52件中 31 - 40件表示
  • 官製不況

    官製不況から見た榊原英資榊原英資

    当時大蔵省で財務官の立場にあり、事態を離れたところから見ていた榊原英資は「日本には、経済全体、日本全体を見て政策決定をするメカニズムが決定的に欠けている」と評した。官製不況 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田勇夫

    久保田勇夫から見た榊原英資榊原英資

    国際金融局次長まで昇り詰めたが、榊原英資に局長の席を譲ることとなり、国土庁へ出向、国土事務次官職を最後に退官した。久保田勇夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資&櫻井よしこ&福田和也&舛添要一&松野頼三、『変人内閣 全閣僚を採点する』『文藝春秋』2003年9月号)小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜

    ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資(早稲田大学教授)ニッポン戦略会議〜あすへの提言〜 フレッシュアイペディアより)

  • 和田秀樹

    和田秀樹から見た榊原英資榊原英資

    本物の実力のつけ方 榊原英資 東京書籍 2004.7和田秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た榊原英資榊原英資

    (I・ウォーラーステイン・網野善彦・榊原英資・山内昌之)『『地中海』を読む』(藤原書店, 1999年)川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • 山内昌之

    山内昌之から見た榊原英資榊原英資

    (I・ウォーラーステイン・網野善彦・榊原英資など)『「地中海」を読む』(藤原書店, 1999年) 各、数十人でブローデルの大著「地中海」を読み解く。山内昌之 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内啓

    竹内啓から見た榊原英資榊原英資

    2006年、明治学院大学退官時、東大卒業生・現役生が参集した竹内の講演会において、行き過ぎた分業・産学官に亘る「組織優先」を批判し「個の解放」を改めて主張しつつ、ポストモダンに距離を置き、人間の平等、(議会制)民主主義、個人の尊重、有意義なマーケットメカニズム、異民族間や異世代間の連帯、農業等を筆頭とする生産性はすでに十分に確保されているが故の労働時間の短縮(いわゆる「時短(労働)」)推進(すなわち8時間も働く必要がない)、それによる余暇の有効活用の推進の重要性、官か民か、資本主義と共産主義、キリスト教対イスラム教などの二元論的な無駄で思考停止的で実効のない議論の問題性、近代合理主義・人類のさらなる可能性、すなわち人類の可能性・進歩に触れた。その際に、同席した榊原英資は、京都学派・多神論にシンパサイズする立場を主張しながら、「竹内先生が合理主義者であったとは意外であった」と笑いながらコメントした。竹内は「その通りです」と語った(竹村彰通・奥平淳「経友“講演会の報告”」東京大学経友会2006年発行105-111頁抜粋)。竹内啓 フレッシュアイペディアより)

  • 野口悠紀雄

    野口悠紀雄から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資 - 大蔵省に在籍時、米国留学時に数々の助言をしたとされる。上記の「1940年体制」に関係する論文を共著で発表した。野口悠紀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 円相場

    円相場から見た榊原英資榊原英資

    動揺する企業は少なくなかったが、日本は10年以上のデフレもあって、円高になっても実効為替レートは横ばいに推移していたため、1995年の超円高のときよりは冷静に受け止められ、元財務官の榊原英資は「今の1ドル100円は10年前の124円だ」と発言するなど円高傾向を容認する経済専門家が多くを占めた。その後、再び100円台に巻き返したが、10月に発生した世界同時株安によって円キャリートレードは巻き戻された結果、消去法で日本円が買われ再度2ケタ台に。その後もあっけなく90円を突破して12月18日は1ドル=87円台まで上昇した。円相場 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「榊原英資」のニューストピックワード