81件中 31 - 40件表示
  • 福田永将

    福田永将から見た森野将彦森野将彦

    、春季キャンプでフォーム改造した結果、オープン戦で4本塁打、リーグトップの13打点と結果を残し、開幕一軍入りを果した。開幕戦で、スタメンで一塁を守っていた森野将彦が故障したため、3月31日の巨人戦からスタメン出場すると、4打数3安打2打点本塁打1本と活躍し勝利に貢献した。その後も4月は、一塁手での起用が多かった。6月21日の試合終了後、応援団は個人応援歌が作成された事を発表した。6月23日より使用開始された。中盤以降、代打で成績を落としたが、自己最高の79試合に出場し6本塁打を放つなど、自己ベストの成績を記録。シーズン途中から試合前の練習などでレフトに就く場面も見られた。11月13日の契約更改では約850万円増の約1500万円でサインした。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た森野将彦森野将彦

    10月12日 - 【五輪】全日本野球会議は、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の最終代表候補34名を発表した。11月21日から強化合宿を行い、最終メンバー24名の絞り込みを行う。代表候補は以下のとおり。投手(15人)?ダルビッシュ有、武田久、武田勝(以上北海道日本ハム)、杉内俊哉(福岡ソフトバンク)、涌井秀章(西武)、渡辺俊介、成瀬善久、小林宏之(以上千葉ロッテ)、加藤大輔(オリックス)、川上憲伸、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、上原浩治、高橋尚成(以上巨人)、長谷部康平(愛工大)。捕手(4人)?里崎智也(千葉ロッテ)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(巨人)、相川亮二(横浜)。内野手(8人)?TSUYOSHI(千葉ロッテ)、川崎宗則(福岡ソフトバンク)、井端弘和、荒木雅博(以上中日)、宮本慎也(東京ヤクルト)、小笠原道大(巨人)、新井貴浩(広島)、村田修一(横浜)。外野手(7人)?稲葉篤紀(日本ハム)、サブロー(千葉ロッテ)、多村仁(福岡ソフトバンク)、和田一浩(西武)、森野将彦(中日)、青木宣親(東京ヤクルト)、高橋由伸(巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 呂建剛

    呂建剛から見た森野将彦森野将彦

    日本語が得意。中日に在籍していた2002年の秋季キャンプにおいて、取材に訪れていた中日スポーツの記者に、たまたま読んでいた日本語の新聞の内容を何の苦も無く完璧に説明してみせて記者を驚かせていた。中日在籍時はほとんど通訳を必要としなかったという。来日後、初めて覚えた日本語は「食べすぎ」。これは選手寮などで食事の際、プロ選手としては好ましくないほど食べていたために、同僚の選手(主に森野将彦)などから「食べすぎ」だとよく言われていたからである。呂建剛 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島秀樹

    岡島秀樹から見た森野将彦森野将彦

    は開幕1軍を迎えると3月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦で2番手として7回3点リードで登板して無失点に抑え、チーム復帰初ホールドを記録すると、翌日3月30日の対ロッテ戦でも8回同点の場面で登板して三者凡退に抑え、裏の内川聖一の勝ち越しソロホームランで復帰初白星も記録した。4月12日から4月16日まで5試合連続ホールドを記録するなど5月28日までわずか自責点2と勝利の方程式として安定して活躍する。5月29日対横浜DeNAベイスターズ戦の延長11回に同点の場面で登板、先頭筒香嘉智に四球を与えると、犠打、金城龍彦敬遠などで二死一二塁とし、白崎浩之のセンター前タイムリーヒットによりサヨナラ負けを喫した。6月29日対中日ドラゴンズ戦の7回1点リードで登板、2奪三振で二死一塁とするとアンダーソン・エルナンデス、エクトル・ルナに連続四球で満塁とし、続く森野将彦にセンターへ走者一掃の3点タイムリーツーベースにより逆転されシーズン最多の1試合自責3を記録、接戦の登板では2連敗となった。その後4試合連続ホールドなど再び安定した投球を続けていたが、7月22日に北九州市民球場にて行われた対千葉ロッテ戦7回1点リードで登板するとチャッド・ハフマン、ルイス・クルーズに連続ホームランを浴び逆転されシーズン4敗目となった。7月23日左ふくらはぎに違和感を訴え、7月24日に出場選手登録を抹消された1。8月22日に一軍再昇格すると4試合連続同点で登板し、4連続ホールドを記録し、以降レギュラーシーズン終了まで無失点だった。しかし、自身の抹消期間中にルーキー森唯斗が台頭したため再び勝利の方程式に入ることはなかった。岡島秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た森野将彦森野将彦

    7月28日 - 森野将彦(神奈川県、野球)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た森野将彦森野将彦

    には球界初の「メンタルアドバイザー」に就任。コーチの肩書では会議に出席する必要があるので、あくまで相談役というポジションに落ち着いた。チームが勝っている試合で8・9回辺りから主に立浪の守備固めとして出場することが多かったが、荒木雅博の怪我などで5月には「2番・二塁手」としてスタメン起用された。しかし、森野将彦が怪我から復帰しスタメン獲得、立浪が代打要員となり、代走・守備要員として奈良原浩をトレード獲得、7月頃に荒木が復帰したことから出場機会がなくなり、球宴直前に登録抹消。その後は一軍に帯同しながら、メンタルアドバイザーとして裏方からリーグ優勝に貢献した。中日スポーツで毎週月曜日に「明日への送りバント」という題名で寄稿もしていた。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た森野将彦森野将彦

    優秀選手賞:荒木雅博、森野将彦、山井大介(中日)2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た森野将彦森野将彦

    内野手:1堂上直倫、2荒木雅博、6井端弘和、25新井良太、30森野将彦、37岩崎恭平、42トニ・ブランコ、46岩崎達郎、50中田亮二2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た森野将彦森野将彦

    内野手:1堂上直倫、2荒木雅博、6井端弘和、7佐伯貴弘、30森野将彦、36谷哲也、42トニ・ブランコ、46岩崎達郎、50中田亮二、55福田永将2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井上一樹

    井上一樹から見た森野将彦森野将彦

    は同じく左打ちの外野手である李炳圭の獲得や、中村紀洋の獲得で森野将彦が三塁から外野に回る機会が増えるなどのチーム事情が影響し、出場機会が減少。序盤には二軍降格も経験した。しかし、タイロン・ウッズが契約切れで帰国したため、同年のアジアシリーズでの対SKワイバーンズ戦、対チャイナスターズ(中国プロリーグ選抜)戦、更に決勝の対SKワイバーンズ戦では4試合で3本塁打を放っている。同年限りで選手会長を退任し、6歳年下の荒木雅博に譲った。井上一樹 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「森野将彦」のニューストピックワード