379件中 81 - 90件表示
  • Fooooo

    Foooooから見た検索エンジン検索エンジン

    Fooooo(フー)は、バンク・オブ・イノベーションが開発した動画検索エンジンである。Fooooo フレッシュアイペディアより)

  • TREC

    TRECから見たサーチエンジン検索エンジン

    TREC主催者によれば、ワークショップ開始から最初の6年間でテキスト検索システムの性能は約2倍に向上した。非英語圏の文書、音声認識による検索、ビデオ動画検索、言語横断検索に対する大規模な評価実験を初めて行った。さらに、参加者、オーガナイザーによる成果発表論文という形で多くの研究発表がなされている1。TRECで開発された技術は、現在の世界中のサーチエンジンにおいて提供されるようになっている。TREC フレッシュアイペディアより)

  • Zillow

    Zillowから見た検索エンジン検索エンジン

    同社はWebサイトにて広告権を販売し収益化するメディア企業であると謳っており 、2009年4月に自社不動産検索エンジンを提供するコンソーシアムを設立し180以上の新聞社とパートナーシップ契約を締結した。自社の広告収益は提携しているブランドサイトや新聞社、地方の不動産事業者に分配している。Zillow フレッシュアイペディアより)

  • 想 - IMAGINE Book Search

    想 - IMAGINE Book Searchから見た検索エンジン検索エンジン

    想 - IMAGINE Book Search(そう - イマジン ブック サーチ)は、GETAを使用した検索エンジンである。国立情報学研究所が公開し、連想出版が運営している。ウィキペディアを検索したとき、検索結果に利用者ページやプロジェクト空間の文書が出てきてしまう不都合が存在する。想 - IMAGINE Book Search フレッシュアイペディアより)

  • Mooter

    Mooterから見た検索エンジン検索エンジン

    Mooter(ムーター)は、日本のソフトウェア会社。あるいは、同社の運営するインターネット上での検索エンジン。サービスは全て無料で利用できる。Ajaxと呼ばれる技術が用いられており、Mooterを利用するにはJavaScriptを有効にする必要がある。Mooter フレッシュアイペディアより)

  • サーチエンジンマーケティング

    サーチエンジンマーケティングから見た検索エンジン検索エンジン

    サーチエンジンマーケティング()は、インターネットの検索エンジン利用ユーザに対して行うマーケティングの総称であり、検索エンジン最適化(SEO)及び検索連動型広告が主な対象であるが、検索エンジンからの流入に関わるランディングページ最適化やアクセス解析など、検索エンジンに関わるマーケティング活動の全般が含まれる概念。サーチエンジンマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • ハイビームリサーチ

    ハイビームリサーチから見た検索エンジン検索エンジン

    ハイビームリサーチ()とはセンゲージラーニング(の子会社を通して)の有料の検索エンジンおよび新聞、雑誌、学術雑誌、ニュースワイヤー、、百科事典の全文オンラインアーカイブである。本社はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴのワン・ノース・ステートビルディングにある。ハイビームリサーチ フレッシュアイペディアより)

  • スペルチェッカ

    スペルチェッカから見た検索エンジン検索エンジン

    スペルチェッカ () は、コンピュータ上で書かれた文書に対して、各単語が正しく綴られているかを検証するソフトウェアである。基本的には表音文字を用いる言語に対して使われる。多くのスペルチェッカは、綴りの間違いを検出するだけでなく、綴りの訂正候補をユーザに提示する機能も持っている。スペルチェッカは、ワードプロセッサ・電子メールクライアント・電子辞書・検索エンジンといった大きなアプリケーションにおいて機能の1つとして組込まれていることもあれば、単独のアプリケーションとして提供されているものもある。スペルチェッカ フレッシュアイペディアより)

  • 在宅健康診断

    在宅健康診断から見た検索サイト検索エンジン

    これらはコンビニエンスストア店頭やインターネット上の所定サイト・電話等で申し込んで利用する事が出来、代金支払いは検査キット代金引換やクレジットカード等で行われる。概ね数千円程度(送料込み)である。(サービス提供サイトは検索サイト等を利用すれば探せる)在宅健康診断 フレッシュアイペディアより)

  • クローバ

    クローバから見た検索エンジン検索エンジン

    2009年2月25日にオープンした。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)こそ未実装だが、地図で各種商店や企業のみならず、飲食店や住民の声、サークル活動の募集からカルチャー教室の生徒募集など、公序良俗に反しない情報や性風俗に関連するもの以外の情報はあらかた掲載するサイトである。他の地図情報系サイトと大きく異なる部分は、社の持つ運営ポリシーである。各種情報の基本掲載は全て無料であり、これは先々に渡り、有料化される事は無い。地域密着した個人商店などは、月額料金を支払って広告戦略を組む事ができないのが現状であり、その様な商店街がシャッター通りを生んでいく。これを打破するために基本掲載は永久無料、月額制のワンランク上のプランは動画が地図上で再生される事や、若干の詳細表示の拡張を枠組みとし、これも月額で3千円と、低いコストで情報を掲載する。路地裏の地域にだけ知られた銘店が、広告費を割り出せないから広告を打てないという現状を考慮し、地域の活性化を狙い、「街に人を集める」を最優先としている。サイト構成はトップページ、ミドルレンジ、エンドマップという3階層に分かれ、全国レベル、都道府県・市区町村レベル、地域・駅周辺レベルというページがそれぞれに存在し、実際に地図を閲覧できるのはエンドマップと言う、一番細かい地域を表示するページで、ここには地図の他、リアルタイムにセール情報や緊急情報を掲載できる掲示板や、その地域名で検索エンジンの検索結果をリンク表示したコンテンツを盛り込んでいる。社のポリシーがきめ細かく、人員が不足しているのか、全国展開をせず、東京都と神奈川県をメインに、その他の複数主要都市で展開をしているが、地図と掲載データは一元化されている様なので、各地方なども順次拡大されていく告知をしている。株式会社エリアネットは設立から新聞販売店に特化した有料職業紹介業を主たる業務として運営して来たが、取引先である新聞販売店の労務難の理由を、社員を教育する時間が不足している事であると定義し、互助会の様な構成を持つ「sin-haiさぽーと倶楽部」という販売店向け会員制のサービスを提供し、新聞読者限定で家電品の無料引き取りサービス(廃品回収)などを行い、今回の、街の情報ステーション「クローバ」を展開する事で、新聞販売店の経営者へ向けて、教育に充てる時間を確保させる事と、地域情報の発信、コミュニティサービスを目的として事業展開をしていく計画を打ち出している。未定だが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を実装する事でデジタルとアナログを細かなセクターで融合した、「現代らしい街づくり」と、「新しいカタチの商工会」という枠組みも用意している企業である。大手が実現できない、人海戦術と足を使った情報収集が、コミュニティ機能を実装した時にどの様に発展していくのかというポイントが注目を浴びている。クローバ フレッシュアイペディアより)

379件中 81 - 90件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード