331件中 31 - 40件表示
  • 山口貴光

    山口貴光から見た森進一森進一

    1993年7月21日BMGビクター(現在:BMG JAPAN)より山口貴光として「心はひとつ」でデビューを果たし、セカンドシングル「夜明け」(1995年5月24日)、サードシングル「雨の出船」(1996年8月21日)をリリース。当時の所属プロダクションは森進一の個人事務所・森音楽事務所。山口貴光 フレッシュアイペディアより)

  • 森内一寛

    森内一寛から見た森進一森進一

    森内一寛 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ナイト・クラブ

    東京ナイト・クラブから見た森進一森進一

    フランク永井は1957年から1982年まで、松尾和子も1960年から1962年までそれぞれNHK紅白歌合戦に出場しているが、この曲は両人によってNHK紅白歌合戦で披露されたことがない。しかし、1981年の第32回NHK紅白歌合戦のハーフタイムショーにて、五輪真弓と五木ひろし、河合奈保子と森進一が「東京ナイト・クラブ」を歌唱している。東京ナイト・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 女心の唄

    女心の唄から見た森進一森進一

    ほかにも、森進一、美空ひばり、田端義夫、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、青江三奈、天童よしみ、増位山太志郎、大月みやこ、三橋美智也らがカヴァーしている。なかでも美空ひばりの『女心の唄』は、1995年(平成7年)5月29日発売の45枚組CD-BOX『二十世紀の宝物 美空ひばり珠玉集』のDISC21に収録され、CD化されている。女心の唄 フレッシュアイペディアより)

  • 宇多川都

    宇多川都から見た森進一森進一

    1986年4月21日ビクター音楽産業(現在:ビクターエンタテインメント)より、本名「浦上幹子」でデビューを果たす(デビュー曲:「KUMIKO」)。アルバムカセット「幹子First」(1986年9月5日)、シングル「夢流れ」(1986年11月1日)をリリースした後、芸名を「浦上裕里子」に改名し、シングル「少女さすらい」(1989年7月21日)、「花酒場」(1990年2月21日)をリリース。当時所属プロダクションは、森進一の個人事務所森音楽事務所に所属。宇多川都 フレッシュアイペディアより)

  • BORO

    BOROから見た森進一森進一

    森進一「セピアの雨」BORO フレッシュアイペディアより)

  • 美貌の都 (郷ひろみの曲)

    美貌の都 (郷ひろみの曲)から見た森進一森進一

    オリコンでは辛うじてBEST20にランクされ、セールスは10万枚にも届かなかったが、この作品のヒットにより全てのシングルレコードの総売上枚数がついに1000万枚を突破した。これはピンク・レディー(1979年)、森進一(1979年)、山口百恵(1980年)、沢田研二(1980年)、西城秀樹(1982年)に続いて史上6人目の快挙であった。美貌の都 (郷ひろみの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 轟進一

    轟進一から見た森進一森進一

    轟 進一(とどろき しんいち、1959年10月1日 - )は、森進一のものまねで知られるものまねタレント。本名・安藤年男。千葉県出身。血液型O型。轟進一 フレッシュアイペディアより)

  • 久保木脩一朗

    久保木脩一朗から見た森進一森進一

    1995年 森進一が主宰する『じゃがいもの会』の事業で原田直之とカンボジアのアンコール・ワットで公演した。久保木脩一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 石川敏男

    石川敏男から見た森進一森進一

    2010年9月末までは、読売テレビ制作・全国ネットの『情報ライブ ミヤネ屋』に、金曜日の芸能コーナーにおいて、芸能デスクとして駒井千佳子または原田智恵と2人で担当しており、注目の芸能人の取材・インタビューにリポーターとして出演することもあった(2008年4月6日に川内康範死去時における「おふくろさん騒動」の当事者となった森進一の自宅前での中継や、同年10月の泰葉の元夫(春風亭小朝)に対する『金髪豚野郎』発言などに関する本人への直撃インタビューなど)。石川敏男 フレッシュアイペディアより)

331件中 31 - 40件表示

「森進一」のニューストピックワード