93件中 31 - 40件表示
  • 森野将彦

    森野将彦から見た松井光介

    小学校時代は川島イーグルスに所属、また横浜大洋ホエールズ友の会にも加入していた。東海大相模高校では1年生時よりレギュラーとして活躍し、1995年の春の選抜大会に出場。3年生時には主砲として、全国高等学校野球選手権神奈川大会準々決勝で横浜高校と対戦したが、松井光介に3四球の敬遠と勝負を避けられ、唯一相手が勝負にきた打席では本塁打を打ったもののチームは惜敗した。高校通算38本塁打。1996年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た牛田成樹

    100本塁打:2010年4月13日、対横浜ベイスターズ4回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に牛田成樹から右越2ラン ※史上260人目森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た堂上直倫

    5月30日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で、延長10回裏に岸田護からライトへのプロ入り初のサヨナラソロ本塁打を放った。本人曰く、「アマチュア時代を含めてもサヨナラ本塁打は打った事がない」とのこと。そして、山崎武司の打撃不振とブランコの離脱により4番を任せられることもあった。さらに、山崎が不振で登録抹消され、スタメンでファーストを守ることもあった。打率.249、6本塁打と完全復活とはならず、チーム方針もあり堂上直倫や高橋周平を起用した事によりスタメンを外れる日もしばしばあった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見たゆず (音楽グループ)

    打席に入る際の登場曲に地元の神奈川県出身のアーティストの曲を使用している。2009年はいきものがかりのブルーバードを、2010年はゆずの逢いたいを使用した。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た大西崇之

    、井上一樹、大西崇之、英智らと左翼手の座を争った。立浪に代わって三塁手として出場することで出場機会を増やした。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た英智

    、井上一樹、大西崇之、英智らと左翼手の座を争った。立浪に代わって三塁手として出場することで出場機会を増やした。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見たテリー・ブロス

    初安打・初本塁打・初打点:同上、3回裏にテリー・ブロスから右越ソロ森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た全国高等学校野球選手権神奈川大会

    小学校時代は川島イーグルスに所属、また横浜大洋ホエールズ友の会にも加入していた。東海大相模高校では1年生時よりレギュラーとして活躍し、1995年の春の選抜大会に出場。3年生時には主砲として、全国高等学校野球選手権神奈川大会準々決勝で横浜高校と対戦したが、松井光介に3四球の敬遠と勝負を避けられ、唯一相手が勝負にきた打席では本塁打を打ったもののチームは惜敗した。高校通算38本塁打。1996年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    守備では内外野の複数のポジションを守っている。入団当初は遊撃手だったが、近年は主に三塁手や外野手、一塁手、二塁手として起用されている。内・外野用のグラブを遠征でも持参しているため、三塁手専任となった2009年シーズンで初めて一塁手を守った6月10日の楽天戦でも自分のファーストミットで守備に就いた。2005年頃から三塁手としての出場機会が増えたが、2007年以降は中村紀洋の加入もあり外野守備に就く事も多くなり、2010年途中からは三塁でスタメン、終盤は守備固めで一塁に回るといった形となった。中村の退団により本格的に三塁手専任となった2009年以降はそれまでの外野でのプレーが内野守備の妨げになり(本人いわく外野と内野のスローイングの違いによるものだという)、失策が増えつつある。2010年には三塁手最多の失策こそ記録したものの、両リーグトップのUZR17を記録した他、RFや得点換算でも高い数値を残した。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見たオリックス・バファローズ

    サヨナラホームラン:2012年5月30日、対オリックス・バファローズ1回戦(ナゴヤドーム)、10回裏に岸田護から右越ソロ森野将彦 フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示

「森野将彦」のニューストピックワード