98件中 11 - 20件表示
  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たNTT

    NTT DIRECTORY(ディレクトリ型、NTT検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たボーダフォン

    ソフトバンク・Yahoo! JAPANがボーダフォンを買収し、KDDIがGoogleと提携するなど、携帯電話の分野で検索エンジンの戦いが激化してきている。モバイル検索の分野は長らく公式サイトと呼ばれる世界がユーザーの囲い込みを行っていたため、脚光を浴びることが少なかった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たエキサイト

    Hole-in-One (ディレクトリ+全文ロボット型、日立国際ビジネス、1998年エキサイト日本法人が買収検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たマイクロソフト

    2009年にはマイクロソフトが新たな検索エンジンとしてBingを発表した。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た京都大学

    日本のインターネット普及初期から存在した検索エンジンには以下のようなものがある。黎明期には、豊橋技術科学大学の学生が作成したYahhoや、東京大学の学生が作成したODiN、早稲田大学の学生が作成した千里眼など、個人の学生が作成したものが商用に対して先行していた(いずれも1995年に作成、日本電信電話株式会社のNTT DIRCECTORY、サイバースペースジャパン(現・ウェブインパクト)のCSJインデックスは1994年に作成)。これらは単に実験用に公開されていただけでなく、多くの人に用いられていたものであり、黎明期のユーザにとっては知名度、実用度ともに高いものであった。またMondouなどのように研究室(京都大学)で作成したものもあった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たInktomi

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10〜) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たデビッド・ファイロ

    検索エンジンのはしりは1994年にスタンフォード大学のジェリー・ヤンとデビッド・ファイロが開発したYahoo!である。Yahoo!はディレクトリ型の検索エンジンで人手でウェブ上のページを収集して体系的に整理したものインターネットの普及に大きな役割を果たした。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たBing

    Bing・MSN - 日本語他、多言語対応。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たコンテンツ連動型広告

    現在、主流となっている広告手法として、ユーザーの検索結果後に広告を露出させる検索連動型広告と、サイトの中を分析し、そのサイトに合った広告を配信するコンテンツ連動型広告が主流で、オーバーチュアではインスタレットマッチという行動ターゲティング型の広告を現在推し進めている。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たインターネットショッピング

    従来のウェブページを検索するだけの検索エンジンにとどまらず、最近ではインターネットショッピング専用の検索エンジンなど、特定の分野に特化した検索エンジンの開発も散見される。商品検索では、価格比較サービス日本最大手の価格.comや、ベンチャー企業が開発するQOOPIEなどある。また、職業検索エンジンとしてはCraigslistなどがある。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード