前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • あきんどスシロー

    あきんどスシローから見た極洋極洋

    2007年3月に、清水豊ら主要株主3名が株式会社ゼンショーに株式を売却したことから、同社が株式27.22%を保有する筆頭株主となる。これに対し、2007年(平成19年)8月27日に、ユニゾン・キャピタル・グループと株式会社極洋の3社で戦略的業務・資本提携を締結。ユニゾン・キャピタル・グループが設立する2つのファンド(アトランティック・フィッシャリーズ・エルピーとパシフィック・フィッシャリーズ・エルピー)に対して、第三者割当増資を実施し、前者が9.78%、後者が7.50%の株主となる。あきんどスシロー フレッシュアイペディアより)

  • 法華津寛

    法華津寛から見た極洋極洋

    法華津が馬術を始めたのは12歳の時にサマーキャンプで馬に乗ったのがきっかけで、元外交官で極洋捕鯨の社長だった父親に頼んでに加入、学生時代から選手として数々の大会に出場した。1964年に開催された東京オリンピックに出場し、障害飛越個人40位、同団体12位の成績だった。法華津寛 フレッシュアイペディアより)

  • 極洋捕鯨

    極洋捕鯨から見た極洋極洋

    極洋捕鯨 フレッシュアイペディアより)

  • キョクレイ

    キョクレイから見た極洋極洋

    株式会社キョクレイ()は、横浜市に本社を置く倉庫会社。ニチレイグループに属し、冷凍・冷蔵倉庫事業を行う。旧社名は極洋冷蔵であるが、水産加工会社の極洋とは、現在資本関係がない。キョクレイ フレッシュアイペディアより)

  • 千代田ビルヂング

    千代田ビルヂングから見た極洋極洋

    旭硝子、極洋捕鯨、三菱養和会などが入居した。千代田ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • ローソン・P・ラメージ

    ローソン・P・ラメージから見た極洋極洋

    1942年6月、ラメージは「トラウト」 ('''') 艦長に就任。「トラウト」はラメージの指揮の下で4回の哨戒を行い、特設捕獲網艇「厚栄丸」(甘糖産業汽船、863トン)と特設運送船「弘玉丸」(玉井商船、1,911トン)を撃沈し、1942年9月28日には空母「大鷹」を撃破した。11月13日には第三次ソロモン海戦の戦場に向かう戦艦「霧島」に魚雷を命中させたものの、不発に終わった。1943年1月11日と2月7日にはミリ泊地に入り、1月11日に海軍徴傭船「極洋丸」(極洋捕鯨、17,549トン)を、2月7日には海軍徴傭船「日新丸」(大洋捕鯨、16,801トン)をそれぞれ撃破した。「トラウト」での哨戒のうち、5回目から7回目の哨戒が評価されて一度目の海軍十字章が授与された。さて、艦長ともなれば潜望鏡をのぞかなければならず、しかもラメージの右目の視力は弱い。ラメージは潜望鏡を扱うことについて次のように回想している。ローソン・P・ラメージ フレッシュアイペディアより)

  • 明洋 (測量船・2代)

    明洋 (測量船・2代)から見た極洋極洋

    1952年9月24日、測量船「第五海洋丸」は明神礁の噴火を観測中に消息を絶ち、噴火に巻き込まれて喪失したものと断定された。これを受けて、翌1953年3月28日、海上保安庁は極洋捕鯨のキャッチャーボート「第十五京丸」を購入、8月に三菱横浜造船所で所定の改装を完了して測量船「明洋丸」として運用を開始し、1956年12月15日には他の測量船とあわせて「明洋」と改名した。しかし同船は1943年竣工と比較的古く、老朽化に伴う燃費の悪化が指摘されていた。これを受けて、代船として計画されたのが本船である。明洋 (測量船・2代) フレッシュアイペディアより)

  • パファー (潜水艦)

    パファー (潜水艦)から見た極洋極洋

    7月14日、パファーは5回目の哨戒でマカッサル海峡、スールー海を経て南シナ海に向かった。7月29日朝、パファーはの地点で2隻の輸送船を発見し、魚雷を6本発射するが命中しなかった。同じ日の午後には、5隻の護衛艦がついた剣埼型潜水母艦と思しき艦艇を発見した。パファーは3日間かけて追跡し、8月1日にのボルネオ島北東方に至ったところで好機をとらえ、まず魚雷を6本発射。次いで魚雷を2本発射したが、こちらは外れた。この攻撃で特務艦洲埼を撃破した。8月7日にはの地点で特設駆潜艇第二京丸(極洋捕鯨、340トン)を発見し、魚雷を1本ずつ計4本発射して1本を命中させ、第二京丸を撃沈した。8月12日朝、パファーはのミンドロ島カラビテ岬南西15キロ地点でミ13船団を発見。魚雷残数は6本であり、すべてを船団に向けて発射し、特設運送船(給油)神鳳丸(飯野海運、5,135トン)とタンカー帝坤丸(帝国船舶、5,113トン、元ドイツ船ヴィネトウ)に命中。帝坤丸はすぐに沈没し、神鳳丸は近くの海岸に座礁したあと放棄され、8月17日朝にブルーフィッシュ (USS Bluefish, SS-222) の雷撃で止めを刺された。翌8月13日、パファーはアメリカ本国に向かうよう命令を受けた。8月29日、パファーは48日間の行動を終えて真珠湾に帰投。メア・アイランド海軍造船所に回航されオーバーホールに入った。艦長がカール・R・ドワイヤー少佐(アナポリス1938年組)に代わった。パファー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ポンパーノ (SS-181)

    ポンパーノ (SS-181)から見た極洋極洋

    6月6日、ポンパーノは6回目の哨戒で日本近海に向かった。ミッドウェー島に寄港し補給を受けた後、6月19日に哨戒海域に入り、日本と南方間の航路を横切って哨戒を行った。7月4日、ポンパーノはの地点で、サム・ディーレイ艦長のハーダー (USS Harder, SS-257) によって座礁させられた元特設水上機母艦相良丸(日本郵船、7,189トン)に対して2本の魚雷を撃ち込んだ。翌7月5日未明にはの地点で3隻の小型貨物船と1隻の中型貨客船および中型タンカーからなる輸送船団を発見し、魚雷4本を発射したが命中しなかった。7月7日に2隻の艦艇に対して、それぞれ魚雷を3本ずつ発射したが、やはり命中しなかった。7月9日のの地点における、長距離向けに設定したマーク14型魚雷での船団攻撃も失敗。7月10日夜から7月11日未明にかけてはの地点でタンカー極洋丸(極洋捕鯨、17,549トン)に向けて魚雷2本を発射したが回避される。7月17日にはの地点でサンパンを撃沈。最後に残った魚雷2本は、7月20日にの地点で3隻の貨物船に向けて発射されたが、射程を誤ったため命中しなかった。7月28日、ポンパーノは52日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。ポンパーノ (SS-181) フレッシュアイペディアより)

  • 福井清計

    福井清計から見た極洋捕鯨極洋

    1962年:極洋捕鯨(現・極洋)入社福井清計 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示

「極洋」のニューストピックワード