61件中 31 - 40件表示
  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た森野将彦森野将彦

    シーズン当初は中継ぎとして起用されていたものの、不安定な投球が続いたことや先発投手の駒不足から、阪神はシーズン開始直後にジェイソン・スタンリッジを獲得、メッセンジャーはスタンリッジと入れ替わりで4月23日に二軍落ちした(直前の登板は4月17日)。二軍では、リリーフから先発への変更を目標に、投手として長いイニングが投げられるように調整に当たった。その後、7月までは二軍暮らしを強いられたものの、先発ローテーションの一角だったケーシー・フォッサムが不振から二軍落ちし、それに代わる先発投手として昇格。7月11日の対横浜ベイスターズ10回戦で来日後初先発し、6回2失点で勝利を挙げた。8月4日の対読売ジャイアンツ戦で内海哲也から左中間越えの大飛球を放ち、一旦は本塁打と判定されたが、ビデオ判定の結果フェンスの最上部に当たっていることが判明し、本塁打から二塁打に変更された。この日は先発投手としても7回を2失点に抑えて勝利投手となっている。しかし、9月8日の対中日ドラゴンズ戦で森野将彦に頭部死球を当てて危険球退場となり、その後も序盤に大量失点を与えたりと不安定な登板が続いて、5勝6敗、防御率4.93でシーズンを終えた。この成績のため翌年の契約は流動的であったが、新しく外国人選手を獲得するより計算できるとの首脳陣の判断によりオフに再び1年契約を結んだ。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 新井良太

    新井良太から見た森野将彦森野将彦

    2日目は落合博満監督から直々にノックを受けた。ただのノックではなく、チームメイトの森野将彦と共に50球連続で捕球できたら終了という内容で、エラーをするとファンから野次られたり、励まされたりされていた。意識が朦朧としてくるとバケツに入った水を頭から被った。結局、終わったのは1時間40分後であった。練習後に新井自身は「強化選手に選ばれるのは光栄なこと。人より多く練習できるので、その期待に応えたい」と語った。新井良太 フレッシュアイペディアより)

  • 小田幸平

    小田幸平から見た森野将彦森野将彦

    2010年7月19日のヒーローインタビューで元々は中部日本放送の佐藤幹朗アナウンサー(元槍投げ選手)が、東海地方のローカル番組「サンデードラゴンズ」で使っていたセリフ「やリましたーっ!!」と何度も絶叫。その後もヒーローインタビューを受けるたびにしつこく連発したため監督から「相手チームを刺激する」と苦言を呈され、しばらく封印していたが、その後しばらく他の選手もヒーローインタビューで「やリましたーっ!!」とコメントしたり、優勝祝賀会で選手会長の森野将彦が使う、優勝記念グッズとしてタオルやTシャツなどが発売されるなどした。なお2010年クライマックスシリーズファイナルステージ終了後にも小田が試合終了後に観客とともに「やリましたーっ!!」と叫んだ。なお本人はやれとは全く言ってないようで(サンデードラゴンズより)、後にお立ち台で「今日はやりました!!」と絶叫した浅尾拓也は「和田さんにやれと言われた」と発言している(月刊ドラゴンズより)。また、2010年10月20日に開催された優勝報告会でも、和田一浩の勧めから万歳三唱の前にも叫んでいる。小田幸平 フレッシュアイペディアより)

  • 福田岳洋

    福田岳洋から見た森野将彦森野将彦

    初奪三振:2010年8月28日、対中日ドラゴンズ19回戦(横浜スタジアム)、9回表に森野将彦から福田岳洋 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た森野将彦森野将彦

    9月9日の対広島戦で、新井貴浩から通算2000奪三振を達成。9月16日の対阪神戦(ナゴヤドーム)でプロ野球史上73人目(84回目)となるノーヒットノーランを達成。許したランナーは4回の森野将彦の失策による1人のみの準完全試合(無四死球は史上2人目)。41歳1か月での達成はプロ野球最年長記録。中日ではの川上憲伸以来10人目。ナゴヤドームでは初。結果として森野の失策で完全試合の夢は潰えたことになったため、森野はひどく落胆していた。しかし、試合後のインタビューで山本は「あのプレーがあったからこそノーヒットノーランが達成できた」と発言し、後輩を気遣う山本昌の優しさを見せている。これは、打者が俊足の赤星憲広であり、失策が記録されなければ内野安打になっていた可能性もあったためこの発言をしたともされる。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た森野将彦森野将彦

    中日ドラゴンズの監督に就任した落合博満は、現役時代「天才は俺じゃない。前田だよ」と語り、2005年の秋季練習では福留孝介、森野将彦ら左打者に対して前田の打撃を引き合いにし「真似していいのは前田だけだ。前田だけを見習え」と語っている。また、前田自身も落合に深い尊敬の念を抱いている。実際に福留も「理想のバッティングは前田さん」と公言しており、この秋季練習では前田の打撃フォームを参考にしてフォーム改造を試みた。また熊本工業高校の後輩である荒木雅博も前田を尊敬しており、同年のオールスターゲームに出場した際にはずっと付き添い、打撃論や野球哲学についてアドバイスを受けた。また前田から最も多くの安打を喫した山本昌は以前、浜松球場での試合で外角低めの難しいコースを本塁打された事があり「あのコースを引っ張ってホームランにされた事は今まで無かった。その時に天才だなと思いましたね」と振り返っている。さらにチームの先輩であり、長年、前田を間近で見てきた緒方孝市は引退後の2009年秋に週刊プレイボーイ誌上で「23年間、いろんな選手を見て、 それで言うと自分の中でナンバー1は前田智。それこそ武士みたいな表現をよくされるけど、まさにそのとおり。 独特の世界を持ってるし、あれは何か命かけた真剣勝負してますよ。野球じゃない何かに自分の命かけてる感じ」と語っている。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た森野将彦森野将彦

    打撃の人の印象が強いが、三塁手としてゴールデングラブ賞を7度獲得している。中日からFA宣言をした理由も、「(ノリは)サードとしては使えない。」と判断されたからで、三塁手というポジションには強いこだわりがある。また、近鉄時代は強肩を買われ、2001年の日本シリーズ第4戦をはじめ度々遊撃手として出場した。ラスベガスでは本職である三塁の他に遊撃、一塁、二塁も守った。中日時代の2007年シーズン中盤から2008年まではリードしている試合の終盤になると守備に難のあるタイロン・ウッズに代わって一塁手に回ることも多かった(三塁には森野将彦が入る)。このシフトは腰を痛めている中村への配慮もあった。楽天移籍後もスターティングメンバーの一塁手にはDHを兼務する守備に難のある、またベテランや外国人の長距離砲(フェルナンデス、山崎武司など)が入ることが多かったため、やはり終盤になると一塁手に回ることも多かった。また、草野大輔も本職が三塁手であることから、草野が二塁に回ることもあったが、中村が一塁手としてスタメン出場することもあった。中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • ドアラ

    ドアラから見た森野将彦森野将彦

    「顔の造形がドラゴンズの森野将彦選手と似ている」と、一部から言われているが、ファンのみならず、元コーチ・二軍監督の川相昌弘(現巨人二軍監督)も指摘していた。さらに森野本人もNHK出演の際に、ドアラと顔が似ていることを認める発言をしており、後日、CBCラジオ『ドラゴンズワールド』のインタビューで「ドアラに似てると思われるのは(どう思っていますか)?」との問いに「嫌です。マスコットに似ているなんて意味が分からない」と含み笑いでコメントを残している。ドアラ フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉博幸

    渡邉博幸から見た森野将彦森野将彦

    シーズンに「守りの野球」を標榜する落合博満監督がその守備力を高く評価して、積極的に一塁手として起用。シーズン序盤は打撃不振に陥り、8番などの下位打線に回ったものの、中盤から打撃が向上していった。森野将彦やオマール・リナレスと定位置を争う形になったが、安定した守備でこれに応え、自身初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞する活躍をみせた。一塁手部門で規定打席に到達していない選手が受賞した初の例となった。シーズン終盤はリナレスを一塁で起用し、渡辺をレフトで起用するパターンも増え、同年の日本シリーズにもレフトでスタメン出場している。渡邉博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 平田良介

    平田良介から見た森野将彦森野将彦

    の春季キャンプは前述の足の捻挫もあって二軍スタートだったものの、第4クールで一軍に合流。森野将彦が故障で離脱したこともあり、ほとんどのオープン戦にセンターでスタメン出場。森野の代わりとして開幕スタメン入りも確実視されたが、森野が開幕までに回復し、またオープン戦での不本意な成績も相まって、開幕一軍スタートとはならなかった。5月16日、森野の怪我による離脱で、二軍で83打数15安打、打率.181、2本塁打と、調子が上がらない中、このシーズン初の一軍昇格、その日の対横浜戦で即スタメン起用された。しかし目だった活躍は見られず5月26日に二軍に降格した。6月11日に再昇格。9月7日、対横浜戦の9回裏一死の場面に代打で登場し、横山道哉から一軍でのプロ初本塁打を放つ。これが同時にサヨナラの殊勲打となった。その後もシーズン終了まで一軍に定着。主に代打での起用が多かった。シーズン終了後の秋季キャンプでは故障離脱してしまい、春季キャンプの二軍スタートが決まる。平田良介 フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「森野将彦」のニューストピックワード