前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 北京オリンピック野球日本代表

    北京オリンピック野球日本代表から見た森野将彦森野将彦

    選出を明言していた上原と直接電話会談するなど、最終的にアジア予選メンバーから19人を選出し、里崎智也、森野将彦ら故障上がりのメンバーも選出した。また、メンバー招集までに新井貴浩が腰痛、稲葉篤紀が右臀部痛、田中将大が右肩痛を発症。代表合宿中には村田修一が風邪で緊急入院し、北京入りしてからは川?宗則が左足甲痛を、西岡剛が右脇腹痛をそれぞれ悪化させた。北京オリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た森野将彦森野将彦

    11月21日 - 第2回スタッフ会議。阪神の新井貴浩、矢野輝弘の辞退、中日の岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文、森野将彦、和田一浩の辞退、松井秀喜らが出場に所属球団の許可が必要となることなどを考慮し、新たに候補選手をリストアップし、海外組も含めた45人の候補を12月15日に発表することに。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木雅博

    荒木雅博から見た森野将彦森野将彦

    シーズン前半は1番打者とされていたが打撃の調子が上がらず、すぐに2番に変えられた。しかし、2番に起用されてからは徐々に復調し持ち前の粘り強いバッティングが戻ってきた。打率.270に対して、得点圏打率は.343と、チャンスの場面での勝負強さを見せ付けた。福地寿樹(ヤクルト)と盗塁王を争っていたが、左手首を痛めて試合を欠場したこともあり、タイトル獲得はならなかった。同年限りで選手会長を退任し、森野将彦に譲った。荒木雅博 フレッシュアイペディアより)

  • 小池正晃

    小池正晃から見た森野将彦森野将彦

    は内野手にも挑戦することを決め、オープン戦では主に一塁手として起用された。しかし、新戦力の加入で外野手争いが激しくなったことや自身の不調もあり、開幕一軍は果たせず、その後も二軍生活が続いた。そして、6月16日に投壊状態であった横浜と森野将彦、李炳圭など主力の外野手が相次いで離脱して不足していた中日との思惑が一致し、石井裕也との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。背番号は石井の着けていた30に決定した。小池正晃 フレッシュアイペディアより)

  • 英智

    英智から見た森野将彦森野将彦

    2008年も代走・守備固めとしての起用が多かったが、交流戦に入ってレギュラーだった森野将彦や李が怪我で離脱したことによってスタメン出場する機会もあった。だが、森野や李が復帰後は二軍落ちも経験するなど77試合に留まった。英智 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た森野将彦森野将彦

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、2006年からは「31」に変更している。森野については、2009年に現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を本人が辞退し1年間は欠番となった後、2011年から吉川大幾に与えた。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 井藤真吾

    井藤真吾から見た森野将彦森野将彦

    入団が決まった際のインタビューでは、目標の選手は当時中日に所属していた李炳圭だと答えていたが、入団会見では森野将彦に変更している。井藤真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 久保尚志

    久保尚志から見た森野将彦森野将彦

    高校は橋野純監督に誘われ観音寺中央高校に入学。2年夏までは捕手であったが、秋からエースとなり秋季四国地区高校野球大会でベスト4。翌1995年春の第67回選抜高等学校野球大会では全試合で先発登板。2回戦の森野将彦を擁する東海大相模戦と決勝戦の澤井良輔を擁する銚子商戦では相手打線を完封し、母校の初出場初優勝に貢献した。同年夏の第77回全国高等学校野球選手権大会にも出場し、大会後に高校野球日本代表に選ばれた。久保尚志 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た森野将彦森野将彦

    7月3日 - ガリバーオールスターゲーム2007の監督選抜選手が発表された。ファン投票以外で初出場となったのは、パ・リーグではダルビッシュ有投手(日本ハム)、成瀬善久投手、早川大輔外野手(以上ロッテ)、セ・リーグでは中田賢一投手(中日)、久保田智之投手(阪神)、セス・グライシンガー投手(ヤクルト)、高橋尚成投手(巨人)、木塚敦志投手、相川亮二捕手(以上横浜)、森野将彦内野手(中日)の10選手。最多出場となるのは通算10回目の出場となる小久保裕紀内野手(ソフトバンク。うち2回は故障のため出場辞退)。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋白龍會

    名古屋白龍會から見た森野将彦森野将彦

    森野将彦 「闘将一撃 31 森野将彦」名古屋白龍會 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「森野将彦」のニューストピックワード