前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示
  • 森進一

    森進一から見た大原麗子

    大原麗子、森昌子との結婚歴があり(いずれもその後離婚)、昌子との間にできた3人の息子のうち、長男森田貴寛はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリスト、次男森内智寛はテレビ東京の社員、三男森内寛樹はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストである。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た松本隆松本 隆

    演歌歌手という括りで扱われることが多いものの、本人は演歌歌手と呼ばれるのは不愉快とし、流行歌手であるとしている。そのため、演歌の枠に捉われず常に新たな音楽の領域に挑戦し続ける幅広い音楽性の持ち主でもある。一聴して森とわかる、独特のハスキーボイスを特徴とする。「演歌の枠にとらわれず、いい音楽であれば何の障壁もなく耳を傾け、自分の世界に取り込みたい」という彼の思いに共感する松本隆、大瀧詠一など他ジャンルのアーティスト達と積極的に交流し、提供曲を精力的に歌い、発表した。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た大瀧詠一

    演歌歌手という括りで扱われることが多いものの、本人は演歌歌手と呼ばれるのは不愉快とし、流行歌手であるとしている。そのため、演歌の枠に捉われず常に新たな音楽の領域に挑戦し続ける幅広い音楽性の持ち主でもある。一聴して森とわかる、独特のハスキーボイスを特徴とする。「演歌の枠にとらわれず、いい音楽であれば何の障壁もなく耳を傾け、自分の世界に取り込みたい」という彼の思いに共感する松本隆、大瀧詠一など他ジャンルのアーティスト達と積極的に交流し、提供曲を精力的に歌い、発表した。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た森昌子森 昌子

    大原麗子、森昌子との結婚歴があり(いずれもその後離婚)、昌子との間にできた3人の息子のうち、長男森田貴寛はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリスト、次男森内智寛はテレビ東京の社員、三男森内寛樹はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストである。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見たテレビ東京

    大原麗子、森昌子との結婚歴があり(いずれもその後離婚)、昌子との間にできた3人の息子のうち、長男森田貴寛はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリスト、次男森内智寛はテレビ東京の社員、三男森内寛樹はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストである。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た谷村新司

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た井上陽水

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た川内康範

    1969年(昭和44年)には全国の港町の情景を織り込んだ「港町ブルース」を発表。22歳の若さで第11回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞、さらに出場2回目にしてこの年の第20回NHK紅白歌合戦のトリを務めた。1971年(昭和46年)には「おふくろさん」(作詞・川内康範、作曲・猪俣公章)が生まれ、この曲により2度目の歌唱賞を受賞した(第13回日本レコード大賞最優秀歌唱賞)。第22回NHK紅白歌合戦出演。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た小室哲哉

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た遠藤実

    昭和流れうた 1985年4月5日 作詞:いではく/作曲:遠藤実/編曲:斉藤恒夫森進一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示

「森進一」のニューストピックワード