61件中 21 - 30件表示
  • Anything Goes! (大黒摩季の曲)

    Anything Goes! (大黒摩季の曲)から見た森野将彦森野将彦

    今作で、1999年にリリースした20thシングル「夢なら醒めてよ」以来11年3ヶ月ぶりにオリコンチャートTOP10入りを果たした。余談ではあるが、プロ野球中日ドラゴンズの森野将彦や読売ジャイアンツの古城茂幸ら複数の選手が2011年シーズンの登場曲としても使用している。Anything Goes! (大黒摩季の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た森野将彦森野将彦

    2007年、オープン戦では1番を中心に様々な打順をテストされ、その結果を踏まえ開幕戦では5番で起用された。開幕から9試合連続安打を記録したものの、その後打率が.250近辺を低迷したことで、4月下旬からは森野将彦との入れ替えで7番に降格。3番や1番を打たせた結果、8月下旬からは6番で起用された。7月18日の対ヤクルト戦では日韓通算1500安打を達成。9月4日の対巨人戦で、高橋尚成から来日初となる満塁本塁打を放つ。韓国では走攻守揃った選手という評価だったが、レギュラーシーズンでは打率.262の割に低い出塁率.295で、三振は100を越え、盗塁0、守備の方も補殺0に終わる。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • 規定打席

    規定打席から見た森野将彦森野将彦

    森野将彦(中日ドラゴンズ、412打席)規定打席 フレッシュアイペディアより)

  • 李恵践

    李恵践から見た森野将彦森野将彦

    5月4日の広島戦で初登板初先発を果たした。8月2日の中日戦では森野将彦に対し右脇腹付近に死球を与えたが、謝罪をしなかったため乱闘騒ぎとなった。李恵践 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野勝

    宇野勝から見た森野将彦森野将彦

    オフ、成績不振・出場機会減少によりロッテから戦力外通告を受けたものの、移籍先が見つからなかったためこの年限りで現役を引退した。当初は星野仙一の監督復帰に伴い現役選手として中日復帰が内定していたが、高木監督が10.8決戦で日本プロ野球を盛り上げた功績を評価された事により留任し立ち消えになった。宇野が再び付ける予定だった背番号7は一緒にロッテ退団のメル・ホールが1995年のみ背負い、後に森野将彦・谷繁元信・川相昌弘が受け継いだ。宇野勝 フレッシュアイペディアより)

  • 井上一樹

    井上一樹から見た森野将彦森野将彦

    森野将彦に左翼手の座を奪われたものの、途中から盛り返し、2桁本塁打と規定打席不足ながら初の打率3割を達成した。井上一樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小山伸一郎

    小山伸一郎から見た森野将彦森野将彦

    140km/hを超す速球がスカウト陣の目にとまり、1996年のドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けて入団。それまで郭源治がつけていた背番号「33」をもらうなど期待された。中日同期には森野将彦がいる。小山伸一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーバード (いきものがかりの曲)

    ブルーバード (いきものがかりの曲)から見た森野将彦森野将彦

    2009年には森野将彦(中日ドラゴンズ)がナゴヤドームでの試合で打席に入る際の登場曲として使用した。ブルーバード (いきものがかりの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 中川裕貴

    中川裕貴から見た森野将彦森野将彦

    2009年、落合博満監督の指示により内野手から外野手に転向。同年6月、3年ぶりに1軍に昇格し、6年目でプロ初安打を記録。7月11日の対広島戦(ナゴヤドーム)にて7番・右翼手で初のスタメン出場。オフに背番号を森野将彦が着けていた31に変更。中川裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た森野将彦森野将彦

    4月7日の対巨人戦で上原浩治からサヨナラ満塁本塁打を放つなど2年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、後半戦から森野将彦に正三塁手の座を奪われてからは先発出場から外れるようになった。優勝決定の翌々日10月12日の対阪神戦(阪神甲子園球場)で片岡篤史の引退試合では志願して先発出場を果たし、試合後に片岡の胴上げに参加した。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「森野将彦」のニューストピックワード