55件中 11 - 20件表示
  • ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜

    ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資(早稲田大学教授)ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田作弥

    吉田作弥から見た榊原英資榊原英資

    (以上、作弥の孫の榊原美穂子(榊原英資夫人)がまとめた作弥年譜から抜粋)吉田作弥 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の、これから

    日本の、これからから見た榊原英資榊原英資

    出演:榊原英資、佐藤学、あさのあつこ、藤原和博、新浪剛史日本の、これから フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見た榊原英資榊原英資

    原口一博、渡辺喜美、似鳥昭雄、榊原英資、佐藤隆太、野口健、鈴木尚広、木村拓也(特別賞)ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 竹森俊平

    竹森俊平から見た榊原英資榊原英資

    著作『世界デフレは三度来る』の中では、慶應大学の同僚である池尾和人、当時の同僚榊原英資、元日銀総裁の三重野康らを批判している。榊原の「構造デフレ論」について、「デフレについて、マネタリーな要因を無視している」と批判し、三重野については「庶民がマイホームを買えないから急激過ぎる金融引き締めを長く続けたというのは言語道断である」と評した。竹森俊平 フレッシュアイペディアより)

  • 篠沢恭助

    篠沢恭助から見た榊原英資榊原英資

    理財局長、大臣官房長、主計局長を経て、1995年(平成7年)大蔵事務次官に就任。斎藤次郎が任期を2ヶ月残して辞任した後を受けて次官に就任したが、中島義雄・田谷廣明ら主計局幹部による過剰接待問題や、大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件における銀行局(西村吉正局長)と国際金融局(榊原英資局長)の米国側への通報が遅れた事で問題とされた件、住専国会を経て住専への公的資金投入など、これら一連の「大蔵スキャンダル」でマスコミや政界、国民などの大きな反発を受けていたため、歴代大蔵次官では最短となる在任7ヶ月での辞任となった(但し、のちに小村武が次官在任6ヶ月で辞任した)。篠沢恭助 フレッシュアイペディアより)

  • グローバルナビフロント

    グローバルナビフロントから見た榊原英資榊原英資

    メインナビケーターは、経済評論家で大蔵省財務官を務めた榊原英資と、ジャーナリストの嶌信彦。進行役アシスタントは4代目となる山元香里が2014年10月4日から出演。歴代のアシスタントはいずれもセント・フォース所属のフリーアナウンサーという特徴がある。グローバルナビフロント フレッシュアイペディアより)

  • TPPを考える国民会議

    TPPを考える国民会議から見た榊原英資榊原英資

    2011年2月、東京大学名誉教授の宇澤弘文を代表世話人に迎え、新たな国民運動団体「TPPを考える国民会議」が発足し、山田は中央大学理事長の久野修慈とともに副代表世話人に就任した。また、慶應義塾大学経済学部教授の金子勝、青山学院大学教授の榊原英資、東京大学大学院農学生命科学研究科教授の鈴木宣弘、早稲田大学副総長の堀口健治、多摩大学名誉学長の中谷巌ら学者らが世話人に就任した。TPPを考える国民会議 フレッシュアイペディアより)

  • イマニュエル・ウォーラーステイン

    イマニュエル・ウォーラーステインから見た榊原英資榊原英資

    (川勝平太・山内昌之・網野善彦・榊原英資)『「地中海」を読む』(藤原書店, 1999年)イマニュエル・ウォーラーステイン フレッシュアイペディアより)

  • 輸入デフレ論

    輸入デフレ論から見た榊原英資榊原英資

    元国際金融局長の榊原英資は「日本のデフレは景気後退に伴う物価下落ではなく、構造的要因を持ったものである。原因は、グローバリゼーション、日本の場合は中国を中心とする東アジアとの市場・企業主導の実質的経済競合である。日本以外の先進国でもデフレまではいかないものの、ディスインフレーションは起こっている。日本の場合、デフレといっても耐久消費財の価格下落の寄与率が高く、その他の消費、食料、ガソリン、サービスなどの価格はほぼ安定している。つまり、人々が日常的に購入する財の価格は継続的に下降しているわけではない。耐久消費財については、消費が広範に広がり競争が激しいので、下落するのは当然のことである。サラリーマンの平均年収も物価下落と同様、その原因はグローバリゼーションである。中国の人々と競争しなければならないのだから、当然、平均給与は下がってしまう」「中国やインドの存在を考えると、中国などに投資するほうが収益率が高い。輸出関連産業の立場で、収益構造からみて、日本から投資を減額し、中国やアジアに移すほうが有利ということになる。設備投資を主導してきた日本の輸出関連産業は、日本国内で投資をするインセンティブがなくなっている。国内ではコストが高過ぎるという問題がある。そこに、グローバリゼーションでコストが安い市場が出てきた」と指摘している。輸入デフレ論 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「榊原英資」のニューストピックワード