91件中 31 - 40件表示
  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たIndeed

    Indeed - 求人情報、日本語、英語ほか。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た検索

    検索エンジン(けんさくエンジン、)は、狭義にはインターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラム。インターネットの普及初期には、検索としての機能のみを提供していたウェブサイトそのものを検索エンジンと呼んだが、現在では様々なサービスが加わったポータルサイト化が進んだため、検索をサービスの一つとして提供するウェブサイトを単に検索サイトと呼ぶことはなくなっている。広義には、インターネットに限定せず情報を検索するシステム全般を含む。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たMooter

    Googleが1998年に稼動させたGoogle検索は、従来の検索エンジンがポータルサイト化へと進む流れに逆行し、独創的な検索技術に特化し、バナー広告等を排除した簡素な画面と2000年にYahoo!のロボット型検索エンジンに採用されたことにより、急速に人気を集めた。いつしかウェブページ検索の世界シェアのトップに躍り出たとされている。英語圏ではあるフレーズ、たとえば「Wikipedia」をGoogleで検索することを“google Wikipedia”のように表現するほどになった。また、日本語においても「ウィキペディアを"ググる"、ウィキペディアでググる」という表現が生まれた。この状況に危機感を募らせたYahoo!は、2004年にロボット型検索エンジンを独自技術Yahoo!Search Technology (YST)(Yahoo!が買収したInktomiとAltaVista、Overture等の技術を統合した)に切り替えた。同年、GoogleやYahoo!のエンジンに匹敵すると言われるTeomaを利用した検索エンジン、Ask Jeeves(現・Ask.com)が「Ask.jp」として、2005年、オーストラリアで誕生したMooterが日本に進出し、検索サービスを開始した。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た千里眼 (検索エンジン)

    日本のインターネット普及初期から存在した検索エンジンには以下のようなものがある。黎明期には、豊橋技術科学大学の学生が作成したYahhoや、東京大学の学生が作成したODiN、早稲田大学の学生が作成した千里眼など、個人の学生が作成したものが商用に対して先行していた(いずれも1995年に作成、日本電信電話株式会社のNTT DIRCECTORY 、サイバースペースジャパン(現・ウェブインパクト)のCSJインデックスは1994年に作成)。これらは、単に実験用に公開されていただけでなく、多くの人に用いられていたものであって、黎明期のユーザにとっては、知名度、実用度ともに高いものであった。またMondouなどのように研究室(京都大学)で作成したものもあった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たウェブサイト

    検索エンジン(けんさくエンジン、)は、狭義にはインターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラム。インターネットの普及初期には、検索としての機能のみを提供していたウェブサイトそのものを検索エンジンと呼んだが、現在では様々なサービスが加わったポータルサイト化が進んだため、検索をサービスの一つとして提供するウェブサイトを単に検索サイトと呼ぶことはなくなっている。広義には、インターネットに限定せず情報を検索するシステム全般を含む。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たテクノラティ

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10?) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たODiN

    日本のインターネット普及初期から存在した検索エンジンには以下のようなものがある。黎明期には、豊橋技術科学大学の学生が作成したYahhoや、東京大学の学生が作成したODiN、早稲田大学の学生が作成した千里眼など、個人の学生が作成したものが商用に対して先行していた(いずれも1995年に作成、日本電信電話株式会社のNTT DIRCECTORY 、サイバースペースジャパン(現・ウェブインパクト)のCSJインデックスは1994年に作成)。これらは、単に実験用に公開されていただけでなく、多くの人に用いられていたものであって、黎明期のユーザにとっては、知名度、実用度ともに高いものであった。またMondouなどのように研究室(京都大学)で作成したものもあった。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たMARSFLAG

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10?) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見たインフォシーク

    Google、Yahoo!、インフォシーク、テクノラティ、MARSFLAG、Altavista、ムーター、AlltheWeb、Teoma、WiseNut、Inktomi、SAGOOL、Yahoo! JAPAN (2005.10?) など。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 検索エンジン

    検索エンジンから見た全文検索

    狭義の検索エンジンは、ロボット型検索エンジン、ディレクトリ型検索エンジン、メタ検索エンジンなどに分類される。広義の検索エンジンとしては、ある特定のウェブサイト内に登録されているテキスト情報の全文検索機能を備えたソフトウェア(全文検索システム)等がある。検索エンジン フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示

「検索エンジン」のニューストピックワード