195件中 21 - 30件表示
  • 森進一

    森進一から見た美空ひばり

    1968年(第19回)紅白歌合戦に初出場して以来、2011年(第62回)の紅白まで44回連続出場をしており、これは連続出場記録としては歴代第1位の記録である。通算出場回数も北島三郎に次いで第2位。初めてトリを務めたのは、出場2回目である1969年(第20回)の「港町ブルース」で、白組トリ歴代最年少記録を持つ。トリ通算出場回数は9回で、美空ひばり、五木ひろし(いずれも13回)、北島三郎(12回)に次いで歴代第4位。トップバッターは2回務めている。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た石川さゆり石川 さゆり

    2009年(平成21年)11月25日には尾崎豊の「I LOVE YOU」や石川さゆりの「天城越え」など、演歌からJ-POPまで様々なジャンルの曲を集めたカバーアルバム『Love Music』をリリースした。コブクロの「蕾」では、自身初の多重録音によるハーモニーを聴かせている。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見たまこと (ミュージシャン)まこと(シャ乱Q)

    夜の無言(しじま) 1996年8月21日 作詞:まこと/作曲:はたけ/編曲:十川知司森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た荒木とよひさ

    悲しいけれど 1987年7月1日 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:川口真森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た小林幸子小林 幸子

    離婚後、新しい挑戦として社会福祉活動「じゃがいもの会」を設立した。デビュー当時より面識があり、社会福祉活動に力を注ぎその前年からユニセフ親善大使の職を拝命されていた黒柳徹子がこれに賛同した。さらに歌手仲間である原田直之、小林幸子、森昌子らが参加した。この「じゃがいもの会」での活動により歌手以外の社会的活動家としての「森内一寛(本名)」の一面が開花し、1998年(平成10年)の長野オリンピックの委員会理事、カンボジア地雷除去キャンペーン活動の発起人、在日外国人を支援援助する社会福祉法人「さぽうと21」の理事など、以後数多くの福祉・社会的活動に参画している。この活動には独立当初の騒動で迷惑を掛けた人々への感謝と贖罪の意味があったと言う。この活動は新しい出会いを作るきっかけともなり、約1年半の交際を経て、1986年(昭和61年)9月に森昌子と結婚した。昌子はこれを機に歌手を引退。3児を授かり非常に仲睦まじい森夫妻の在り方は、一般に理想的な家庭像・夫婦像のイメージとして広く認知されるようになった。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た坂井泉水

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た北島三郎北島 三郎

    1968年(第19回)紅白歌合戦に初出場して以来、2011年(第62回)の紅白まで44回連続出場をしており、これは連続出場記録としては歴代第1位の記録である。通算出場回数も北島三郎に次いで第2位。初めてトリを務めたのは、出場2回目である1969年(第20回)の「港町ブルース」で、白組トリ歴代最年少記録を持つ。トリ通算出場回数は9回で、美空ひばり、五木ひろし(いずれも13回)、北島三郎(12回)に次いで歴代第4位。トップバッターは2回務めている。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た坂本龍一

    紐育(にゅーよーく)物語 1983年4月21日 作詞:松本隆/作曲:細野晴臣/編曲:細野晴臣,坂本龍一森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た杉本真人

    冬の桑港(しすこ) 1989年1月1日 作詞:荒木とよひさ/作曲:杉本真人/編曲:川村栄二森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た五木ひろし

    1968年(第19回)紅白歌合戦に初出場して以来、2011年(第62回)の紅白まで44回連続出場をしており、これは連続出場記録としては歴代第1位の記録である。通算出場回数も北島三郎に次いで第2位。初めてトリを務めたのは、出場2回目である1969年(第20回)の「港町ブルース」で、白組トリ歴代最年少記録を持つ。トリ通算出場回数は9回で、美空ひばり、五木ひろし(いずれも13回)、北島三郎(12回)に次いで歴代第4位。トップバッターは2回務めている。森進一 フレッシュアイペディアより)

195件中 21 - 30件表示

「森進一」のニューストピックワード