319件中 61 - 70件表示
  • 稲村尚志

    稲村尚志から見た検索エンジン検索エンジン

    2005年に日本でムーター株式会社を設立。人を科学する?理念で検索エンジン事業を日本で上場させることを目指していた。資本金は、3億143万5000円。稲村尚志 フレッシュアイペディアより)

  • クローバ

    クローバから見た検索エンジン検索エンジン

    2009年2月25日にオープンした。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)こそ未実装だが、地図で各種商店や企業のみならず、飲食店や住民の声、サークル活動の募集からカルチャー教室の生徒募集など、公序良俗に反しない情報や性風俗に関連するもの以外の情報はあらかた掲載するサイトである。他の地図情報系サイトと大きく異なる部分は、社の持つ運営ポリシーである。各種情報の基本掲載は全て無料であり、これは先々に渡り、有料化される事は無い。地域密着した個人商店などは、月額料金を支払って広告戦略を組む事ができないのが現状であり、その様な商店街がシャッター通りを生んでいく。これを打破するために基本掲載は永久無料、月額制のワンランク上のプランは動画が地図上で再生される事や、若干の詳細表示の拡張を枠組みとし、これも月額で3千円と、低いコストで情報を掲載する。路地裏の地域にだけ知られた銘店が、広告費を割り出せないから広告を打てないという現状を考慮し、地域の活性化を狙い、「街に人を集める」を最優先としている。サイト構成はトップページ、ミドルレンジ、エンドマップという3階層に分かれ、全国レベル、都道府県・市区町村レベル、地域・駅周辺レベルというページがそれぞれに存在し、実際に地図を閲覧できるのはエンドマップと言う、一番細かい地域を表示するページで、ここには地図の他、リアルタイムにセール情報や緊急情報を掲載できる掲示板や、その地域名で検索エンジンの検索結果をリンク表示したコンテンツを盛り込んでいる。社のポリシーがきめ細かく、人員が不足しているのか、全国展開をせず、東京都と神奈川県をメインに、その他の複数主要都市で展開をしているが、地図と掲載データは一元化されている様なので、各地方なども順次拡大されていく告知をしている。株式会社エリアネットは設立から新聞販売店に特化した有料職業紹介業を主たる業務として運営して来たが、取引先である新聞販売店の労務難の理由を、社員を教育する時間が不足している事であると定義し、互助会の様な構成を持つ「sin-haiさぽーと倶楽部」という販売店向け会員制のサービスを提供し、新聞読者限定で家電品の無料引き取りサービス(廃品回収)などを行い、今回の、街の情報ステーション「クローバ」を展開する事で、新聞販売店の経営者へ向けて、教育に充てる時間を確保させる事と、地域情報の発信、コミュニティサービスを目的として事業展開をしていく計画を打ち出している。未定だが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を実装する事でデジタルとアナログを細かなセクターで融合した、「現代らしい街づくり」と、「新しいカタチの商工会」という枠組みも用意している企業である。大手が実現できない、人海戦術と足を使った情報収集が、コミュニティ機能を実装した時にどの様に発展していくのかというポイントが注目を浴びている。クローバ フレッシュアイペディアより)

  • ビカム

    ビカムから見たサーチエンジン検索エンジン

    ビカム株式会社(BECOME JAPAN)とは比較ショッピングと購入ガイド・製品レビューのウェブ検索機能を組み合わせた専門サーチエンジンを提供する日本の企業である。ビカム フレッシュアイペディアより)

  • 青木俊介

    青木俊介から見た検索エンジン検索エンジン

    2006年5月、グーグル・Yahoo!に代わる新しい検索エンジンSAGOOL(サグール)のアルゴリズムを開発、リリース。青木俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 検索sunburst

    検索sunburstから見た検索エンジン検索エンジン

    検索sunburst(けんさくサンバースト)は非統合型のメタ検索サイト(横断検索サイト)の一つ。ひとつの検索窓に入力した文字列を複数の検索エンジンで検索することができる。また、ニュース表示の欄はRSSリーダーになっており、ユーザーが任意の変更できることが特徴。2001年に公開され、2006年にメタ検索エンジンとしてサービスが開始されており、比較的古くからあるサイトである。検索sunburst フレッシュアイペディアより)

  • ALCBANE

    ALCBANEから見た検索サイト検索エンジン

    また検索サイト「MENTOR」(メンター)の管理人であり、そこから様々な情報や資金を集めている。なおMENTORは後に巽が立ち上げる事となる、「エレメンツ・ネットワーク」の核となっている。ALCBANE フレッシュアイペディアより)

  • Robots Exclusion Standard

    Robots Exclusion Standardから見た検索エンジン検索エンジン

    Robots Exclusion Standard(RES) または Robots Exclusion Protocol は、クローラやボットがウェブサイト全体またはその一部を走査することを防ぐ規約である。ロボット排除規約、robots.txt プロトコルとも呼ばれる。こういったボットは検索エンジンがウェブサイトの内容を分類しアーカイブするために主に使ったり、ウェブマスターがソースコードを校正するために使ったりする。直接の関係はないが、逆にボットを案内する目的のSitemapsと組み合わせて使うこともできる。Robots Exclusion Standard フレッシュアイペディアより)

  • リンク集

    リンク集から見た検索エンジン検索エンジン

    特定分野のウェブサイトのリンクを羅列しているサイトを指す。サイトのタイトルを「?リンク集」と名付けているケースが多い。リンク集自体がそのサイトのメインコンテンツなため、分野ごとに情報を充実させ易いようジャンルごとに分類していることが多い。ディレクトリ型検索エンジンと言えるものをリンク集と呼称することもある。リンク集 フレッシュアイペディアより)

  • Googleアラート

    Googleアラートから見た検索エンジン検索エンジン

    Googleアラート(Google Alerts)は、検索エンジン企業Googleが提供するサービスであり、ユーザーが選択したウェブやニュースの更新に関して電子メールまたはフィード(RSS)で通知する。Googleアラート フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェア特許とフリーソフトウェア

    ソフトウェア特許とフリーソフトウェアから見た検索エンジン検索エンジン

    2006年11月、のちに極めて物議を醸すこととなる、ノベルとマイクロソフト間の契約が締結された。この契約には特許ライセンスも含まれている。この件についてフリーソフトウェアコミュニティからノベルへ多数の非難が寄せられた。2007年6月には、Xandrosが類似の契約を締結したとの発表を行った。2007年6月13日には、マイクロソフトとLinspireも同様の契約締結に至った。Linspireはその見返りとして、同社製品であるOSの検索エンジンのデフォルト設定をGoogleからLive Searchへと変更した。ソフトウェア特許とフリーソフトウェア フレッシュアイペディアより)

319件中 61 - 70件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード