楢崎正剛 ニュース&Wiki etc.

楢? 正剛(ならざき せいごう、1976年4月15日 - )は、奈良県香芝市出身の日本のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。Jリーグ・名古屋グランパス所属。J1最多出場記録保持者 (2016年時点) 。元日本代表でFIFAワールドカップに4大会連続で選出された。国際Aマッチ7試合連続無失点という日本記録を持つ … (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「楢崎正剛」のつながり調べ

  • 澤登正朗

    澤登正朗から見た楢崎正剛

    1996年の6月1日から9月25日に行われたJリーグカップでは、全16試合に出場し、清水の初タイトル獲得に貢献。ホーム・アンド・アウェー方式で行われた予選では、第2節2nd.leg(セカンドレグ)の横浜フリューゲルス戦で、楢崎正剛から、タイミングをずらした技ありのFKをファーサイドへ決め大会初得点。予選最終戦、第7節2nd.legのジェフ市原戦では、予選突破に3点差以上での勝利が必要となったが、セットプレーで2得点に絡む活躍もあり、4-0の逆転勝利で準決勝進出を果たした。準決勝では、スルーパスからオリバの得点をアシストするなど勝利に貢献、中田英寿を擁するベルマーレ平塚を5-0で破り決勝進出。過去2度に渡り決勝で敗れ、元監督のエメルソン・レオン、元キャプテンの三浦泰年との対決となった、ヴェルディ川崎との決勝戦では、後半37分に、FKから2点目のオリバの得点をアシストするなど活躍。勝敗はPK戦にもつれ込み、澤登は1人目のキッカーを務め、相手GKの逆を突いてゴール右へ流し込みPK成功。ヴェルディは2人目のキッカーマグロンがPK失敗。4人全員決めた清水は5人目のオリバがゴール左隅に決め勝利。過去最大規模(最多試合数)で行われたJリーグカップを、清水が制し、悲願の初優勝を飾った。決勝戦の翌月、フジテレビの森田一義アワー 笑っていいとも!に、ゲスト出演した際には、司会のタモリに初優勝を祝福された。(澤登正朗 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部次郎

    矢部次郎から見た楢崎正剛

    全国大会出場を目指し、県内の強豪である奈良育英高校に進学した。同期には中谷勇介、東幸一がいた。2学年上の楢崎正剛らの技術力の高さに衝撃を受けたという。1年生の時、チームは選手権大会でベスト4まで進出したが、登録メンバーには入れなかった。2年生になると70名を超える部員の中でレギュラーとして出場する機会が増えたが、自転車登校中に乗用車と衝突し、右足の靱帯を損傷して全治半年の重傷を負った。筋力トレーニングなどを重ねて11月頃には回復して試合の終盤から出場するようになったが、選手権大会の県予選でPK戦のキッカーを任されて失敗し、チームも敗れた。(矢部次郎 フレッシュアイペディアより)

「楢崎正剛」のニューストピックワード