81件中 21 - 30件表示
  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た森野将彦森野将彦

    中日ドラゴンズは開幕から1分を挟んで4連勝、すべての勝利打点を森野将彦が挙げており、開幕から4戦連続はプロ野球史上初。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の中日ドラゴンズ

    2015年の中日ドラゴンズから見た森野将彦森野将彦

    6月27日 - 森野将彦が対広島戦(マツダスタジアム)で通算1,500安打、NPB史上118人目2015年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • Anything Goes! (大黒摩季の曲)

    Anything Goes! (大黒摩季の曲)から見た森野将彦森野将彦

    本作で、1999年にリリースした20枚目のシングル「夢なら醒めてよ」以来11年3ヶ月ぶりにオリコンチャートTOP10入りを果たした。余談ではあるが、プロ野球中日ドラゴンズの森野将彦や読売ジャイアンツの古城茂幸ら複数の選手が2011年シーズンの登場曲としても使用している。Anything Goes! (大黒摩季の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 出場選手登録

    出場選手登録から見た森野将彦森野将彦

    2017年シーズン途中から、引退試合を行う選手に限って現在登録している選手を抹消せず1日限定で出場登録選手の枠を超えて登録が可能となる特例措置が導入された。この特例により引退試合を行う選手は1試合に限り28人の出場登録選手の枠を超えて登録することが可能となる。登録できる選手の数に制限はないが、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。またこの登録をされた選手は次の日に自動的に登録抹消となりその後はクライマックスシリーズを含めたリーグ公式戦終了まで登録できなくなる。ただしこの制度を適用しない日本選手権シリーズでは登録可能となる。また登録後当該試合が中止となった場合は球団が指定する日に再び登録することが出来る。2017年9月24日に引退試合を行う井口資仁(千葉ロッテ)、及び森野将彦(中日)が、この制度の最初の適用者になった。出場選手登録 フレッシュアイペディアより)

  • 李恵践

    李恵践から見た森野将彦森野将彦

    左の先発候補として春季キャンプから高田繁監督から大いに期待されていたが、オープン戦5試合に先発し1勝3敗、防御率6.95と不安定な投球を続けると、開幕直前の3月31日には右ひじ軟骨挫傷により戦線を離脱した。5月4日の広島東洋カープ戦で初登板初先発を果たした。8月2日の中日ドラゴンズ戦では森野将彦に対し右脇腹付近に死球を与えたが、謝罪をしなかったため乱闘騒ぎとなった。左のワンポイントとして、42試合に登板し防御率3.65の成績を残した。被安打や与四球が多い事が課題である。李恵践 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見た森野将彦森野将彦

    は藤井淳志らの台頭や福留の広い守備範囲を生かすために左翼手へコンバートされるも、シーズン終盤にチーム事情から再び中堅手に戻る。当初は6番打者であったが、藤井がスタメン落ちし、井端弘和が2番に復帰、福留が3番に入ったことにより夏場までは5番で、森野将彦が5番に定着すると6番(それまでは相手投手との兼ね合いで森野と打順を入れ替えていた)を打った。2003年入団以来、中日ドラゴンズのシーズン1号本塁打を4年連続で放っている。打撃に波があったものの、得点圏打率は初めて3割を越えた。シーズン開幕直前には、監督の落合博満の指示でバッティングフォームをアレックス・カブレラ風のものに変えている。同年は初のオールスターゲーム出場を果たし(監督推薦)、第2戦では本塁打を放ち優秀選手に選ばれた。阪神戦での活躍もあり、中日の優勝に貢献。10月は肺炎によって、10日の試合までは出場していなかったが、胴上げには参加している。日本シリーズ第5戦ではスタメン落ちし、9回裏2アウト無走者で代打で登場したが左飛に倒れ、最後の打者となった。結局この打席が中日最後の打席となった。得点圏打率や様々な場面での殊勲打もあってか数字以上の存在感を示したが、本塁打は過去最少に終わった。11月6日、中日はアレックスとは2007年度の契約を結ばないことを決定した。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • 溝脇隼人

    溝脇隼人から見た森野将彦森野将彦

    初得点:2016年8月21日、対横浜DeNAベイスターズ23回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に森野将彦の代走で登場。平田良介のタイムリー安打で生還。溝脇隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た森野将彦森野将彦

    72選手の交渉権が確定した。アトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 引退試合

    引退試合から見た森野将彦森野将彦

    これらのことを受け2017年シーズン途中から、引退試合を行う選手に限って現在登録している選手を抹消せず1日限定で出場登録選手の枠を超えて登録が可能となる特例措置が導入された。この特例により引退試合を行う選手は1試合に限り28人の出場登録選手の枠を超えて登録することが可能となる。登録できる選手の数に制限はないが、試合でベンチ入りできる選手は25人で変わらない。またこの登録をされた選手は次の日に自動的に登録抹消となりその後はクライマックスシリーズを含めたリーグ公式戦終了まで登録できなくなる。ただしこの制度を適用しない日本選手権シリーズでは登録可能となる。また登録後当該試合が中止となった場合は球団が指定する日に再び登録することが出来る。2017年9月24日に引退試合を行う井口資仁(千葉ロッテ)、及び森野将彦(中日)が、この制度の最初の適用者になった(出場選手登録の頁を併せて参照)。なお引退試合はあくまでもセレモニーであり、この特例を使用しなかった場合、任意引退等の公示がなされない間はその試合後も選手として出場することは差し支えない。こういった選手の場合、引退試合では胴上げを行わずCSあるいは日本シリーズの全日程終了後(あるいは敗退決定後)に、改めて引退の胴上げを行ったケースもある(一例として、小久保裕紀[ソフトバンク。2012年]、稲葉篤紀及び金子誠[北海道日本ハム。2014年]などが該当)。引退試合 フレッシュアイペディアより)

  • 浜乙女

    浜乙女から見た森野将彦森野将彦

    2009年(平成21年)は同じく東海地区(CBCドラゴンズナイター内)限定のラジオCMに森野将彦を起用し、森野とドアラのサイン入りグッズが当たるキャンペーンを実施している。浜乙女 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「森野将彦」のニューストピックワード