397件中 51 - 60件表示
  • チャンスは一度

    チャンスは一度から見た森進一森進一

    1972年12月4日 - 『夜のヒットスタジオ』に初出演した。以来、1988年11月23日放送(曲は『33才』)まで約16年の間で190回にわたり出演した。これは郷ひろみの175回、野口五郎の123回を凌ぎ、新御三家の中では最多で、五木ひろしの222回、森進一の204回に続き、歴代3位の出演回数である。チャンスは一度 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ナイト・クラブ

    東京ナイト・クラブから見た森進一森進一

    フランク永井は1957年から1982年まで、松尾和子も1960年から1962年までそれぞれNHK紅白歌合戦に出場しているが、この曲は両人によってNHK紅白歌合戦で披露されたことがない。しかし、1981年の第32回NHK紅白歌合戦のハーフタイムショーにて、五輪真弓と五木ひろし、河合奈保子と森進一が「東京ナイト・クラブ」を歌唱している。東京ナイト・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 華 陽子

    華陽子から見た森進一森進一

    森進一新春公演『坊ちゃん』 - マドンナ (2001年)華陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 今はまだ人生を語らず

    今はまだ人生を語らずから見た森進一森進一

    森進一に提供し大ヒットとなった「襟裳岬」、猫に提供した「戻ってきた恋人」、かまやつひろしとデュエットした「シンシア」(シンシアとは南沙織のこと)などが収録されている。今はまだ人生を語らず フレッシュアイペディアより)

  • 新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて

    新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべてから見た森進一森進一

    命かれても/森進一のカバー新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて フレッシュアイペディアより)

  • 蒲郡市民体育センター

    蒲郡市民体育センターから見た森進一森進一

    落成記念行事にはフランク永井、倍賞千恵子、森進一らが出演した。蒲郡市民体育センター フレッシュアイペディアより)

  • 今、失われたものを求めて

    今、失われたものを求めてから見た森進一森進一

    このアルバムから6月には『電話』がシングル・カットされた。また、1984年には森進一が『待たせたね』をシングルとしてカバーした。今、失われたものを求めて フレッシュアイペディアより)

  • 小山ルミ

    小山ルミから見た森進一森進一

    また、ビクターから『はじめてのデート』で歌手としてもデビューし、のちにテイチク移籍後『さすらいのギター』などがヒット。1971年には、人気歌手・森進一のアメリカ公演にもゲストとして参加している。独特のグルーヴ感のあるボーカルは現在でも根強い人気がある。小山ルミ フレッシュアイペディアより)

  • 恋のバッド・チューニング

    恋のバッド・チューニングから見た森進一森進一

    この作品のヒットで全シングルレコードの総売上枚数がついに1000万枚を突破した。これはピンク・レディー(1979年)、森進一(1979年)、山口百恵(1980年)に続いて史上4人目であった。ただし、ソロ作品に限らずザ・タイガース、PYG時代の売上も通算すると沢田は1977年に1000万枚を突破している。恋のバッド・チューニング フレッシュアイペディアより)

  • 女心の唄

    女心の唄から見た森進一森進一

    ほかにも、森進一、美空ひばり、田端義夫、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、青江三奈、天童よしみ、増位山太志郎、大月みやこ、春日八郎、三橋美智也らがカヴァーしている。なかでも美空ひばりの『女心の唄』は、1995年(平成7年)5月29日発売の45枚組CD-BOX『二十世紀の宝物 美空ひばり珠玉集』のDISC21に収録され、CD化されている。女心の唄 フレッシュアイペディアより)

397件中 51 - 60件表示

「森進一」のニューストピックワード