36件中 11 - 20件表示
  • 福井清計

    福井清計から見た極洋極洋

    福井 清計(ふくい きよかず、1939年9月17日 - )は、日本の経営者、極洋代表取締役社長。愛媛県伊予市生まれ。2013年春の叙勲で旭日中綬章受章。福井清計 フレッシュアイペディアより)

  • 黛治夫

    黛治夫から見た極洋捕鯨極洋

    1946年3月、利根艦長時の捕虜虐殺事件、ビハール号事件により戦犯容疑で拘束された。1947年10月29日に香港法廷で懲役7年の判決を受け、1951年9月まで拘留された。その後は極洋捕鯨に入社し、捕鯨部にて捕鯨砲の開発や後進の育成に尽力した。その教え子の中には、大関朝潮の父親であった長岡友久も居た。先輩の岡村徳長とは個人的に親交があり、戦後もその関係が続いていた。黛は「航空主兵への転換は間違い。戦前の想定どおり、砲撃主体の艦隊決戦を挑むべきであった」と生涯主張し続けた。「日本海軍の遠距離砲撃の命中率は米軍の三倍」とする主張は、戦前に日本の諜報機関が米海軍の砲撃演習結果を入手し、分析した結果に端を発している。黛治夫 フレッシュアイペディアより)

  • ポーパス (SS-172)

    ポーパス (SS-172)から見た極洋極洋

    2月6日、ポーパスは5回目の哨戒でマーシャル諸島およびトラック諸島方面に向かった。しかし、2月9日にウェーク島近海で浮上哨戒中に点検したところ、燃料系統に故障が生じているのを発見し、ミッドウェー島を経て真珠湾に引き返すこととなった。ポーパスは2月15日に真珠湾に到着し、修理が行われた。2月26日、修復なったポーパスは真珠湾を再度出撃。ジョンストン島を経由してクェゼリン環礁、ジャルート環礁方面を中心に哨戒。4月4日にはのエニウェトク環礁北方で特設給糧船興亜丸(極洋捕鯨、2,024トン)を撃沈した。4月15日、ポーパスは48日間の行動を終えて真珠湾に帰投。艦長がカーター・L・ベネット少佐(アナポリス1933年組)に代わった。ポーパス (SS-172) フレッシュアイペディアより)

  • タンバー (潜水艦)

    タンバー (潜水艦)から見た極洋極洋

    7月20日、タンバーは8回目の哨戒で南シナ海に向かった。ロンボク海峡を経由して哨戒海域に向かう。その間の27日、の海南島西岸兵馬角西方沖23km地点で貨物船帝欣丸(帝国船舶所有、元フランス船キンディア/東亜海運委託、1,972トン)が、前年11月2日に敷設した機雷に触れて沈没した。8月3日夕刻にのパラワン島バイアホンダ岬北西沖で5隻の貨物船と護衛の水雷艇隼からなる第916船団を発見。タンバーは貨物船に向けて魚雷を3本発射し、うち2つの命中音を聴取。他の目標に向けた魚雷は命中しなかった。しかし、実際には魚雷は全て回避されていた。8月21日には、の地点で護衛のない3隻のタンカーと5隻の中型輸送船からなる第316船団を発見。タンバーは2隻の輸送船に向けて魚雷を3本と2本発射したが命中せず、2度目の攻撃で魚雷2本をタンカーに向けて発射し、これは1つの爆発音が聞こえたものの、タンカーは損害を受けているようには思えなかった。日本側の記録は、陸軍船飛鳥丸(日本郵船、7,523トン)が雷撃を受けたものの損害がなかったことを伝えている。翌8月22日、タンバーはの地点で5隻の貨物船と2隻のタンカーからなる第416船団を発見し、海軍徴傭タンカー極洋丸(極洋捕鯨、17,549トン)に向けて魚雷を5本発射。うち3本が中央部に命中したが、すべて不発であった。9月12日、タンバーは55日間の行動を終えて真珠湾に帰投。カリフォルニア州サンフランシスコに回航され、ベスレヘム・スチールでオーバーホールに入った。作業は11月20日まで続けられ、そののち12月15日に真珠湾に戻り、年内は訓練に従事した。タンバー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 第197船団

    第197船団から見た極洋極洋

    B(特設運送船):「極洋丸」(極洋捕鯨、17,549トン):航空機14機、雑貨131トン、便乗者339名/馬公→昭南(シンガポール)第197船団 フレッシュアイペディアより)

  • ヒ86船団

    ヒ86船団から見た極洋極洋

    ヒ86船団に参加するためシンガポールに集まった輸送船は、タンカーの極運丸(極洋捕鯨:10045総トン)、同さんるいす丸(三菱汽船:7268総トン)、同大津山丸(三井船舶:6859総トン)、同昭永丸(大阪商船:2764総トン)、貨物船永万丸(日本郵船:6968総トン)、同余州丸(宇和島運輸:5711総トン)、同辰鳩丸(辰馬汽船:5396総トン)、同建部丸(大阪商船:4519総トン)、冷凍船の第63播州丸(西大洋漁業:533総トン)および屎尿運搬船の優清丸(東京都:600総トン)のタンカー4隻とその他6隻だった。各船は石油やボーキサイト、生ゴムなどの天然資源を満載していた。ヒ船団と称しても、従来であればミ船団に加入していたような小型船が含まれ、船団速力は8ノットと低速だった。各船には、機関砲や爆雷を装備したり、煙幕展開用の発煙筒を搭載したりといった自衛武装が施されていた。ヒ86船団 フレッシュアイペディアより)

  • トラウト (SS-202)

    トラウト (SS-202)から見た極洋極洋

    12月29日、トラウトは7回目の哨戒で南シナ海に向かった。1943年1月11日、トラウトはミリで燃料を搭載中の海軍徴傭タンカー極洋丸(極洋捕鯨、17,549トン)に対し魚雷を3本発射。2本は中央部に命中したが、残り1本は途中で爆発した。4分後に重い爆発がするのを感じたが、極洋丸は沈没しておらず中破しただけだった。1月19日には浮上航行中に敷設特務艇江之島の砲撃を受ける。1月21日、トラウトはのインドシナ半島カムラン湾口で距離640メートルから魚雷を2本発射し、特設砲艦兼敷設艦永福丸(日本郵船、3,520トン)に1本命中させて撃破した。1月29日には、の地点で鴻型水雷艇あるいはタイ海軍の駆逐艦プラ・ルアンと思われる艦艇、実際には基隆に向かう特設運送船東洋丸(沢山汽船、4,163トン)を護衛中の海防艦占守を発見し、東洋丸に対して魚雷を3本発射したが、命中しなかった。2月2日には浮上航行中に海軍徴傭タンカー御室山丸(三井船舶、9,204トン)とすれ違い、攻撃しようとしたが機会を逸した。2月7日、トラウトは再びミリ沖に出現し、前年に撃破した日新丸を発見。魚雷を2本発射し、うち1本が日新丸の後部に命中して煙が上がっているのを確認した。しかし、日新丸は極洋丸と同様に中破にとどまった。一週間後の2月14日、トラウトはの地点でスコールの中から出現した特設運送船弘玉丸(玉井商船、1,911トン)に対し2本の魚雷を発射。1本は船首に命中し、もう1本は命中しなかった。弘玉丸が8ノットで動いているのを見て、トラウトは浮上砲戦に持ち込むべく浮上した。その直後、弘玉丸からの機銃掃射でトラウトの乗組員7名が負傷し、トラウトは砲戦を止めて魚雷1本を発射して弘玉丸に止めを刺した。2月23日、トラウトは58日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。トラウト (SS-202) フレッシュアイペディアより)

  • キョクヨー

    キョクヨーから見た極洋極洋

    キョクヨー フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2013年11月

    訃報 2013年11月から見た極洋極洋

    11月25日 - 上原寿、日本の実業家、元極洋取締役(* 1933年)訃報 2013年11月 フレッシュアイペディアより)

  • ツナ

    ツナから見た極洋極洋

    なお日本で一般名詞に近い形で使われる「シーチキン」ははごろもフーズの商品名(登録商標)である。主なメーカーは、はごろもフーズの他にいなば食品、マルハニチロ食品、キョクヨー、ホテイフーズなどがある。ツナ フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「極洋」のニューストピックワード