59件中 31 - 40件表示
  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見た楢崎正剛楢崎正剛

    同年2月7日、全国のサッカー担当記者の投票による2010年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)では、有効投票202票のうち75票を集め、33票で2位の楢崎正剛や22票で3位の香川真司・田中マルクス闘莉王らを抑えて、初選出された(50年の歴史がある賞だが、海外のクラブでプレーする選手がこの賞を受賞するのは初)。3月29日に開催されたチャリティーマッチ「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」では、1点目のきっかけとなったフリーキックを獲得し、岡崎の2点目をアシストする活躍を見せた。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • 南雄太

    南雄太から見た楢崎正剛楢崎正剛

    2001年にはプロ入り後一度も警告を受けていない点が評価され、Jリーグアウォーズでフェアプレー個人賞を受賞している。2001年11月には、イタリア代表との親善試合前に日本代表GK楢崎正剛と川口能活が負傷したことから、急遽、試合当日にA代表への合流を要請された。ちなみにこの日ピッチにいたゴールキーパーは五輪予選で南からポジションを奪った曽ヶ端であった。南雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 高木義成

    高木義成から見た楢崎正剛楢崎正剛

    2000年に東京ヴェルディ1969に入団。クラブでは本並健治と菊池新吉が引退した後の2002年よりレギュラーを務めてきたが、2008年はFC東京から移籍してきた土肥洋一にポジションを奪われ、控えに追いやられる。J2に降格して迎えた2009年も7試合の出場に留まり、シーズン終了後に東京Vから戦力外通告を受け、2010年1月7日、名古屋グランパスへの完全移籍が発表された。同年7月の対横浜F・マリノス戦ではベンチ入りの控え選手ながら主審に執拗に抗議したという理由で退場処分を命じられた。移籍後は楢崎正剛の控えを務めている。高木義成 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た楢崎正剛楢崎正剛

    2004年、複数舞い込んだ移籍話の中から、あえて日本代表の楢崎正剛がいる名古屋グランパスエイトに移籍。しかし、キャリアの円熟期にあった楢崎の牙城は堅く、控えに甘んじる日々が続き、結果的にアテネオリンピックの代表メンバーからは外れた。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 西川周作

    西川周作から見た楢崎正剛楢崎正剛

    2006年8月31日のアジアカップ最終予選、サウジアラビア戦(9月3日)、イエメン戦(9月6日)のメンバーとしてA代表に初選出。初出場は叶わなかったものの、川口能活や楢崎正剛の後継者として注目度は高まった。しかし、同年11月18日の対ヴァンフォーレ甲府戦で、左ひざ靭帯損傷で全治3ヶ月の重傷を負い、残りのシーズンを棒に振る。翌2007年3月10日の対ジュビロ磐田戦で復帰したが、その後も細かい負傷での離脱が目立ち、この時期はベテランの下川誠吾と激しいポジション争いを繰り広げていた。西川周作 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 嘉洋

    佐藤嘉洋から見た楢崎正剛楢崎正剛

    佐藤のファンだというサッカー選手の小野伸二とは、オランダのスーパーリーグ時代に交流を深めた(煽りVTRより)。また、実家の喫茶店にJリーグ・名古屋グランパスエイトの楢崎正剛が来店したり、『ぶる〜と整骨院』にも、楢崎と同じグランパスに所属していた本田圭佑等のスポーツ選手やタレントが多く来店している。佐藤嘉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た楢崎正剛楢崎正剛

    2000年9月、1999年のワールドユース選手権ナイジェリア大会に引き続いてフィリップ・トルシエが五輪代表監督を務め、新たなメンバーに1977年生まれ(松田直樹、中田英寿、宮本恒靖、柳沢敦など、柳沢以外は早生まれ)と1978年生まれ(中沢佑二、中村俊輔など)、オーバーエイジ枠(1974年生まれの三浦淳宏、1975年生まれの森岡隆三、1976年生まれの楢崎正剛)の選手が加わった五輪代表はシドニー五輪に出場した。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールキーパー (サッカー)

    ゴールキーパー (サッカー)から見た楢崎正剛楢崎正剛

    日本代表でも1998年から2010年までの12年間、川口能活と楢崎正剛が正GKの座を争い続けた。ゴールキーパー (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • イビチャ・オシム

    イビチャ・オシムから見た楢崎正剛楢崎正剛

    前日本代表監督のジーコとの一番の相違点として挙げられる事は、ジーコ時代では練習から控えはビブスを着用していたが、オシム時代では先発メンバーは試合前のロッカールームでコーチが直接選手に伝えている。また控えの選手の振る舞いにも目を配り、就任当初から正GKの川口能活をモンテネグロ戦で楢崎正剛に変えたことへの質問に対し「楢崎が好調なのもあるが、川口が(メンバーから外されて)どんな振る舞いをするのか見たかった」とコメントしている。(なお、オシム曰く、その時の川口の振る舞いは「非常に立派だった」ので、次戦のコロンビア戦以降は川口が先発復帰している)イビチャ・オシム フレッシュアイペディアより)

  • 巻佑樹

    巻佑樹から見た楢崎正剛楢崎正剛

    2007年の入団直後の指宿キャンプ3日目、新人では唯一居残り主力組の練習に参加、得意のヘディングで楢崎正剛相手に何度もゴールを決めた。リーグ戦では第8節柏戦で初出場。リーグ戦4試合に出場したが、得点は挙げられなかった。翌2008年のナビスコカップでは6試合すべてに出場し、3得点を挙げている。リーグでは、第27節浦和戦でリーグ初得点を挙げる。リーグ戦16試合に出場したが、リーグでの得点はこの1点に留まった。巻佑樹 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「楢崎正剛」のニューストピックワード