195件中 51 - 60件表示
  • 森進一

    森進一から見た古賀政男

    日本の国民的な作曲家である古賀政男の知遇を得てその薫陶を受けたこともまた特筆すべきである。プロ歌手として3年目の1968年(昭和43年)には古賀メロディーを集めたアルバム『影を慕いて』が製作された。「人生の並木路」の録音の際には歌の内容を自らの人生に重ね合わせてしまい、涙を抑えることができなかった。後日の録り直しを申し出る森に対し、古賀は「歌は生き物だからこれでいいんだ」とそのままOKを出したという。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た川村栄二

    冬の桑港(しすこ) 1989年1月1日 作詞:荒木とよひさ/作曲:杉本真人/編曲:川村栄二森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た須藤晃

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見たたかたかし

    冬桜 1983年10月5日 作詞:たかたかし/作曲:三木たかし/編曲:竜崎孝路森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た森田貴寛

    大原麗子、森昌子との結婚歴があり(いずれもその後離婚)、昌子との間にできた3人の息子のうち、長男森田貴寛はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリスト、次男森内智寛はテレビ東京の社員、三男森内寛樹はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストである。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た渡辺プロダクション

    1965年(昭和40年)、フジテレビ系の「リズム歌合戦」に出場して優勝。チャーリー石黒にその才能を見出され、渡辺プロダクション(ナベプロ)に所属した。元は普通の声であり、ルックスもいいことからポップス系でデビューさせる予定でスクールメイツ入りさせた。しかし個性が弱いとして、チャーリー石黒は売れるためには声を潰し、演歌を歌うしかないと森と渡辺プロを説得。翌1966年、猪俣公章作曲、吉川静夫作詞による「女のためいき」でデビューした。「恍惚のブルース」でほぼ同時期にデビューした青江三奈と共にため息路線として売り出された。猪俣はその後の彼の数多くの代表曲を手がけることになる。美声歌手が主流だった当時の歌謡界において、かすれ声で女心を歌う森のデビューは衝撃的であり、世間からは「ゲテモノ」「一発屋」と酷評された。しかしその後も「命かれても」「盛り場ブルース」と立て続けにヒットを重ね、ついにはデビュー3年目の1968年、ヒット曲「花と蝶」で第19回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見たジョージ・ガーシュウィン

    サマータイム 1985年10月21日 作詞:Dubose Heyward/作曲:ジョージ・ガーシュウィン (ホンダ・アコードCMソング)森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見たはたけはたけ(シャ乱Q)

    夜の無言(しじま) 1996年8月21日 作詞:まこと/作曲:はたけ/編曲:十川知司森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た魚住勉

    愛しい人よ 1991年11月21日 作詞:魚住勉/作曲:馬飼野康二/編曲:ジミー・ハスケル、馬飼野康二 (SEIKO『ドルチェ&エクセリーヌ』CMソング)森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た岡千秋

    人を恋うる唄 1984年3月21日 作詞:たかたかし/作曲:岡千秋/竜崎孝路森進一 フレッシュアイペディアより)

195件中 51 - 60件表示

「森進一」のニューストピックワード