61件中 11 - 20件表示
  • 浜乙女

    浜乙女から見た森野将彦森野将彦

    2009年は同じく東海地区(CBCドラゴンズナイター内)限定のラジオCMに森野将彦を起用し、森野とドアラのサイン入りグッズが当たるキャンペーンを実施している。浜乙女 フレッシュアイペディアより)

  • 呂建剛

    呂建剛から見た森野将彦森野将彦

    日本語が得意。中日に在籍していた2002年の秋季キャンプにおいて、取材に訪れていた中日スポーツの記者に、たまたま読んでいた日本語の新聞の内容を何の苦も無く完璧に説明してみせて記者を驚かせていた。中日在籍時はほとんど通訳を必要としなかったという。来日後、初めて覚えた日本語は「食べすぎ」。これは選手寮などで食事の際、プロ選手としては好ましくないほど食べていたために、同僚の選手(主に森野将彦)などから「食べすぎ」だとよく言われていたからである。呂建剛 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回アジア野球選手権大会日本代表

    第24回アジア野球選手権大会日本代表から見た森野将彦森野将彦

    29 森野将彦(29;中日)第24回アジア野球選手権大会日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た森野将彦森野将彦

    10月12日 - 全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の最終代表候補34名を発表した。11月21日から強化合宿を行い、最終メンバー24名の絞り込みを行う。代表候補は以下のとおり。投手(15人)?ダルビッシュ有、武田久、武田勝(以上北海道日本ハム)、杉内俊哉(福岡ソフトバンク)、涌井秀章(西武)、渡辺俊介、成瀬善久、小林宏之(以上千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、川上憲伸、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、上原浩治、高橋尚成(以上巨人)、長谷部康平(愛工大)。捕手(4人)?里崎智也(千葉ロッテ)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(巨人)、相川亮二(横浜)。内野手(8人)?TSUYOSHI(千葉ロッテ)、川崎宗則(福岡ソフトバンク)、井端弘和、荒木雅博(以上中日)、宮本慎也(東京ヤクルト)、小笠原道大(巨人)、新井貴浩(広島)、村田修一(横浜)。外野手(7人)?稲葉篤紀(日本ハム)、サブロー(千葉ロッテ)、多村仁(福岡ソフトバンク)、和田一浩(西武)、森野将彦(中日)、青木宣親(東京ヤクルト)、高橋由伸(巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のアジアシリーズ

    2007年のアジアシリーズから見た森野将彦森野将彦

    内野手:荒木雅博、立浪和義、井端弘和、新井良太、森野将彦、岩崎達郎、中村紀洋2007年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た森野将彦森野将彦

    は藤井淳志らの台頭や福留の広い守備範囲を生かすために左翼手へコンバートされるも、シーズン終盤にチーム事情から再び中堅手に戻る。当初は6番打者であったが、藤井がスタメン落ちし、井端弘和が2番に復帰、福留が3番に入ったことにより夏場までは5番で、森野将彦が5番に定着すると6番(それまでは相手投手との兼ね合いで森野と打順を入れ替えていた)を打った。2003年入団以来、中日ドラゴンズのシーズン1号本塁打を4年連続で放っている。打撃に波があったものの、得点圏打率は初めて3割を越えた。シーズン開幕直前には、監督の落合博満の指示でバッティングフォームをアレックス・カブレラ風のものに変えている。同年は初のオールスターゲーム出場を果たし(監督推薦)、第2戦では本塁打を放ち優秀選手に選ばれた。阪神戦での活躍もあり、中日の優勝に貢献。10月は肺炎によって、10日の試合までは出場していなかったが、胴上げには参加している。日本シリーズ第5戦ではスタメン落ちし、9回裏2アウト無走者で代打で登場したが左飛に倒れ、最後の打者となった。結局この打席が中日最後の打席となった。得点圏打率や様々な場面での殊勲打もあってか数字以上の存在感を示したが、本塁打は過去最少に終わった。11月6日、中日はアレックスとは2007年度の契約を結ばないことを決定した。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た森野将彦森野将彦

    優秀選手賞:荒木雅博、森野将彦、山井大介(中日)2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井上康生

    井上康生から見た森野将彦森野将彦

    東海大学付属相模高等学校卒業(同級生に森野将彦井上康生 フレッシュアイペディアより)

  • 稲嶺茂夫

    稲嶺茂夫から見た森野将彦森野将彦

    東海大相模高時代は森野将彦と同期。1995年に第67回選抜高等学校野球大会に出場するも、2回戦敗退。稲嶺茂夫 フレッシュアイペディアより)

  • 野球の背番号

    野球の背番号から見た森野将彦森野将彦

    森野将彦は、過去に7→8(シーズン途中で李鍾範との背番号交換)→16(波留敏夫の入団による)→8(落合博満監督の意向による)→31(平田良介の入団による)→30(球団による意向で3をつける予定が、本人が着用を拒否したため)と背番号を変更しているが、全て他人の都合で振り回されたものである。野球の背番号 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「森野将彦」のニューストピックワード