379件中 111 - 120件表示
  • Memex

    Memexから見た検索エンジン検索エンジン

    バックランドがこれを書いたのは World Wide Web (WWW) の黎明期であり、WWWは1991年に登場したが1993年ごろまで広く使われるには至っていない。初期のウェブはとにかくリンクするのが支配的(連想的)だった。分類やインデックスといった部分はその後に発達し、検索エンジンによる自動インデックスが分類しようとする努力を上回る卓越性を獲得したが、どちらもリンクと相補的であり続けている。バックランドが memex だけでなく初期のWWWについても同様の誹謗を行ったかは不明である。インデックス(検索エンジン)が不慣れな主題を扱う際に最も適切な手段であることが後に明らかになったが、連想的リンクも対象領域について学ぶ際の効果的なナビゲーション方法であり続けている。インターネット時代において、リンクは一般にそのページの作者が自覚的に埋め込むが、インデックスは一般に常に機械的である。ブッシュがインデックスに卓越性を認めなかったのは、その有効性を見誤ったというよりも、単にインデックス生成の機械的プロセスを想像できなかっただけかもしれない。Memex フレッシュアイペディアより)

  • i2i

    i2iから見た検索エンジン検索エンジン

    i2i SEOリンクチェッカーは、URLを入力することで各種検索エンジンのページランク、被リンク数、インデックスページ数等を一括表示するSEO支援ツール。評価方法は独自の評価基準に基づくもので詳細は不明。利用は会員登録をせずに利用ができる。i2i フレッシュアイペディアより)

  • ジオタギング

    ジオタギングから見た検索エンジン検索エンジン

    ユーザーが端末からの多種多様な地点特定情報を探すのに役立っている。例えば、適切な画像検索エンジンで緯度経度座標を入力することで座標が示す場所周辺で撮影された画像を探すことができる。またジオタギングが適用された情報サービスは潜在的に場所に基づくニュース、ウェブサイト、その他リソースを探すのに使用できるようになっている。ジオタギングはユーザーが指定した画像やその他メディアや視点にあるコンテンツの場所を伝えることができるが、逆にメディアプラットフォームは指定した場所に関連したメディアを示すこともできる。ジオタギング フレッシュアイペディアより)

  • CAPTCHA

    CAPTCHAから見た検索エンジン検索エンジン

    はもともと、1997年にAltaVistaのアンドレイ・ブローダーとその同僚たちによって、ボットが彼らの検索エンジンにURLを追加するのを防ぐために開発された。彼らは画像をOCRによる攻撃に耐えられるようにする方法を探していた。ブラザー工業のスキャナの取扱説明書には、OCRの結果を改善するためには均質な活字面、無地の背景を用いるよう薦められていた。そこで彼らは取扱説明書に「OCR認識の結果を悪くする」と書いてある条件を真似て最初の を作り出した。ブローダーによれば、 は検索エンジンへのスパム追加を95%削減できたという。CAPTCHA フレッシュアイペディアより)

  • Agrep

    Agrepから見た検索エンジン検索エンジン

    agrepはGLIMPSEというインデクサの検索エンジンにも用いられている。agrepの権利はアリゾナ大学に帰属するが、個人使用かつ非商用での利用に限りフリーで利用できる。Agrep フレッシュアイペディアより)

  • 非構造化データ

    非構造化データから見た検索エンジン検索エンジン

    各種インターネット検索エンジンの台頭がしのぎを削っていたころから様々なビジネスアプリケーションへの活用が本格化し、現在、一般的に知られる文書を構造化する方法としては、テキスト分析してメタデータをタグ付けしたり、画像、音声、動画からテキスト抽出して同じ方法を用いたり、特有のメタデータのタグ付けなどがある。このような非構造化データの取り扱いを実現する技術には、データマイニング、テキストマイニング、自然言語処理、機械学習、パターン認識、さらには人工知能の分野に含まれるものなどがあげられる。また、構造化データも含んで、非構造化データを処理する情報アクセス基盤(Information access infrastructure)としてエンタープライズサーチも活用されている。ビジネスアプリケーションのために非構造化データを分析して理解するソフトウェアは、SAS InstituteやIBM、SAP (企業)、オートノミー、オープンテキストなど様々な企業から提供されている。ソーシャルメディアの非構造化データの分析に焦点を当てたインターネットサービス企業も多数存在する。非構造化データ フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・カスナー

    エドワード・カスナーから見た検索エンジン検索エンジン

    グーゴルは、検索エンジンGoogleの名前の由来にもなっている。また、グーゴルプレックスはGoogle本社社屋の名称であるGoogleplexの名前の由来である。エドワード・カスナー フレッシュアイペディアより)

  • 外国語の日本語表記

    外国語の日本語表記から見た検索エンジン検索エンジン

    イタリア語の日本語表記 - イタリア語と日本語は、比較的対応がとれているためカタカナ表記の際に揺れが生じにくいとはいえ、表記の揺れは発生している。このような語は一般的に定着していない語が多い。また、複数の揺れが複合して多数の表記の揺れを持つ単語も多い。検索エンジンでの対応も、イタリア語の外来語には対応していないことが多く、旅行などで調べたい場合に難しくさせている。イタリア語では母音の長短で単語を区別しないが、アクセントのある母音が長く聞こえる事が多い。そこで、日本語で表記する場合に長音記号「ー」を入れてアクセントを示すことがある。ミラノやトリノなど活字による記述が一般的だった頃によく知られた地名などは入れないことが多い。これについては一個人の使用に限定しても揺れが大きい事が多い。外国語の日本語表記 フレッシュアイペディアより)

  • ファストサーチ & トランスファ

    ファストサーチ & トランスファから見た検索エンジン検索エンジン

    ノルウェー科学技術大学(Norwegian University of Science and Technology)で開発された検索技術を元に、1997年に設立された。2001年6月にオスロ証券取引所に上場。2003年に自社開発の検索エンジン AlltheWeb を売却してからは、主に企業向け検索システムの開発に注力している。日本では2001年から営業開始。同社の主力製品である「FAST ESP」は日本市場のトップシェアを占めるエンタープライズサーチ製品である。ファストサーチ & トランスファ フレッシュアイペディアより)

  • SPYSEE

    SPYSEEから見た検索エンジン検索エンジン

    内容は人物に関する事柄を調べることを目的とした検索エンジンであり、ウェブ上で公開されている有名人などのデータを自動的に収集、整理し一つのページとして作り上げている。Cogoro(小五郎)の後継サービスである。SPYSEE フレッシュアイペディアより)

379件中 111 - 120件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード