

    西城秀樹から見た森進一森進一

    1981年1月4日 - 1月5日、大阪・厚生年金ホールにて新春コンサートを開催。4月6日、「リトルガール」で30作目のベストテン入り(オリコン史上初)。続く「セクシーガール」でシングルレコードのトータルセールスが1,000万枚を突破(オリコンの集計では1982年の「南十字星」により同記録を達成、ピンク・レディー(1979年)、森進一(1979年)、山口百恵(1980年)、沢田研二(1980年)に続く史上5人目)。「セクシーガール」の発売キャンペーンも兼ね『BIG SUNSHINE '81』と題した沖縄・ムーンビーチでのコンサートを開催。海から水上オートバイにて登場。西城秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山口貴光

    山口貴光から見た森進一森進一

    1993年7月21日BMGビクター(現在:BMG JAPAN)より山口貴光として「心はひとつ」でデビューを果たし、セカンドシングル「夜明け」(1995年5月24日)、サードシングル「雨の出船」(1996年8月21日)をリリース。当時の所属プロダクションは森進一の個人事務所・森音楽事務所。山口貴光 フレッシュアイペディアより)

  • 森内一寛

    森内一寛から見た森進一森進一

    森内一寛 フレッシュアイペディアより)

397件中 31 - 40件表示

「森進一」のニューストピックワード