前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たYahoo! JAPAN

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10〜) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たYahoo!

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10〜) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たGoogle

    検索結果の表示順は、検索エンジンの質が最も問われる部分である。ユーザーが期待したページを検索結果の上位に表示することができなければ、ユーザーが離れてしまうからである。そのため、多くの検索エンジンが、表示順を決定するアルゴリズムを非公開にし、その性能を競っている。検索エンジン最適化業者の存在も、アルゴリズムを公開しない要因になっている。Googleは、そのアルゴリズムの一部であるPageRankを公開しているが、やはり、多くの部分が非公開になっている。Googleの場合、創設初期におけるアルゴリズムについては、創設者自身がウェブ上で公表している論文でその一端を知ることができる。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たセルゲイ・ブリン

    その後、ウェブ上の情報を自動的に探索して情報を索引として整理するロボットまたはクローラと呼ばれるプログラムが開発された。ロボット型検索エンジンの中でもラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが開発したGoogle検索は検索結果のランキングと高速検索に優れていたため検索エンジンのトップに躍り出た。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たジェリー・ヤン

    検索エンジンのはしりは1994年にスタンフォード大学のジェリー・ヤンとデビッド・ファイロが開発したYahoo!である。Yahoo!はディレクトリ型の検索エンジンで人手でウェブ上のページを収集して体系的に整理したものインターネットの普及に大きな役割を果たした。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たラリー・ペイジ

    その後、ウェブ上の情報を自動的に探索して情報を索引として整理するロボットまたはクローラと呼ばれるプログラムが開発された。ロボット型検索エンジンの中でもラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが開発したGoogle検索は検索結果のランキングと高速検索に優れていたため検索エンジンのトップに躍り出た。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たgoo

    日立国際ビジネスのHole-in-One(〜04.11)、Yahoo! JAPAN(〜05.10)、LookSmart Japan(〜06.05)、goo、infoseek、Open Directory Projectなど。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た価格.com

    従来のウェブページを検索するだけの検索エンジンにとどまらず、最近ではインターネットショッピング専用の検索エンジンなど、特定の分野に特化した検索エンジンの開発も散見される。商品検索では、価格比較サービス日本最大手の価格\.comや、ベンチャー企業が開発するQOOPIEなどある。また、職業検索エンジンとしてはCraigslistなどがある。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た日本電信電話株式会社

    日本のインターネット普及初期から存在した検索エンジンには以下のようなものがある。黎明期には、豊橋技術科学大学の学生が作成したYahhoや、東京大学の学生が作成したODiN、早稲田大学の学生が作成した千里眼など、個人の学生が作成したものが商用に対して先行していた(いずれも1995年に作成、日本電信電話株式会社のNTT DIRCECTORY、サイバースペースジャパン(現・ウェブインパクト)のCSJインデックスは1994年に作成)。これらは単に実験用に公開されていただけでなく、多くの人に用いられていたものであり、黎明期のユーザにとっては知名度、実用度ともに高いものであった。またMondouなどのように研究室(京都大学)で作成したものもあった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たKDDI

    ソフトバンク・Yahoo! JAPANがボーダフォンを買収し、KDDIがGoogleと提携するなど、携帯電話の分野で検索エンジンの戦いが激化してきている。モバイル検索の分野は長らく公式サイトと呼ばれる世界がユーザーの囲い込みを行っていたため、脚光を浴びることが少なかった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード