91件中 11 - 20件表示
  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たKDDI

    ソフトバンク・Yahoo! JAPANがボーダフォンを買収し、KDDIがGoogleと提携するなど、携帯電話の分野で検索エンジンの戦いが激化してきている。モバイル検索の分野は長らく公式サイトと呼ばれる世界がユーザーの囲い込みを行っていたため、脚光を浴びることが少なかった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たNTT

    NTT DIRECTORY(ディレクトリ型、NTT検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たボーダフォン

    ソフトバンク・Yahoo! JAPANがボーダフォンを買収し、KDDIがGoogleと提携するなど、携帯電話の分野で検索エンジンの戦いが激化してきている。モバイル検索の分野は長らく公式サイトと呼ばれる世界がユーザーの囲い込みを行っていたため、脚光を浴びることが少なかった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た百度

    このようにWebページが深層と表層に分かれてしまう背景には検索エンジン側が晒される法的リスクがある。深層にあるものは必ずしも検索エンジンから検索されることを前提としていないものも多い。すべての深層データが検索エンジンから検索可能な状態になっていた場合、動的ページの情報提供者の存在意義を脅かす可能性もある。本来であれば非公開とされているようなデータが誤って検索されてしまうという可能性も高くなる。さらに、データベースと連動する動的ページをクローラーが集中的にクロールすると、データベース側の負荷が上がるためサーバ速度の低下やシステムダウンを引き起こす危険が高まる。このようなことから検索エンジンは技術的に深層に入り込めない訳ではなく、あえて避けていると推測することができる。実際、中国の検索エンジン百度は集中的なクロール活動を続けた結果、多くのサーバ管理者から一斉にクレームを受け、クロール活動を大きく制限せざるを得なかった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た検索エンジン最適化

    検索結果の表示順は、検索エンジンの質が最も問われる部分である。ユーザーが期待したページを検索結果の上位に表示することができなければ、ユーザーが離れてしまうからである。そのため、多くの検索エンジンが、表示順を決定するアルゴリズムを非公開にし、その性能を競っている。検索エンジン最適化業者の存在も、アルゴリズムを公開しない要因になっている。Googleは、そのアルゴリズムの一部であるPageRankを公開しているが、やはり、多くの部分が非公開になっている。Googleの場合、創設初期におけるアルゴリズムについては、創設者自身がウェブ上で公表している論文でその一端を知ることができる。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た京都大学

    日本のインターネット普及初期から存在した検索エンジンには以下のようなものがある。黎明期には、豊橋技術科学大学の学生が作成したYahhoや、東京大学の学生が作成したODiN、早稲田大学の学生が作成した千里眼など、個人の学生が作成したものが商用に対して先行していた(いずれも1995年に作成、日本電信電話株式会社のNTT DIRCECTORY 、サイバースペースジャパン(現・ウェブインパクト)のCSJインデックスは1994年に作成)。これらは、単に実験用に公開されていただけでなく、多くの人に用いられていたものであって、黎明期のユーザにとっては、知名度、実用度ともに高いものであった。またMondouなどのように研究室(京都大学)で作成したものもあった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たInktomi

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10?) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たコンテンツ連動型広告

    現在、主流となっている広告手法として、ユーザーの検索結果後に広告を露出させる検索連動型広告と、サイトの中を分析し、そのサイトに合った広告を配信するコンテンツ連動型広告が主流で、オーバーチュアではインスタレットマッチという行動ターゲティング型の広告を現在推し進めている。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たインターネットショッピング

    従来のウェブページを検索するだけの検索エンジンにとどまらず、最近ではインターネットショッピング専用の検索エンジンなど、特定の分野に特化した検索エンジンの開発も散見される。商品検索では、価格比較サービス日本最大手の価格.comや、ベンチャー企業が開発するQOOPIEなどある。また、職業検索エンジンとしてはCraigslistなどがある。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た学校裏サイト

    2007年以降問題となっている学校裏サイト。その多くが、特定個人名を挙げての誹謗中傷を主にしたものであり、学校名では検索できない場合でも、個人名で検索するとその存在が判明するものも多い。不特定多数のものが匿名で作るサイトであるため、サイト管理者に対応を求めることが困難であるケースが多い。こういったケースでは検索エンジンからの削除を求める以外に被害の拡大を防ぐことは難しいが、検索エンジン各社は明白な誹謗中傷の場合であっても個々の削除依頼者に不必要なほどの詳細な説明を求めることが常態化しており、不明確な基準により削除をせず、誹謗中傷が引き続き検索エンジンで検索されつづけることも少なくない。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード