61件中 51 - 60件表示
  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た森野将彦森野将彦

    2009年をもって現役引退することを表明していたことから永久欠番の署名が多く集まり、球団内部での処遇が話し合われたが、50年間永久欠番が制定されていないことなどを理由に「名誉番号」としての活用を表明。シーズン終了後にオーナーが森野将彦に継承と発表も、森野本人が固辞。2011年より立浪の高校の後輩である吉川大幾が着用。野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 小森美果

    小森美果から見た森野将彦森野将彦

    プロ野球が好きで、中日ドラゴンズのファン。また、浅尾拓也・伊藤準規・森野将彦(中日)、小笠原道大・東野峻(読売ジャイアンツ)、中島裕之(埼玉西武ライオンズ)を好きな選手に挙げて、よくものまねもする。小森美果 フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二ブルブルの輪

    落合英二ブルブルの輪から見た森野将彦森野将彦

    森野将彦は、選手名鑑マニアであると、荒木雅博が証言した(2009年11月29日放送)。落合英二ブルブルの輪 フレッシュアイペディアより)

  • 野球の不文律

    野球の不文律から見た森野将彦森野将彦

    2010年6月10日、中日ドラゴンズの大島洋平が6点差がついた8回表にセーフティバントで出塁した際、楽天ゴールデンイーグルスの川井貴志は次打者の森野将彦に対し厳しく内角をえぐる投球をした。野球の不文律 フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ ガッツナイター

    東海ラジオ ガッツナイターから見た森野将彦森野将彦

    2007年は立浪和義、2008年は荒木雅博、2009年は森野将彦、高橋聡文(2009年4月3日?5日)。2008年まではベースボールデスクが、その日の質問を選手に投げかけ、事前に録音された音声が放送されていたが、2009年からは選手個別の曲が流れてインタビューに入る。2007年の立浪時代はかつて立浪選手の登場曲に使用されていた、「翼の折れたエンジェル」や、新人時代の応援歌の元となった「ガラスの十代」等の曲がバックに流れている。2008年の荒木も同様にナゴヤドーム登場曲(「DANGER ZONE」)が使用されている。2009年の森野選手はブルーバード・高橋投手は犬飼俊久アナが歌った『唸れ!!快速球』(小松辰雄応援歌)の冒頭の部分を「聡文!」に代えて使用していた。立浪選手バージョンの2007年は主にナゴヤドームでの打席コールの場内音が使用されていたが、荒木選手の2008年は自身の盗塁成功のシーンの実況音が使用されている。2009年の森野選手は女性の声による『がんばれ、がんばれ森野!』の後、ブルーバードが放送されていた。東海ラジオ ガッツナイター フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセルから見た森野将彦森野将彦

    シーズンの半分以下の出場だったが、打率.309・15本塁打・53打点と結果を残した。勝負を決める場面での活躍が多く、68試合で勝利打点15を記録。今季全試合に出場した森野将彦(中日ドラゴンズ)が記録した最多勝利打点18にあと3に迫るハイペースだった。このように打撃面では長距離砲が不在だったヤクルトにとって大きな戦力となった一方、一塁守備では平凡なゴロを弾くなど凡プレーも目立った。ジョシュ・ホワイトセル フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た森野将彦森野将彦

    、交流戦前から調子が上がり始めたが、交流戦後に再び不振に陥り4番を森野将彦や西武から移籍した和田一浩に譲り、時にはスタメンを外れた。来日以降6年連続35本塁打以上をマークするものの、打点は来日以降最低の数字に終わる。クライマックスシリーズではチームトップの5本塁打を放ち活躍したが、高額な年俸と下降した成績で既に40歳で高齢ということもあり、自由契約となり退団。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た森野将彦森野将彦

    北京オリンピック野球日本代表の追加候補に、G.G.佐藤らと共に指名され、6月20日に発表された最終代表候補からは一度外れたものの、怪我で同じく漏れていた中日ドラゴンズ・森野将彦らと共に選ぶ可能性を示唆され、事実上最後まで代表候補であった。左投手の補強、帆足はリリーフ経験もある、ということなどが理由として挙げられる。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た森野将彦森野将彦

    7月28日 - 森野将彦(神奈川県、野球)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た森野将彦森野将彦

    この年の序盤は先発投手陣が不調だったが、中継ぎ投手陣が奮起した。野手では井端弘和がシーズン中盤から故障で長期離脱するなど、一時は首位巨人に最大8ゲーム差をつけられながらも、和田一浩や森野将彦らが引っ張り、若手の台頭もあって後半に追い上げた。優勝マジックを1とした10月1日、マジック対象の阪神が広島に敗れたことから4年ぶり8度目のリーグ優勝となり、巨人のリーグ4連覇を阻止した。クライマックスシリーズでは、3位から勝ち上がった巨人と第2ステージを戦い4勝1敗として、3年ぶりとなる日本シリーズ出場を決めた。しかし、ロッテとの日本シリーズでは投手陣が安定せず、第6戦は延長15回2-2引き分け。第7戦も一時は序盤で4点差をつけるも、両軍投手が都合15失点するという乱打戦に持ち込まれ、2勝4敗1分けで敗退し、56年ぶりのリーグ優勝からの日本一を逃している。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「森野将彦」のニューストピックワード