前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • 森野将彦

    森野将彦から見た中村紀洋

    は三塁手中村紀洋の加入に伴い、主に左翼手として出場。その後は荒木の戦線離脱もあり、前半戦は二塁手としても出場。オールスターゲームに初出場を果たし優秀選手賞に選ばれた。後半戦以降は福留孝介の離脱もあり、中堅手や右翼手としての出場も増え、打順は5番や3番を任された。この年バッテリー以外の全ポジションを経験。2年連続で規定打席に到達し、更に自己最高の打率.294、18本塁打を記録。本塁打と打点は前年よりほぼ倍増し、打線の中軸としての役割に応えた。日本シリーズでも4打点を挙げて優秀選手賞に選ばれた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た立浪和義

    ルーキーイヤーの8月29日、ナゴヤドームでの対ヤクルト戦で8番・遊撃手で初先発し、プロ入り初本塁打を放った(高卒新人本塁打は中日では立浪和義以来)。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た荒木雅博

    、背番号を31に変更(31にした理由は掛布雅之に憧れていたため)。三塁手の座を立浪と争っていたが、オープン戦で死球を受け右手小指を骨折。交流戦半ばに復帰し、故障の荒木雅博に代わり二塁を守る。6月25日、プロ入り初の満塁本塁打、サヨナラ安打を放ち活躍。荒木の復帰後、立浪から三塁手の座を奪う。一時打率3割、得点圏打率4割の活躍を見せて、初めて規定打席に到達。9月16日、山本昌がノーヒットノーランを達成した対阪神戦で、赤星憲広の三ゴロを失策。許した走者はこの1人だけだったために、完全試合を逃すプレーとなったが、試合後のインタビューで山本は「あのプレーがあったからこそ(ノーヒットノーランの)記録が達成できた」と発言した。打者は俊足の赤星であったため、仮に上手く捌けていたら内野安打となり、ノーヒットノーランも達成できなかっただろうと山本昌自身が考えたためである。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た岸田護

    5月30日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で、延長10回裏に岸田護からライトへのプロ入り初のサヨナラソロ本塁打を放った。本人曰く、「アマチュア時代を含めてもサヨナラ本塁打は打った事がない」とのこと。そして、山崎武司の打撃不振とブランコの離脱により4番を任せられることもあった。さらに、山崎が不振で登録抹消され、スタメンでファーストを守ることもあった。打率.249、6本塁打と完全復活とはならず、チーム方針もあり堂上直倫や高橋周平を起用した事によりスタメンを外れる日もしばしばあった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た和田一浩

    は左翼手和田一浩の加入により主に中堅手として出場。春季キャンプで左手甲を骨折したが、開幕戦に7番・中堅手として出場。打順は開幕当初は7番だったが、6番を経て3番に戻る。5月に左ふくらはぎ肉離れで戦線を離脱するも7月5日に復帰。8月、北京オリンピック野球日本代表に選出。北京五輪後は故障の井端弘和に代わり1番を、タイロン・ウッズが不調の際には4番を任され、この年は2番・8番・9番以外の打順を経験した。自身初の打率3割を記録。8月、国内移籍が可能なFA権を取得。オフに球団と年俸変動制の5年契約を結んだ。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た中川裕貴

    11月5日、この年で現役引退した立浪の背番号3の引継ぎを打診されたが、5年契約を結んだ契約更改の席上では前述の失策の多さ、ファンの多くが永久欠番になる事を期待した事などを理由として、時期尚早であると自ら保留。しかし31は既に中川裕貴が着けることを発表していたため、この年引退した井上の9を引き継ぐ野本圭に代わり、30を着けることとなった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た黒田博樹

    初打席:同上、8回表に黒田博樹の前に三振森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た福留孝介

    は三塁手中村紀洋の加入に伴い、主に左翼手として出場。その後は荒木の戦線離脱もあり、前半戦は二塁手としても出場。オールスターゲームに初出場を果たし優秀選手賞に選ばれた。後半戦以降は福留孝介の離脱もあり、中堅手や右翼手としての出場も増え、打順は5番や3番を任された。この年バッテリー以外の全ポジションを経験。2年連続で規定打席に到達し、更に自己最高の打率.294、18本塁打を記録。本塁打と打点は前年よりほぼ倍増し、打線の中軸としての役割に応えた。日本シリーズでも4打点を挙げて優秀選手賞に選ばれた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見たトニ・ブランコ

    は中村紀洋の移籍により主に三塁手として出場。開幕から3番を任されるが、開幕後の2ヶ月間は打率.250にも届かない不調に陥る。6月、一軍登録日数が9年に達し、海外移籍も可能なFA権を取得。6月からは打撃も復調。8月7日の対横浜戦で自身初となる1試合2本塁打・5安打と活躍。8月27日の対巨人戦でプロ入り13年目にして初の20本塁打を達成した。シーズン終盤は同僚のトニ・ブランコと打点王争いを繰り広げるも、最終的には1点差で2位に終わる。本塁打・打点は自身最多の成績を挙げた一方で、守備面では両リーグ最多の25失策と乱れた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た井上一樹

    井上一樹、大西崇之、英智らと左翼手の座を争った。立浪に代わって三塁手として出場することで出場機会を増やした。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「森野将彦」のニューストピックワード