55件中 41 - 50件表示
  • 薄井信明

    薄井信明から見た榊原英資榊原英資

    東京府生まれ。都立戸山高校を経て、1965年東京大学経済学部経済学科卒業。同年大蔵省入省。同期には鏡味徳房、竹島一彦、榊原英資、浜田卓二郎、根本貞夫(岩手県副知事、原研理事)、近藤健彦(駐仏公使、官房審議官、立命館アジア太平洋大教授)、谷川憲三(関東財務局長、第三銀行頭取)など。薄井信明 フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵省

    大蔵省から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資 青山学院大学教授、早稲田大学客員教授大蔵省 フレッシュアイペディアより)

  • 市場原理主義

    市場原理主義から見た榊原英資榊原英資

    経済学者の榊原英資は「市場原理主義の核心は、ワルラス的な一般均衡理論に基づく新古典派パラダイムにある。新古典派の『均衡モデル』は現実とは無縁の虚構に過ぎない。『不安定性』こそが市場の現実である」と指摘している。市場原理主義 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密の保護に関する法律

    特定秘密の保護に関する法律から見た榊原英資榊原英資

    危機管理評論家の佐々淳行は、「軍事小国である日本は、情報の迅速、正確な収集を進める必要があるが、秘密保護が不徹底で情報が漏れやすい。これは他国に情報提供を拒まれる原因であり、秘密保護法は必要悪だ」と述べている。榊原英資によれば、元アメリカ合衆国国務長官のヘンリー・キッシンジャーは、「日本では秘密が守られないので、重要な機密情報は伝えられない」と述べたことがある。特定秘密の保護に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 水野清

    水野清から見た榊原英資榊原英資

    1996年の第41回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退。水野に代わり、養子で中尾栄一の実子である水野賢一が千葉9区から自民党公認で出馬したが、賢一は新進党の実川幸夫に敗れ、落選した(1999年に繰上当選)。同年11月、橋本龍太郎首相により行政改革を担当する内閣総理大臣補佐官及び行政改革会議事務局長に起用され、橋本首相の掲げた六大改革の推進を補佐した。金融ビッグバンの端緒をつけた海外への金の流出、ひいては税金の徴収が目減りする事態が想定された外為法改正(1998年4月施行)は水野、および当時の大蔵省財務官だった榊原英資の主導により推し進められた。首相補佐官は、1998年の橋本の退陣まで務める。同年、勲一等旭日大綬章受章。その後は「日本再建のため行革を推進する700人委員会」の代表世話人を務め、郵政民営化の一層の推進や、特殊法人の民営化を提言した。水野清 フレッシュアイペディアより)

  • 山内昌之

    山内昌之から見た榊原英資榊原英資

    (I・ウォーラーステイン・網野善彦・榊原英資など)『「地中海」を読む』(藤原書店, 1999年) 各、数十人でブローデルの大著「地中海」を読み解く。山内昌之 フレッシュアイペディアより)

  • 野口悠紀雄

    野口悠紀雄から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資 - 大蔵省に在籍時、米国留学時に数々の助言をしたとされる。上記の「1940年体制」に関係する論文を共著で発表した。野口悠紀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た榊原英資榊原英資

    榊原英資&櫻井よしこ&福田和也&舛添要一&松野頼三、『変人内閣 全閣僚を採点する』『文藝春秋』2003年9月号)小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 井尻千男

    井尻千男から見た榊原英資榊原英資

    細見卓、西部邁、榊原英資、島田晴雄、岡本行夫、松崎哲久との討論を細見卓が編著したもの。井尻千男 フレッシュアイペディアより)

  • 村尾信尚

    村尾信尚から見た榊原英資榊原英資

    選挙戦では一部の三重県議等からの支援はあったものの、既存の政治団体等からの大きな支援はなくボランティアを中心に選挙戦を展開した。また、従来から親交のあった財部誠一・榊原英資・神津カンナ・福岡政行・堂本暁子・浅野史郎・松島みどり等が応援に入った。村尾信尚 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「榊原英資」のニューストピックワード