109件中 71 - 80件表示
  • 森野将彦

    森野将彦から見た2007年の日本シリーズ

    は三塁手中村紀洋の加入に伴い、主に左翼手として出場。その後は荒木の戦線離脱もあり、前半戦は二塁手としても出場。オールスターゲームに初出場を果たし優秀選手賞に選ばれた。後半戦以降は福留孝介の離脱もあり、中堅手や右翼手としての出場も増え、打順は主に5番や3番を任された。この年バッテリー以外の全ポジションを経験。2年連続で規定打席に到達し、更に自己最高の打率.294、18本塁打を記録。本塁打と打点は前年よりほぼ倍増し、打線の中軸としての役割に応えた。日本シリーズでも4打点を挙げて優秀選手賞に選ばれた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た二塁手

    、背番号を31に変更(31にした理由は掛布雅之に憧れていたため)。三塁手の座を立浪と争っていたが、オープン戦で死球を受け右手小指を骨折。交流戦半ばに復帰し、故障の荒木雅博に代わり二塁を守る。6月25日、プロ入り初の満塁本塁打、サヨナラ安打を放ち活躍。荒木の復帰後、立浪から三塁手の座を奪う。一時打率3割、得点圏打率4割の活躍を見せて、初めて規定打席に到達。8月から打順は5番を任されることが多くなった。9月16日、山本昌がノーヒットノーランを達成した対阪神戦で、赤星憲広の三ゴロを失策。許した走者はこの1人だけだったために、完全試合を逃すプレーとなったが、試合後のインタビューで山本は「あのプレーがあったからこそ(ノーヒットノーランの)記録が達成できた」と発言している。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た一塁手

    守備では内外野の複数のポジションを守っている。入団当初は遊撃手だったが、近年は主に三塁手や一塁手、外野手、二塁手として起用されている。内・外野用のグラブを遠征でも持参しているため、三塁手専任となった2009年シーズンで初めて一塁手を守った6月10日の楽天戦でも自分のファーストミットで守備に就いた。2005年頃から三塁手としての出場機会が増えたが、2007年からは中村紀洋の加入もあり外野手としての出場機会が増え、中村紀洋が退団した2009年から再び三塁手でのスタメンに戻った。2010年途中からは三塁手でスタメン、終盤は守備固めで一塁手に回るといった形となった。中村の退団により本格的に三塁手専任となった2009年以降はそれまでの外野でのプレーが内野守備の妨げになり(本人いわく外野と内野のスローイングの違いによるものだという)、失策が増えつつある。2010年には三塁手最多の失策こそ記録したものの、両リーグトップのUZR17を記録。2012年も守備イニング500以上の三塁手で両リーグ2位のUZR7.4を記録した。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た右翼手

    は三塁手中村紀洋の加入に伴い、主に左翼手として出場。その後は荒木の戦線離脱もあり、前半戦は二塁手としても出場。オールスターゲームに初出場を果たし優秀選手賞に選ばれた。後半戦以降は福留孝介の離脱もあり、中堅手や右翼手としての出場も増え、打順は主に5番や3番を任された。この年バッテリー以外の全ポジションを経験。2年連続で規定打席に到達し、更に自己最高の打率.294、18本塁打を記録。本塁打と打点は前年よりほぼ倍増し、打線の中軸としての役割に応えた。日本シリーズでも4打点を挙げて優秀選手賞に選ばれた。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た故意四球

    小学校時代は川島イーグルスに所属、また横浜大洋ホエールズ友の会にも加入していた。西谷中学校時代は神奈川で1番の名門、中本牧リトルシニアに所属。2級下には小池正晃が在籍していた。東海大相模高校では1年生時よりレギュラーとして活躍し、1995年の春の選抜大会に出場。3年生時には主砲として、全国高等学校野球選手権神奈川大会準々決勝で横浜高校と対戦したが、松井光介に3四球の敬遠と勝負を避けられ、唯一相手が勝負にきた打席では本塁打を打ったもののチームは惜敗した。高校通算38本塁打。1996年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た2016年の野球

    2016年は春季キャンプから高橋周平との三塁手争いとなったが、オープン戦で28打数3安打で打率.107と極度の不振であったため、開幕は二軍スタートとなった。4月7日に今季初の一軍昇格を果たしたが、高橋周平の打撃が好調であったほか、一塁手には新外国人のダヤン・ビシエドがいたため出場機会に恵まれず、5月5日に登録を抹消された。その後は2か月近く二軍暮らしが続いたが、6月28日に昇格すると7月10日の対ヤクルト戦(神宮)では2年ぶりとなる本塁打を放った。後半戦はケガで離脱したビシエドに代わり一塁手に定着し、主力選手がケガや不振にあえぐ中で3番打者として低迷するチームを支えたが、前年よりさらに少ない68試合の出場に留まり、チームも1997年以来19年ぶりの最下位と沈んだ。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見たアゲイン2

    アゲイン2」ゆず(2011年、平日のみ)森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た本塁打

    小学校時代は川島イーグルスに所属、また横浜大洋ホエールズ友の会にも加入していた。西谷中学校時代は神奈川で1番の名門、中本牧リトルシニアに所属。2級下には小池正晃が在籍していた。東海大相模高校では1年生時よりレギュラーとして活躍し、1995年の春の選抜大会に出場。3年生時には主砲として、全国高等学校野球選手権神奈川大会準々決勝で横浜高校と対戦したが、松井光介に3四球の敬遠と勝負を避けられ、唯一相手が勝負にきた打席では本塁打を打ったもののチームは惜敗した。高校通算38本塁打。1996年のドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受け入団。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た保土ケ谷区

    森野 将彦(もりの まさひこ、1978年7月28日 - )は、神奈川県横浜市保土ケ谷区出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。現在は中日ドラゴンズのコーチ。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た名古屋国税局

    2018年3月29日の新聞報道で、森野が現役時代に名古屋国税局の税務調査を受け、2013年までの3年間で約4,200万円の申告漏れを指摘されていたことが判明した。必要経費ではないとされる生活費を総収入から差し引き、事業所得を少なく申告していた模様で、約1,800万円を追徴課税された模様である。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示

「森野将彦」のニューストピックワード